SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

1999年11月 の記事一覧

| | ひとつ古い記事へ≫



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

亀田興毅

亀田 興毅(かめだ こうき、男性、1986年11月17日 - )
日本のプロボクサー。大阪府大阪市西成区天下茶屋出身。
亀田三兄弟の長男で、亀田大毅・亀田和毅は実弟、亀田史郎は実父にあたる。
身長166cm、体重50〜52kg。平常時は58kg。血液型B型。


来歴
11歳の時、父・史郎からボクシングを教わるようになる。

大阪市立天下茶屋中学校時代の3年間は、空手とボクシングの練習を並行して行っていた。14歳の時、井岡弘樹とエキシビションマッチを行った。[要出典]

中学卒業後、ボクシングに専念するため高校には進学せず、社会人ボクシングで活動した。

2002年全日本実業団選手権フライ級優勝(当時15歳6か月)、全日本社会人選手権フライ級ベスト4。

2003年全日本実業団選手権フライ級優勝、第55回全日本社会人選手権フライ級優勝(16歳10か月)。

17歳の誕生日(2003年11月17日)にプロボクサーとなった。

2005年4月28日に大阪のグリーンツダジムから東京の協栄ジムへ移籍。この時、3,000万円という移籍金が支払われたと報道された[1]。

2006年8月2日に元WBA世界ミニマム級暫定王者ファン・ランダエタとの世界戦を行い、12R判定で勝利(2-1)、WBAライトフライ級チャンピオンとなった。

2006年12月20日、東京・有明コロシアムにて、ファン・ランダエタ(ベネズエラ・同級1位)との再戦が行われ、12R判定で勝利(3-0)。

2007年1月18日、協栄ジムで行った記者会見で王者返上を表明。3月24日に両国国技館で行う予定の試合はノンタイトルの10回戦で、フライ級に階級を戻して臨むことを発表した。

2007年10月11日、弟・亀田大毅の世界タイトル戦のセコンドにつき、「肘でもいいから目に入れろ」と不適切な指示をしたとして日本ボクシングコミッション(JBC)より厳重戒告処分を受けた。また、10月25日に予定されていた自身の試合も「対戦相手が決まらなかった」との理由で中止となった。

なお、行われる予定であった試合については、10月26日の記者会見で以下のことが明らかになった[2]。

中止になった理由については、処分待ちの時点でリングに上がれないと亀田側が一方的に判断していただけであった。
対戦相手は決まっており、相手も試合に向けて調整を行っていたが、試合のキャンセルの連絡を入れていないなど主催者側にも不手際があった。
反則指示に関して、初めはブログで否定していた。しかし2007年10月26日、協栄ジムで行った記者会見で10月11日の亀田大毅の世界戦において反則行為を指示したことを認め、一家を代表して謝罪した。その際、協栄ジムは興毅に「3か月間の試合自粛」の処分を下したと発表した。
2009年11月29日にWBC世界フライ級王者の内藤大助に判定勝ちし、ファイティング原田・柴田国明・井岡弘樹・畑山隆則・戸高秀樹に次ぐ、日本のジム所属の選手で5人目の2階級制覇を達成した。

パフォーマンス
公共・公式の場であっても敬語を使用しないなどの態度については賛否両論がある[3]。亀田本人は「敬語は尊敬できる相手だけに使えば良い」と主張している。
これらを「TV用のパフォーマンスである」とする声もある。2006年8月2日のタイトルマッチの翌日の読売新聞に「個別の取材ではとても丁寧な言葉づかいで好感が持てた。もうこんなキャラを演じるのは止めたらどうか」という内容の記事が掲載されている。
カルロス・ファハルドが同席した世界前哨戦の記者会見において、減量に苦しんでいたとされるファハルドの目前で骨付きチキンを食べ、清涼飲料水を一気飲みするパフォーマンスを行った[4]。また同戦の前日計量においては、ファハルドの写真を貼ったアルミニウム製のフライパンを素手で折り曲げた。
ライトフライ級タイトルマッチとなったファン・ランダエタ戦の前日計量においては、ハンバーガーを食べながらキューピー人形(ファン・ランダエタのあだ名『ベイビー』にちなんだもの)を渡したが、ランダエタはジョークと受け取り笑って対応した。ランダエタは返礼として、試合前の計量の時に紙おむつとおしゃぶりを手渡そうとしたが、興毅はそれを見るなり受け取ることなく床に叩きつけた。その後、史郎がランダエタに興毅との握手を催促するが、ランダエタは拒否。それに対して史郎はランダエタに対し強く恫喝した[5]。
好物は納豆とされており[6]、テレビ番組による納豆ダイエット捏造問題に関し2007年1月24日の公開練習後に「納豆がかわいそう」と発言し、愛好会の設立を宣言した。
2007年10月26日での謝罪会見において、これまでの一連の挑発行為やパフォーマンスについて、興毅は「相手にプレッシャーを与えるつもりでやったが、今思うとやり過ぎた部分もあった。反省している。」とコメントしている。
大阪プロレスに所属するゼウスは、興毅と顔が似ていることで知られている。実際に「亀田ゼウス」というリングネームを付けられそうになったことがある。
2008年7月30日に行われたWBCフライ級タイトルマッチ(内藤大助vs清水智信との試合後に、リングに上がり、直接、防衛に成功した内藤大助に試合を申し込んだ。このことについて、試合を主催していたTBSに苦情が寄せられた。また、興毅が所属していた協栄ジムの金平桂一郎会長も批判的な意見を自身の著書で記している。蛇足だが、元WBC世界バンタム級王者の辰吉丈一郎も同様の行為を行ったことがある。
甘い物が大好きで、特にミスタードーナツのポン・デ・リングが好物。内藤との試合後の会見で「甘い甘いスイーツを食べたい」と発言したことから、2009年11月30日放送の『みのもんたの朝ズバッ!!』ではメロンパン、『ひるおび!』ではポン・デ・リングがそれぞれ用意され、生出演した際食べた。

プロ戦績・試合内容
1戦目:デンナロン・シスソバ(タイ 0勝2敗)
2戦目:プラカルン・ツインズジム(タイ 0勝3敗)
3戦目:サミン・ツインズジム(タイ 0勝4敗)
4戦目:ダオチャイ・KTジム(タイ 0勝5敗)
5戦目:ノパデッチレック・チュワタナ(タイ 確認できる戦績なし/当時タイ国フライ級2位)
6戦目:ヨードゲン・シンワンチャー(タイ 0勝4敗)
6戦目までの対戦相手の戦績は、海外の好事家によって運営されているWeb上のボクシングデータベースBoxrec.comで確認可能な試合分のみで公式記録ではない。
7戦目:(2005年6月20日):サマン・ソーチャトロン(タイ 46勝7敗1分/元世界王者だが、長期ブランクと戦績低迷により当時はノーランカー[7])
8戦目(2005年8月21日):ワンミーチョーク・シンワンチャー(タイ 12勝2敗/当時OPBF東洋太平洋フライ級王者&WBC同級世界ランカー)
テレビ中継の視聴率:10.6%(関東地区)
タイトル獲得。この後防衛戦を行わず王座返上。
9戦目(2005年11月26日):ノエル・アランブレット(ベネズエラ 21勝4敗1分1無効/元WBAミニマム級王者&当時WBAライトフライ級世界ランカー)
視聴率:8.5%(関東地区)
10戦目(2006年3月8日):カルロス・ボウチャン(メキシコ 21戦16勝5敗/当時WBC傘下地域団体のフライ級ラテン王者&WBC同級世界ランカー)
視聴率:24.8%(関東地区。以下はゴールデンタイムの放送)
当初、対戦相手として予定されていたのは、後にWBC世界ライトフライ級王者となるエドガル・ソーサだったが、直前でキャンセルされたため、ボウチャンに代わった。
この試合中、亀田が放ったボディブローが下腹部への反則打撃(ローブロー)ではないかという意見が寄せられた。解説についた元WBAミドル級王者の竹原慎二も、ローブローと思われるパンチを放ったと発言している。しかしこの試合のレフェリーを担当した試合役員・浅尾和信は亀田に対して注意・警告を行わなかった。またこの試合ではVTRが流されなかった。また、試合後、相手がローブローだとアピールしている最中に、セコンドについた亀田史郎は、威嚇するようなそぶりを示した。
11戦目(2006年5月5日):カルロス・ファハルド(ニカラグア 24戦15勝6敗1分2無効/当時IBFライトフライ級世界ランカー&WBCフライ級世界ランカー)
視聴率:33.0%(関東地区)
ファハルドは、2005年の試合(KO負け)以来の試合。試合後、ファハルドは練習期間が1週間しかもらえなかったと発言している[要出典]。
12戦目(2006年8月2日):ファン・ランダエタ(ベネズエラ 24戦20勝3敗1分/元WBAミニマム級暫定王者&当時WBAライトフライ級1位)
視聴率:42.4%(関東地区)、42.9%(関西地区)
WBAライトフライ級タイトル獲得。10代で世界王者となった日本人選手は、ファイティング原田(19歳6か月)、井岡弘樹(18歳9か月)に次ぎ3人目であり、日本人選手との対戦が一切ない戦績での達成は初。この試合後から、その判定結果について業界内外から多数の賛否意見が寄せられた(「ファン・ランダエタとの対戦」参照)。
13戦目(2006年12月20日):ファン・ランダエタ(ベネズエラ 25戦20勝4敗1分/元WBAミニマム級暫定王者&当時WBAライトフライ級1位 再戦)
視聴率:30.1%(関東地区)、32.8%(関西地区)
14戦目(2007年3月24日):エベラルド・モラレス(メキシコ 42戦28勝12敗2分/当時WBCフライ級13位)
視聴率:16.2%(関東地区)
この試合後、レフェリングに関し父史郎がレフェリーを務めた浦谷信彰にした発言が問題となった[8]。
15戦目(2007年5月23日):イルファン・オガー(インドネシア 22戦16勝2敗4分/当時東洋太平洋ライトフライ級2位&インドネシア・ライトフライ級チャンピオン)
視聴率:14.1%(関東地区)
地元大阪で2年半振りの試合。1年ぶりのKO勝利。
ゲストの赤井英和はレフェリーストップのタイミングが早いと指摘した。
16戦目(2007年7月28日):セサール・ロペス(アメリカ 24戦20勝4敗)
17戦目(2008年3月22日):レクソン・フローレス(フィリピン 25戦18勝3敗4分/当時WBOライトフライ級2位&WBAライトフライ級13位)
18戦目(2008年7月12日):マリノ・モンティエル(メキシコ 43戦30勝12敗1分)
初の海外(メキシコ)での試合。
19戦目(2008年8月30日):サルバドール・モンテス(メキシコ 元メキシコフライ級王者)
20戦目(2009年3月4日):ドローレス・ビダル(メキシコ 7戦1勝6敗/当時WBCフライ級20位)
21戦目(2009年9月5日):ウンベルト・プール(メキシコ 26戦15勝8敗3分/元北米ライトフライ級王者)
22戦目(2009年11月29日):内藤大助(日本 40戦35勝22KO2敗3分)
WBC世界フライ級タイトルマッチ※ここまで全て勝利。 ※視聴率はビデオリサーチ調べ。

デビュー以来日本人選手との対戦が一度もなく、その知名度からしばしば日本人からの対戦要求を受けてはいるが、プロデビューから6年にわたり日本人との対戦を行わなかった。特にWBC世界フライ級チャンピオンの内藤大助は、かつて興毅に「6回戦レベルの選手」などと挑発され、数度にわたり公の場で対戦を希望していた。だが内藤は、亀田大毅との世界タイトルマッチにおいて目潰しや投げ技などの、選手生命にも影響を及ぼしかねない程の度重なる反則行為を受けたことから「自分の身体の方が大事。あんな反則を受ける位なら、もう二度と亀田家とは試合をするつもりはない」と対戦拒否を表明するも、大毅が内藤に謝罪をして和解が成立した。興毅はその内藤と、2009年11月にWBCフライ級のタイトルを賭けて初の日本人対決を行う予定。
興毅のデビューから8戦目まで対戦相手は全てタイ選手である。こればかりが理由というわけではないが、JBCは2007年7月24日にタイ選手の出場を制限する処置をとっている。[9]


メディアの反応・評価
2000年前後から「大阪から世界を狙うボクシング一家」として、TBSが亀田親子に密着取材を続けており、特集を組んだ番組も何本か放映されていた。その後興毅がプロボクサーとしてデビューし、協栄ジムに移籍、それに伴って上京をしてからメディアに多く取り扱われるようになった。

だがその一方で、これはボクシングそのものにはまるで興味の無いファン層を開拓しただけの“ミーハー人気”であり、日本ランカーを観るために足繁く後楽園ホールに通うような熱心なボクシングファン層の獲得、またはボクシングジムの入門者を増やすといった底辺拡大には至っていないという声もある。事実、興毅が初の世界戦に臨んだ2006年8月当初の時点で、日本国内のボクシングジムには新井田豊(WBAミニマム級)、徳山昌守(WBCスーパーフライ級)、イーグル・デーン・ジュンラパン(WBCミニマム級)、長谷川穂積(WBCバンタム級)、名城信男(WBAスーパーフライ級)ら5人もの世界王者がおり、また、2006年7月に初防衛戦に失敗して引退したが同時期の世界王者として2006年1月に日本人最年長世界王座奪取を達成した越本隆志(WBCフェザー級)が在籍し、日本のボクシング界は何度目かの黄金時代を迎えていたにもかかわらず、テレビのボクシング中継で高視聴率を獲得するのは亀田兄弟関連の試合のみであった。その他の世界タイトルマッチは低視聴率に終わったり、時には地上波で全国中継されない試合もまま見受けられ、世界タイトルが絡まない試合が地上波で放送されることは稀になってしまっていた。

こうした中で起こった“亀田ブーム”に関し、亀田三兄弟の実力には業界内外で賛否の声が上げられている。週刊ポストは、この亀田人気やマッチメイクへの疑問を記事として掲載し、亀田のことを揶揄する記事を掲載していた。また、かつてWBAジュニアフライ級世界王座を13回防衛した具志堅用高は、毎日新聞のインタビュー記事で「金をかければ、そんなに簡単に世界挑戦できるのか」と厳しく批判していた。亀田側はこれら批判について「真面目にただボクシングをやっていっているだけ」と反論している。

2006年8月の世界戦前にはWBA首脳は「全階級を通じて最強の世界王者になれる」「3階級制覇もできるほどのグッドファイター」「元WBC世界ウェルター級王者リカルド・マヨルガと、無敗で4階級制覇した(当時)フロイド・メイウェザー・ジュニアの二人を足したような選手だ」などと発言していた。「まだまだ世界レベルじゃない」との評価もあったが、指導方法を変えれば伸びるとの意見は皆一貫していた。

同じく幼少時から父の手でボクシングの英才教育を施されてきた粟生隆寛(帝拳ボクシングジム)とは、一部マスコミを中心に「西の亀田、東の粟生」と称され、互いに比較されることがある。

ファン・ランダエタとの対戦
カルロス・ファハルドをフライ級の試合で下した後、階級を1つ下のライトフライ級に落とし、WBAライトフライ級2位にランキングされる。そして2006年8月2日、同級王者だったロベルト・バスケスの王座返上に伴って行われたタイトルマッチにて、同級ランキング1位(ただし、ランダエタは、世界戦の前にライトフライ級で試合をしていない。)で元ミニマム級世界暫定王者のファン・ランダエタと対戦し、2-1で判定勝利し、WBAライトフライ級王座を獲得した。試合前に興毅が「(勝ったら)ベルトはおやじに渡したい」と発言していたことを受けて、WBAは本来のチャンピオンベルト以外に父・史郎に対するベルトを事前に用意し、試合後にそれを贈呈した。しかしながら、結果的にWBAがあらかじめそれを用意していたことが、後述の八百長疑惑に油を注ぐ形となってしまった。インタビューでは泣きながら「ありがとうございます」と敬語で発言した。

判定結果に対するメディア・関係者からの反応
この試合について毎日新聞、読売新聞などのメディアは、最終ラウンドで一人のジャッジだけが興毅の方を高く採点していたこと等に言及し、試合の判定結果について疑問を呈する記事を掲載した。ボクシングマガジン2006年9月号では、表紙に大きな文字で「判定に疑義沸騰」と記され、試合レポートでも記者が「明確な差をもってランダエタが勝利していた」と述べた。試合を放映したTBSに視聴者から5万件を超える抗議電話の他、JBCにも多くの抗議が電話・メール等で寄せられた[10]。

ボクシング関係者の反応は様々であり、元ボクシング世界王者の畑山隆則や渡嘉敷勝男らは興毅の健闘をたたえ、渡嘉敷は公式判定の内容を支持する旨の発言をした。一方ガッツ石松、薬師寺保栄、平仲明信らは、5〜7点差でランダエタ優勢となった独自の採点結果をもとに、判定結果を批判した。また、今後のボクシング界に与える悪影響を懸念する旨の発言をした。井岡弘樹は、興毅の小差劣勢であるとしながらも、判定結果への批判はせず興毅の健闘を称えた。浜田剛史は「このままでは世界では通用しない」と指摘した。ファイティング原田や具志堅用高のように、試合に対して明言を避けた者も多い。

ボクシング関係者以外でも賛否は分かれ、朝青龍・星野仙一・橋下徹・清原和博らからは擁護意見、やくみつる・立川談志・安部譲二・やしきたかじん・二宮清純らからは批判的な意見が寄せられた。このうち二宮清純は、8月2日はボクシングが死んだ日と話す一方で、判定についての抗議が多数発生したことに関して「日本人はフェアプレイを愛する」と評価した。

在ベネズエラ日本大使館には、ランダエタに宛てて2500通以上の応援の手紙やメールが寄せられた[11]。また在日ベネズエラ大使館には「こんな試合で日本人として申し訳ない」「国として抗議したらどうだろうか」という、ランダエタを激励する電話が100件単位で寄せられており、ベネズエラ大使館側も「こんなことは前例が無い」と話している。

協栄ジムの公式サイト掲示板は、判定に対する批判的な書き込みが集中的に行われたために閉鎖された。

再戦
WBAはこの試合の後に発表した2006年8月期の世界ランキングにおいて、ランダエタの世界ランキングを1位に据え置いた[12]。 WBAの規定では、王座決定戦で戴冠した新王者の初防衛戦は、ランキング1位の者と行う指名試合とするよう定められており、2006年8月31日、協栄ジムは、同年10月18日に東京・有明コロシアムで初防衛戦を行い、ランダエタと再戦すると発表した。 しかし10月2日、興毅が9月29日のスパーリング中に目にけがをしたとして再戦を延期することが協栄ジムから発表された[13]。その後、再戦は12月20日に行われることになった。この会見の場に興毅本人は姿を現さず、治療に当たったとされる医師の診断書がジム側から提示されるにとどまったこと等に言及し、一部からはけがの信憑性について疑問の声が挙がった。 10月7日付のデイリースポーツ紙上にて「初公開!これが興毅抜糸写真だ」として、抜糸直後とされる興毅の顔写真が発表された[14]。また10月10日にも本人が記者の前で負傷箇所を公開している。2006年12月20日、興毅はファン・ランダエタと対戦、この試合ではヒットアンドアウェー戦法でポイントを稼ぎ、判定勝ちを収めた。


獲得タイトル
アマチュアボクシング
第23回全日本実業団ボクシング選手権大会フライ級優勝(日本アマチュアボクシング連盟、2002年)
第54回全日本社会人ボクシング選手権大会フライ級ベスト4(日本アマチュアボクシング連盟、2002年)
第24回全日本実業団ボクシング選手権大会フライ級優勝(日本アマチュアボクシング連盟、2003年)
第55回全日本社会人ボクシング選手権大会フライ級優勝(日本アマチュアボクシング連盟、2003年)
プロボクシング
第33代OPBF東洋太平洋フライ級王座(0度防衛)
第22代WBA世界ライトフライ級王座(1度防衛)
第4代WBAインターコンチネンタルフライ級王座(0度防衛)(世界ランキング16位~30位の選手で行われる)
第35代WBC世界フライ級王座(0度防衛、継続中)


>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。