SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

荒木雅博

荒木 雅博(あらき まさひろ、1977年9月13日 - )
NPB中日ドラゴンズに所属する内野手である。背番号は2。
2008年から中日選手会長、2009年には日本プロ野球選手会副会長に就任。



人物
俊足巧打と広い守備範囲で知られる二塁手。1995年のドラフトで、福留孝介(近鉄が指名権獲得)・原俊介(巨人が指名権獲得)と、くじに敗れた中日が1位指名(外れの外れ1位)をして入団。

代走・守備固めで起用される時期が続いた後、2001年シーズンにおいて、センターのポジションを勝ち取り、規定打席には届かなかったものの、3割を超える打率をあげて一躍期待の若手として注目される。

その後はスイッチヒッターに挑戦したり、外野やセカンドを行ったり来たりするなどポジションも安定しなかったが、セカンド完全コンバートとなった2004年シーズン、攻撃ではリードオフマンとして39盗塁、1996年にオリックス・ブルーウェーブのイチロー(現シアトル・マリナーズ)が記録した、シーズン1試合4安打以上の日本プロ野球記録(8試合)を塗り替える9度の1試合4安打以上を記録し、守備でも井端弘和との二遊間が落合監督から高く評価され、自身初のタイトルとなるベストナイン・ゴールデングラブ賞を受賞する活躍を見せた。その後、ゴールデングラブ賞は2009年まで6年連続で受賞している(井端も同様に5年連続受賞している)。

2009年シーズンより、井端の二塁手コンバートにあわせて荒木は遊撃手を務める予定であったが、井端の調整が目の不調により遅れたことに加え、荒木自身も開幕直前に足を痛めたことで見送られた。 シーズン前半は1番打者とされていたが調子が上がらず、すぐに2番に変えられた。2番に起用されてからは徐々に復調し持ち前の粘り強いバッティングが戻ってきた。打率が.270と低いものの、得点圏打率は.343と、チャンスの場面での勝負強さを見せ付けた。東京ヤクルトの福地寿樹と盗塁王争いを競っていたが、左手首を痛めて試合を欠場したためタイトル獲得にはならなかった。盗塁数はチームトップの37個。

プレイスタイル
井端弘和とは守備で二遊間、打順では一・二番を組むことから「アライバ」(アライバコンビ)と呼ばれる[1]

守備では、落合博満が「守備範囲は世界一」と評す鉄壁の守備でセンターラインを固めるチームの要となっている。また、球団の事情で一塁手には外国人選手が入ることが多く、右翼方向へのゴロ打球の守備に不安が残ってしまうため、そのカバー役も担っている。肩を傷めた影響もあるが、スローイングは若干不安定な面もある。ただし、T・ウッズが一塁守備を担っていた2005年~08年は、ウッズがバウンドした送球をほとんど捕球できなかったため、荒木を含む他の野手にエラーが記録されることも多かった。また、外野手としての経験も豊富なため、フライの捕球も安定感がある。

打撃面では、井端とのコンビのイメージもあってか、しつこい打者と見られがちである。しかし現在では井端と逆で、好球必打を心がける積極的な打法である。そのため三振は比較的少なくなっているものの、四球も少なく、出塁率が3割を切る年度も有る。常時.350~.400を記録する井端に比して出塁率はかなり低い。器用な打者とのイメージもあるが、荒木本人は「不器用」と言っており、実際に送りバントを失敗したり、ファールした後になんとかバント成功というケースもよく見られる。得点圏打率が高い。

非常に足が速く走塁技術も優れており、初めて30盗塁を達成した2004年以降30盗塁を達成し続けており、成功率も約8割をキープしている。右打者ということもあるが、しっかり振り切る打法であるため俊足のわりには内野安打、セーフティーバントが少ない。

タイトル・表彰
盗塁王:1回(2007年)
ベストナイン:3回(2004年、2005年、2006年)
ゴールデングラブ賞:6回(2004年、2005年、2006年、2007年、2008年、2009年)

背番号
2(1996年 - )

個人記録

初記録
初出場:1997年5月31日、対ヤクルトスワローズ9回戦(千葉マリンスタジアム)、7回裏に遊撃手として出場
初安打:1997年6月11日、対広島東洋カープ10回戦(広島市民球場)、5回表に高橋建から右前安打
初盗塁:1997年6月29日、対読売ジャイアンツ14回戦(ナゴヤドーム)、7回裏に二盗
初打点:1997年8月8日、対読売ジャイアンツ19回戦(東京ドーム)、9回表に木田優夫から
初本塁打:2001年6月5日、対読売ジャイアンツ10回戦(東京ドーム)、3回表にダレル・メイから

節目の記
1000試合:2007年9月24日、対読売ジャイアンツ22回戦(東京ドーム)、2番・二塁手として先発出場 ※史上423人目
200盗塁:2007年9月26日、対読売ジャイアンツ24回戦(東京ドーム)、2回表に二盗(投手:高橋尚成、捕手:阿部慎之助) ※史上66人目
1000本安打:2008年6月21日、対千葉ロッテマリーンズ3回戦(ナゴヤドーム)、6回裏にブライアン・シコースキーから右中間三塁打 ※史上250人目
250盗塁:2009年7月1日、対阪神タイガース7回戦(ナゴヤドーム)、6回裏に二盗(投手:福原忍、捕手:清水誉) ※史上40人目



>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.