SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

2000年12月01日 の記事一覧

| | ひとつ古い記事へ≫



益田大介

益田 大介(ますだ だいすけ、1973年9月27日 - )
兵庫県明石市出身の元プロ野球選手(外野手)。


経歴
1995年にドラフト6位で中日ドラゴンズに入団。俊足とシュアな打撃が持ち味のアベレージヒッターで、2年目の1997年には1番打者として定着し117試合に出場し、セ・リーグ最多となる8本の三塁打を記録する活躍を見せたが、規定打席に到達したのはこのシーズンだけである。レギュラーの座を掴みかけていたが、走攻守に状況判断の悪いプレーが目立ち星野監督を怒らせることもたびたびで、翌年から出場機会は徐々に減少、代打起用が中心となる。

中日がリーグ優勝を決めた1999年は、レギュラーシーズン中は全くと言っていい程出場機会に恵まれなかったが、この年の日本シリーズで活躍をした。シリーズ初打席で致命的な送りバントを小フライで失敗するも、以降は汚名返上とばかりにヒットを量産し、シリーズ打率6割を上回る驚異的な数字を残す。見事日本シリーズ首位打者に輝いた。

2000年オフ、右肩治療のためいったん自由契約となったが、故障が癒えたため再契約を果たした。

2001年シーズン途中に金銭トレードで大阪近鉄バファローズへ移籍し、代打要員として活躍した。その年の近鉄が優勝を決めた試合では、9回裏無死2・3塁の場面でギルバートの代打で登場して四球を選び、北川博敏の代打逆転満塁サヨナラ優勝決定ホームランのお膳立てをした。元中日、元近鉄らしくパンチ力やチャンスや代打でのメンタリティに優れる。しかし選球眼も良いため、こういった要所で四球を選ぶというケースも多く見られた。

2005年、選手分配ドラフトで東北楽天ゴールデンイーグルスへ移籍。2006年シーズン終盤に楽天から戦力外通告を受ける。本人は他球団でのプレーを希望し12球団合同トライアウトを受験、本塁打を放つも声がかからずそのまま現役を引退した。

2007年からは、楽天イーグルス・ジュニアコ-チ(ベースボールスクール常勤講師)。同球団が主催する少年野球塾のゲストコーチなどとしても活動している。

記録
初出場:1996年7月14日、対阪神タイガース17回戦(ナゴヤ球場)


>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.