SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

石井義人

石井 義人(いしい よしひと、1978年7月12日 - )
埼玉西武ライオンズ所属のプロ野球選手(内野手)。背番号は5。



経歴
小学生時は前川バンビーズ、中学時代は越谷リトルシニアに在籍。

浦和学院高等学校時代、1996年に第68回選抜高等学校野球大会、第78回全国高等学校野球選手権大会に出場(ともに2回戦で敗退)。

横浜時代
1997年、ドラフト4位で横浜ベイスターズに入団。1999年に2軍で.373を記録し、5月にジュニア月間MVPも獲得したが、7月に右足の腫瘍を手術し残りのシーズンは治療に専念した。

その翌年の2000年から一軍で活躍し始めた。この年プロ初本塁打を放ち、打率も規定打席には到達しないものの.328とブレイクした。中でも代打成績.444はリーグトップであり、その打撃センスは完全に認められた。

このまま一軍に定着するかと思われたが、守備に非常に難があり、打球をお手玉したり足で蹴ったりしてしまうこともあった。そして当時の監督森祇晶が守備重視の手堅い野球を目指していたため、出場機会が激減した。

2002年のシーズンオフ、中嶋聡、富岡久貴両選手との交換トレードで細見和史と共に横浜ベイスターズから西武に移籍した。

西武時代
2004年
高木浩之の不調でシーズン後半に二塁手として出場機会を増やし、規定打席不足ながら打率.304をマークした。初の100打席以上を経験。プレーオフセカンドステージ第5戦では6回表1死満塁のチャンスに代打で登場、このシーズンでカモにしていた福岡ダイエーホークスの新垣渚投手からレフトフェンス直撃の逆転二塁打を放ち、リーグ優勝に貢献した。

2005年
6番二塁手でプロ9年目にして初の開幕スタメンの座をつかむと、高木浩之負傷離脱で二塁手の定位置を掴み才能が開花した。開幕から好調な打撃を発揮し、5月の月間MVPに輝いた。さらに2005年のセ・パ交流戦では4割を打ち、交流戦首位打者にも輝く活躍を見せた。プロ入り初のオールスターゲーム出場も果たした。

前半戦を首位打者で折り返したが、後半戦はプレッシャーで「打撃のことを考えると夜も眠れなく」なり調子を落とした。しかし初の規定打席到達で堂々の3割打者となり、打率はリーグ4位の.312、出塁率.391、6本塁打、7盗塁という好成績を残した。

2006年
9番二塁手で開幕スタメン出場したが、5月中旬に左足裏痛で二軍落ちし、2年目の片岡易之が二塁手のレギュラーを獲得するという苦しいシーズンとなった。しかし中島裕之の離脱で3番打者が不在になり、このころちょうど復帰した石井に白羽の矢が立てられ、8月1日から3番に抜擢され中島の穴を埋める活躍をした。規定打席には到達しなかったもののこの年も打率.312と3割を打った。

2007年
中村剛也が打撃不振に陥ると三塁手で、片岡がケガで離脱すると二塁手での起用が増えた。4月後半には1・2番打者が決まらず、高い出塁率を見込まれ石井が起用された(1番13試合、2番9試合)。しかし打率は.250付近から上昇せず、守備でも6失策と精彩を欠いた。特に左投手からの打率は0割台だったため最後まで中村との併用が続きレギュラー確保はならなかった。

2008年
中島が北京五輪のためにチームを離脱したときは片岡が遊撃手に回って二塁を守り、正一塁手のクレイグ・ブラゼルが指名打者になって石井が一塁手として起用されることも多かった。終盤はブラゼルの離脱もあって一塁手のレギュラーに定着した。4月に渡辺久信監督から呼び出されて一塁を守るよう言われたが、石井自身は横浜時代に二軍で数試合一塁を守っただけで一軍では経験がなく、ファーストミットも借り物でほとんどぶっつけ本番だったと週刊ベースボールで語っている。 打率は.278と3割に到達はしなかったものの上昇。また、クライマックスシリーズでは5試合中4試合にスタメン起用され、15打数8安打4打点と好成績を残した。日本シリーズでは第5戦で先制打と勝ち越しの適時打を打つなど通算で16打数4安打2打点の結果を残した。アジアシリーズでは決勝戦の9回裏に四球で出塁した後、佐藤友亮の左中間への安打で統一セブンイレブン・ライオンズの緩慢な守備を突き一塁から一気にホームイン。この走塁は1987年の日本シリーズで辻発彦がウォーレン・クロマティの緩慢な守備を突き一塁から単打で生還した「伝説の走塁」になぞらえられた[1]。

2009年
規定打席には惜しくも届かなかったが、5番一塁手のレギュラーとして自己最多タイの125試合に出場した。粘り強い打撃で打率.300の好成績を残して打線の重要なつなぎ役となり、4番中村剛也との勝負を避けられない場面を増やして彼の本塁打王獲得に貢献した。左投手には打率.136と弱かったが右投手には打率.310で、本塁打・打点はすべて右投手から挙げた。二年目となる一塁守備では3失策と安定した守備を見せた。

人物
初めて実績らしい実績を残したのは2005年だが、かねてからその打撃センスは類い希なレベルとして高く評価されていた。事実二軍では安定して高い数字を残していたが、守備力の無さが一軍定着を阻んでいた。一説には横浜二軍時代、守備練習を命じられたのにそれを拒絶して首脳陣の怒りを買ったことがトレードの原因になった、という噂もある。

ただ、一塁守備に関しては邪飛の処理は問題があるものの、ショートバウンドやゴロの捌きは平均以上である。

いわゆるオープンスタンスの構えが特徴で、適確にミートする技術は非常に高いレベルである。片岡易之・平尾博嗣ら他の候補選手と共にセカンドのレギュラーとして期待されているが、失策が多い上に守備範囲も狭いため、セカンドではなくファーストや指名打者での出場の方が多くなってきた。

離婚歴あり。2006年10月24日、タレントの土沢ゆみ(元あいのり"つっちー")と再婚した。

エピソード
文化放送『文化放送ライオンズナイター』では斉藤一美アナウンサーに“赤いバットのテクニシャン”、麗しの広角打法と称される。
高い出塁率を誇り足もそこそこ速く、どの打順でも器用に結果を残せるため、さまざまな打順でスタメン出場を経験している。以下から分かるとおり、残るは4番だけである。
2004年 2・5・6・7・9番
2005年 1・3・5・6・7・8・9番
2006年 2・3・5・6・7・9番
2007年 1・2・5・6・7・8・9番
2005年8月27日、西口文也が9回まで無安打無四球を続けたものの、味方も無得点だったため延長に突入し、10回表に安打を打たれ完全試合を逃してしまった。この試合で、10回裏に元同僚の福盛和男からサヨナラ安打を放ち西口に白星をつけたのが石井義人であった。このとき「今日はそれまで4タコだったから、絶対に打とうと思った。西口さんががんばっていたし、今日は守備のほうが緊張した」と語った。
2007年は左投手からの打率が0割台だった(16打数1安打.063)。ただし、2005年は左投手から.375(88打数33安打)打っている。
西武に移籍した際、O脚が車を持ち上げるジャッキと似ているため「ジャッキーと呼んでください」とアピールした。
2005年の首位打者争い時にはインボイスSEIBUドームのアナウンスで「俺たちの首位打者」と呼ばれていた(その年の首位打者は和田一浩)。
ネット上でしばしば「天才」と称されるが、これは横浜時代からチーム内で「打撃の天才」と呼ばれていることに起因する。また、守備に難があるため、守備時は「天災」と呼ばれることもある。
野球解説者の谷沢健一氏は石井のバッティングを評して、「バットをテニスのラケットのように使える選手」と語っていた。
打席に入る際の登場曲は、2005年はレミオロメンの「南風」、松平健の「マツケンサンバ」であったが、現在はSMAPの「愛と勇気」か「two of us」。なお草剛の謹慎中は曲が差し替えられていた。
2007年に埼玉西武ライオンズに入団テストで入団した三浦貴とは、高校時代の同級生であり三浦がエースを務め、石井が4番を打っていた。
自らの30歳の誕生日である2008年7月12日に行われたスカイマークスタジアムでのオリックス戦で、同点で迎えた9回表に代打で登場し、オリックスのクローザー加藤大輔から、決勝ホームランとなるバースデーアーチをバックスクリーンへ放った。そして1年後の2009年7月12日に行われた西武ドームでの同じくオリックス戦では、同点で迎えた6回裏に決勝の適時打を放ち、2年連続で誕生日にヒーローインタビューを受けた。
下戸であり、注射の時の消毒用アルコールですら苦手であるという。
性格は自他共に認める天然で年下の選手にもいじられているとのこと。
チームでは同じいじられ役の後藤武敏と仲が良い。
愛犬家で、ミニチュアダックスフントを2匹飼っており、それぞれに「キノコ」「タケノコ」と命名している。また、それにちなんでグローブにはきのことたけのこの刺繍が入っている。

タイトル・表彰・記録
月間MVP:1回(2005年5月)
オールスターゲーム出場:1回(2005年)
初出場・初打席:1997年9月25日、対中日ドラゴンズ24回戦(横浜スタジアム)、7回表から進藤達哉に代わり三塁手として出場、8回裏に野口茂樹の前に凡退
初安打:1997年10月8日、広島東洋カープ22回戦(広島市民球場)、4回表に大野豊から単打
初盗塁:2000年7月15日、対阪神タイガース17回戦(阪神甲子園球場)、4回表に二盗
初本塁打・初打点:2000年9月8日、対広島東洋カープ22回戦(横浜スタジアム)、4回裏にネイサン・ミンチーから代打3ラン

背番号
53(1997年 - 2002年)
40(2003年)
32(2004年 - 2007年)
5(2008年 - )



>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.