SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

2000年09月 の記事一覧

| | ひとつ古い記事へ≫



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

本間満

本間 満(ほんま みつる、1972年8月25日 - )
福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手(内野手)。



プレースタイル・特筆
絶対的なレギュラー選手として活躍することは無いが、内野ならどこでもこなすユーティリティー選手として守備固めやケガ人の穴埋めなど重宝にされている。2005年から2008年まで4年連続で、内野の4ポジションすべてを守っている。

ホークスの貴重な左の代打。大道典嘉の移籍後は代打の切り札として存在感を示す。

来歴・人物
小学校時代は投手、留萌港南中で強打の三塁手として注目を集め、北海、札幌商(北海学園札幌)、東海大四などとの争奪戦の末、駒大岩見沢高校に進学し同級生に伊藤辰史。甲子園では満足な成績を残せなかったが、付属校推薦で入学した駒澤大では春休みの練習から長打を連発し、甲子園で3ホーマーの高木浩之(享栄-西武)らを飛び越して1軍のレギュラーに大抜擢された。期待に応え順調に育ち、鉄壁の遊撃手として高木浩之とは三遊間を組んだ。4年次には高木と共に全日本代表に選出されている。全日本アマチュア野球王座決定戦制覇したが最高殊勲選手は河原純一に譲った

1994年ドラフト3位福岡ダイエーホークスに入団。王貞治が監督に就任した第一期の選手である。

当初は「城島健司入団の際、駒大に迷惑をかけたから獲得したんだ」と陰口を叩かれるほど、あまり期待されていなかったが、2000年には浜名千広や柳田聖人の負傷もあってセカンドのレギュラーとして活躍。イチローとタイミングの取り方が似ているので「パチロー」などと呼ばれた。

2004年には自身初となるサヨナラ安打を打っている。

2006年のオールスターゲーム_(日本プロ野球)に出場した。初の3割を達成するかと思われたが中盤以降急激に調子を落とし、ルーキーの本多雄一らの活躍もあり出場機会が減ってしまった。

2007年は、代打で2試合連続ホームランするなど、代打での打率(32-11 .344)が高いことから代打での起用が多かった。代打起用38回はリーグ最多。7月13日にFA権を得たが行使しないと明言した。

2008年も、便利屋兼代打として多く起用され、特に代打では3割の打率を記録した。

2009年現在、ソフトバンク在籍15シーズン目となり、現在ソフトバンクに在籍している選手中、最もダイエー→ソフトバンクの在籍期間が長い選手であった(他チーム在籍も含めると大道典嘉(読売ジャイアンツ)の18シーズンが最長)。同年10月3日に戦力外通告を受けた

エピソード
ニックネームはママン(本間満)
家族は親族とも代々野球部員である。
英語表記の「HONMA」については、口の動きおよび発音上「HOMMA」となるのが正規の綴りだが、入団以来変更はない。
一時スイッチヒッターに挑戦していたが、現在は左打席専門となっている。
使用しているバットは以前、大道典嘉から譲ってもらったものを使用している。ちなみに大道ほど極端ではないが、本間もバットを短く持っている。
2006年に出場したオールスターの第二戦目では、柴原洋に代打で清原和博が出され外野手が足りなくなったために途中出場で左翼を守った。
毎年春季キャンプ中は、紅白戦やシートバッティングでチーム内の投手と対戦すると、必ずヒットやホームランを打つことから恐れられており、投手陣の中では敬意を表して「味方殺し」と呼ばれている。[1]
私生活では第15回(1989年)クラリオンガールに選ばれたタレント(当時、現在は引退)結城めぐみと取材が縁で知り合い結婚したが後に離婚(子供なし)。
結城との離婚後知り合った客室乗務員をしていた女性と再婚(現在の妻)、妻との間には女児ひとりがあることを公表している。
応援歌は九州版とビジター版の2種類が存在するが、九州版のメロディはトニー・バナザードからの流用である。また、ビジター版の応援歌はスピッツのメモリーズの替え歌である(ボーカルの草野マサムネはホークスのファンである)。

最北のプロ野球選手
大村巌(元ロッテ:稚内市出身)、宇佐美康広選手(元ヤクルト:歌登町出身)が引退したため、ヤクルトの五十嵐亮太投手と共に、現役のプロ野球選手の中では最北の出身となった。
しかし2006年ドラフトで北隣の小平町の黒滝将人がロッテの3位指名を受け、入団したため、現在では最北の「都市」出身のプロ野球選手となる。
留萌市出身では他に若松勉(元ヤクルト)など。
隣の増毛町からは遠田誠治(元中日)、桂本和夫(元国鉄)などのプロ野球選手を輩出。留萌支庁管内はかつて全道レベルの社会人チームが複数存在、プロ野球選手も輩出している。
福岡ソフトバンクホークスで現在も共にプレーしている佐藤誠投手は、駒大岩見沢高校の後輩である(佐藤は山形県生まれ北海道千歳市育ち)。

記録
初出場:1995年5月24日、対日本ハムファイターズ11回戦(福岡ドーム)、6回裏に西の代打として出場 島崎の前に凡退
初安打・初打点:1995年5月27日、対近鉄バファローズ9回戦(藤井寺球場)、6回表に高村祐から適時打
初盗塁:1998年5月3日、対近鉄バファローズ5回戦(福岡ドーム)、7回裏に二盗
初本塁打:2001年9月4日、対千葉ロッテマリーンズ26回戦(福岡ドーム)、2回裏に小林宏之から



>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。