SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

井口資仁

井口 資仁(いぐち ただひと、本名:井口 忠仁(読み同じ)、1974年12月4日 - )
千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手(内野手)。
右方向への長打が特徴的な勝負強い打撃が持ち味だが、盗塁王2度、ゴールデングラブ賞3度に輝くなど走攻守3拍子揃った内野手。
状況に応じた打撃(右打ちや進塁打)のうまい選手であるため、メジャーリーグではクリーンアップへのつなぎを求められる2番での出場が多かった。
2009年、ロッテに移籍後当初は4番で出場。期待に応え、4月に全打順HRを達成している。


球歴

プロ入り前
12月4日、東京都に生まれる。國學院久我山高から青山学院大学へ進学。青山学院大学では1年春からレギュラー(入学当時の主将は小久保裕紀)。同期の澤崎俊和、清水将海、倉野信次、1学年下の高須洋介らと共に全日本大学野球選手権大会優勝を始め多くの輝かしい実績を残した。個人としても、1番・遊撃手の「青い核弾頭」として大活躍し、東都大学リーグ三冠王やリーグ記録となる1シーズン8本塁打などを記録。大学通算本塁打数は24本で、現在も破られていないリーグ記録である。1996年にはアトランタオリンピック野球日本代表に選出され、銀メダルに貢献。

プロ野球の各球団の争奪戦の末、福岡ダイエーホークスを逆指名し、ドラフト1位指名を受けて入団。背番号は7。ちなみに同期には松中信彦(ドラフト2位=逆指名)、柴原洋(同3位)や、大学時代チームメイトだった倉野(同4位)がいる。また、青山学院大学のチームメートでは、澤崎が広島1位(逆指名)、清水がロッテ1位(逆指名)で指名され、同一チームから同時に3名のドラフト1位選手が出た。

ダイエー時代
1997年は3月のオープン戦で右足首を捻挫したため開幕には間に合わず、5月3日の対近鉄バファローズ4回戦(福岡ドーム)で、2番遊撃手として初出場。1回のプロ初打席で初安打、4回の3打席目では満塁本塁打を相手先発の山崎慎太郎から放つ鮮烈なデビューを飾った。外国人選手を除き、新人選手のデビュー戦での満塁本塁打はプロ野球史上初の快挙だった。しかし順調な滑り出しとは裏腹にその後は2割台前半の低打率に苦しみ、主に下位打線で起用されるようになった。そのオフにはハワイ・ウインターリーグに松中らと共に派遣され、ウエストオアフ・ケーンファイアーズに所属(背番号25)した。1998年は21本塁打を放つなど広角に打てる長打力があり、「恐怖の9番打者」と言われた。

1999年は開幕から3番を任されるものの、その後は低迷し例年と同様下位打線で起用されるようになる。しかし優勝争いの中でサヨナラ打を3度記録するなど勝負強さを発揮した。9月8日の首位攻防となる対西武ライオンズ26回戦(福岡ドーム)では西崎幸広からサヨナラ満塁本塁打を、試合前に西武が破れマジック1で迎えた9月25日の対日本ハムファイターズ26回戦(福岡ドーム)でも金村暁から決勝本塁打を放つなど、福岡ダイエー初のリーグ優勝、日本一に大きく貢献した。

2000年、シーズン中に左肩を負傷し、手術を行い長期離脱。日本シリーズで復帰するが、守備に定評のある鳥越裕介の1軍定着により、こだわりを持っていた遊撃手のレギュラーを剥奪され、遂には二塁手にコンバートされる。優勝旅行にも参加せず、オフに登録名を本名の「忠仁」から「資仁」に変更して飛躍を誓った。

2001年、強力打線の3番に定着。打率は.261ながら史上3人目の30本塁打・40盗塁を達成し、44盗塁で盗塁王のタイトルを獲得。強肩、俊足を生かしたセカンドの守備も評価され、ベストナイン、ゴールデングラブ賞にも輝いた。この年、井口の他に小久保裕紀が44本塁打、松中が36本塁打、城島健司が31本塁打し、パシフィック・リーグ初の30本カルテットを形成。日本人のみの30本カルテットはプロ野球史上初の快挙だった。11月には台湾で開催された第34回IBAF(国際野球連盟)ワールドカップ日本代表に高橋由伸、井端弘和、高校生で唯一メンバー入りした寺原隼人らと共に選出され、3番二塁手として出場した。

2002年は打率.259に終わったものの、そのオフ城島と共に金森栄治スコアラーに指導され、「より引き付けて打つ打法」に変更。2003年にはそれまでの粗いイメージを覆し5試合連続猛打賞、1試合4二塁打の日本タイ記録を達成。1番村松有人、2番川宗則とともに盗塁を量産、終盤に村松が骨折で離脱したこともあり再び盗塁王に輝く。さらに4番松中、5番城島、6番ペドロ・バルデスとともに史上初の100打点カルテットを形成するなど、3番としてダイハード打線の中軸を担い、最終的に打率.340、27本塁打、109打点、42盗塁。2度目のベストナイン・ゴールデングラブ賞にも選ばれた。3年ぶりのリーグ制覇、4年ぶりの日本一に大きく貢献。日本シリーズ優秀選手にも選ばれた。

2004年にも打率.333、24本塁打、89打点とレギュラーシーズン1位に貢献したが、チームはこの年導入されたプレーオフで敗れ、リーグ優勝は逃した。このオフ、契約書の特約条項に基づき自由契約となり、メジャーリーグ挑戦を表明した。

メジャーリーグ時代
2005年、シカゴ・ホワイトソックスに入団。4月4日の開幕戦、対クリーブランド・インディアンス戦(USセルラー・フィールド)に2番二塁手として初出場。開幕2戦目となる4月6日の同じくインディアンス戦では、ケビン・ミルウッドからメジャー移籍後初安打を二塁打で記録(同試合で初盗塁も記録)。5月3日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦(USセルラー・フィールド)では、左腕のブライアン・アンダーソンから左翼席へメジャー移籍後初本塁打を放った。

その後も2番二塁手に定着し、1番のスコット・ポドセドニックと共にホワイトソックスの「スモール・ボール(監督のオジー・ギーエンはスマート・ボールと呼んでいた)」を牽引し、チームの5年ぶりの地区優勝に大きく貢献。ポストシーズンでも10月5日の前年度ワールドチャンピオン、ボストン・レッドソックスとのアメリカン・リーグ・ディビジョン・シリーズ(ALDS)第2戦(USセルラーフィールド)で決勝の逆転3点本塁打をデビッド・ウェルズから放つ活躍などを見せ、US移籍1年目でワールドシリーズに出場。日本人選手としては、新庄剛志、松井秀喜、田口壮に次ぐ4人目のワールドシリーズ出場選手となる。ワールドシリーズも制し、日本人では伊良部秀輝に次いで2人目のチャンピオンリングを獲得した。しかし伊良部はワールドシリーズに出場しておらず、実際に出場してリングを獲得したのは井口が初めてである。ただ、ワールドシリーズでは不振のため最後の打席後に交代したため優勝決定の瞬間はベンチにおり、「優勝した瞬間グラウンドにいたはじめての日本人選手」は翌年の田口に譲ることになった。また、日本人で初めて日本シリーズとワールドシリーズの両方を制覇した選手となった。

2005年オフにはワールド・ベースボール・クラシック日本代表に選出される。当初は出場を前向きに検討するコメントをしていたが、出場表明後NPBから何の連絡も無いことに不信感を持ったことや、メジャーでクリーンナップを打つという夢に向けての調整をしたいこともあり出場を辞退。代わりに宮本慎也が選出された。日本のWBC優勝については「コメントする資格は自分に無いが、日本人として嬉しい」と述べ、多くを語らなかった。

2006年には18本塁打を放ったが、これはアメリカンリーグの二塁手では最多であった。

2007年7月27日、右手を骨折したチェイス・アトリーの代役としてマイナー投手のマット・マロニーとの交換トレードでフィラデルフィア・フィリーズへ移籍。フィリーズではアトリーの復帰まではスタメンで二塁手を務めたが、アトリーの復帰後は主に代打での出場となる。そのため、フィリーズのナショナルリーグ地区シリーズ敗退後には「現在永住権申請中であり、来季は二塁手のレギュラーとして起用してもらえる球団を中心に移籍先を探す」旨の発言をしている。

同年12月18日、サンディエゴ・パドレスと1年契約。2008年は4月中旬に32打席連続無安打になるなど絶不調に陥ったが、4月26日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦(ペトコ・パーク)で日本人選手史上2人目となるサヨナラ本塁打を記録。5月16日のシアトル・マリナーズ戦(セーフコ・フィールド)ではダイエー時代の同僚城島健司と2004年10月1日のパ・リーグ・プレーオフ・セカンド・ステージ対西武5回戦(福岡ドーム)以来1313日ぶりにアーチ(本塁打)を競演。その後も正二塁手として出場していたが3安打を放った6月5日のニューヨーク・メッツ戦(ペトコ・パーク)で、走塁中に転倒、右肩を脱臼。6月6日にメジャー4年目で初の故障者リスト入りとなった。8月2日に復帰したが脱臼した右肩の影響などで調子が上がらず、9月1日にパドレスより戦力外通告を受けた。 9月5日、古巣であるフィリーズと契約。その後、フィリーズはプレーオフに進出するものの井口の入団はプレーオフ出場選手登録期限後のため出場資格は無かったが、フィリーズがワールドチャンピオンに輝いたため幸運にも田口と共に2つ目のチャンピオンリングを手にすることになった。

千葉ロッテ時代
2008年11月15日にFAとなり、日米の複数球団との交渉の末、2009年1月20日、千葉ロッテマリーンズに入団。背番号は6。落合博満や初芝清らが付けていた番号であり、「偉大な番号をいただけて、本当に光栄。この番号に恥じないプレーをする。」とコメントしている。

2009年2月1日から始まった石垣島での春季キャンプでは、福岡ダイエーホークス(現:福岡ソフトバンクホークス)時代に行っていたアーリーワーク(朝練習。メジャーでは怪我の恐れなどから禁止だった)を竹原直隆と2人で敢行。

開幕から4番を担い、2009年4月7日には史上7人目となる全打順本塁打を達成した。この本塁打は自身のNPB通算150本塁打でもあった。

タイトル・表彰・記録

日本
盗塁王:2回(2001年、2003年)
ベストナイン:3回(2001年、2003年、2004年)
ゴールデングラブ賞:3回(2001年、2003年、2004年)
月間MVP:1回(2004年8月)
日本シリーズ優秀選手賞(2003年)
ランニング本塁打(1998年7月5日対ロッテ12回戦 吉田篤史から)
30本塁打40盗塁(2001年)  *張本勲(1963年)、秋山幸二(1990年)につぎプロ野球史上3人目
100号本塁打(2003年4月6日対日本ハム3回戦 関根裕之から)
1試合4二塁打(2003年7月26日) *プロ野球タイ記録史上9人目
5試合連続猛打賞(2003年6月3日~6月8日) *パ・リーグ新記録。プロ野球タイ記録<1954年 西沢道夫(中日)以来2人目>
シーズン最多得点:112(2003年)
オールスター出場:4回(2001年~2004年)
全打順本塁打 2009年4月7日北海道日本ハム戦(東京ドーム)、4番で先発出場し多田野数人からHRを放ち達成。日本プロ野球史上7人目。4番打者として放ち、達成したのは史上初。
150号本塁打(NPB通算) 同上。日本プロ野球史上151人目。
通算1000試合出場 2009年8月26日(433人目)

メジャーリーグ
2006年6月25日対アストロズ戦で、MLB日本人選手中最多の1試合7打点を記録。(左越3点本塁打・左中間満塁本塁打)

背番号
7(1997年 - 2004年)
15(2005年 - 2007年7月)
12(2007年7月 - 2008年)
10(2008年)
9(2008年)
6(2009年 - )

エピソード
童話作家の寺村輝夫の次男が、友達や近所の大人を集めて野球チームを作ったが、これに寺村や長男も参加し、その後に入って来たのが井口である。寺村は生前「井口君は俺が育てた」と語っていた。
日本時代の松坂大輔(現ボストン・レッドソックス)との対戦は、通算で打率.365(85打数31安打 3本塁打9打点)を残し、かなり得意としていた。
井口の青山学院大学入学および福岡ダイエーホークスへの入団は小久保裕紀の影響が大きいと言われる。高校時代に、バルセロナ五輪で唯一の大学生として活躍した小久保の姿に憧れて同じ大学・プロ球団を選択した。
2006年2月15日に西東京市民栄誉賞を受賞。
2006年12月29日の東京証券取引所の大納会にゲストとして招かれた。
ウォシュレット(温水洗浄便座)に異常なこだわりを持ち、毎年新製品に買い換えている。「活躍の秘訣はこれです」とバラエティ番組でわざわざ公言するほどである。
かつては、国内信販(現楽天KC)、アクエリアス、まるいち食品のCMに出演していた。

メジャー移籍
2004年にメジャーに移籍する際、自由契約選手となっているが、契約における特約条項を使用したとされる。この年高塚猛オーナー代行が不祥事や自身の強制わいせつ罪による逮捕などで辞任を余儀なくされているが、「中内正オーナーの経営体制が刷新した場合、もしくは高塚代行が退任した場合、井口が希望すれば自由契約選手とする」という覚書が前年の契約更改の際に存在したというものである。「不可解、不明朗な契約ではあるが契約は有効」と球団が認めたため、井口は自由契約選手となってメジャー移籍した。

「高塚負の遺産」の一つとされ、重役格が自身の保身として選手を使っていたともとれる前代未聞の契約であるが、元々メジャー志向が高かった井口のポスティング移籍は時間の問題であったとされ、2002年オフには既にポスティング移籍が確約されていたという報道も存在する。しかしその2002年オフには、大塚晶則が当時の日本球界の評価もあって落札球団0に終っている(中日に1年在籍後、パドレスが30万ドルで落札)。メジャーが2002年頃までの粗さを残した井口を基準にした評価をするのであれば、移籍金は小額のため、選択肢が縛られる危険を回避でき、井口の高額年俸もカットするだけでも双方にメリットがある、などとも考えられた。

ただしこれらどのような憶測・報道も、高塚代行主導の元決められていたという内容であり、王貞治監督は「野球を分からない、愛せないフロントはもういらない」と怒りを顕わにしている。このような契約をとった井口への批判のためか、小久保裕紀の背番号9(後に復帰)、城島健司の2は退団後欠番扱いとなっているが、井口の7は直後にFAで加入した大村直之、そして現在は立岡宗一郎に引き継がれている。

グーイング
ホワイトソックスの本拠地・USセルラー・フィールドでは井口が打席に入るときや好プレーをしたとき、ブーイングに似た「GUU-! GUU-!」という唸り声をホームの観客が発することがある。これは「グーイング」(guing)と呼ばれる井口への応援である。

>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.