SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

宮本慎也

宮本 慎也(みやもと しんや、1970年11月5日 - )
東京ヤクルトスワローズに所属するプロ野球選手(内野手)。元 日本プロ野球選手会会長。


プレースタイル
自分の守備範囲のボールは必ず捕る堅実な守備でゴールデングラブ賞を遊撃手部門で6回、三塁手部門で1回獲得している名手。「ファインプレーがいかにも守備でのファインプレーだったとなると、たとえアウトが取れたとしても、投手には打たれてしまった気分が残るから、難しい打球でも簡単に取っているように見えることが守備の能力として必要だ」という哲学を持つ。そのため打球に飛びつくことは少なく、限界まで走って送球の負担を減らす。

2001年にはシーズン犠打数の日本記録を更新している。

経歴
小学校時代に生まれて初めてプロ野球関係者から野球を教わり、そのとき宮本にコーチをしていたのが阪神タイガースでかつて牛若丸と呼ばれたかの名遊撃手・吉田義男である。宮本が遊撃手にこだわるようになったのは吉田との当時の出会いが大きく影響しており、本人は今でも吉田から教わった遊撃手としての心得をしっかり守っているという。更に、ヤクルト入団後は同じく名遊撃手の大橋穣守備コーチと出会っている。

PL学園時代は第69回全国高等学校野球選手権大会に出場し優勝。立浪和義や片岡篤史らの1学年下にあたり、片岡とは大学でも同じ同志社大学野球部に在籍して、1年先輩と後輩の間柄で互いに活躍した。1994年のドラフト2位でヤクルトスワローズに入団。

1997年、プロ野球選手の脱税事件に関わり、刑事告発を受ける。その後、執行猶予付きの有罪判決が下った。(詳細はプロ野球脱税事件を参照のこと)1998年は開幕から出場停止処分受け、球団は開幕前日に代役として日本ハムファイターズから城石憲之を獲得した(交換要員は捕手の野口寿浩)。

2001年には2番打者として67犠打でシーズン最多犠打の日本記録を打ち立てるなど、ヤクルトの日本一に貢献。2004年のアテネオリンピック野球日本代表では、予選より長嶋茂雄代表監督よりキャプテンの指名を受け、予選では普段守らない二塁手のポジションを危なげなくこなした。予選の前のミーティングで「これは一生懸命やって負けたから仕方ないという戦いじゃない。絶対勝つんだ」とナインを鼓舞。地元開催に加え今回からメンバー全員がプロで構成され、アマチュア選手の夢を奪っていることにもなるので、負ければアマチュア球界にも顔が向けられないからと語っている。ちなみに予選突破を決めた後のシャンパンファイトでは「負けなくてよかったね」とも言っている。オリンピックでは遊撃手としての守備、走塁もさることながらチームトップの打率5割と大活躍し、長嶋ジャパンを牽引した。

2005年は1番打者に指名されるも、執拗な内角攻めと故意かとも思われる死球禍により、調子を崩してしまった。結局この年はプロ入り後最多の12死球を受けたが、その内の8個がマークのきつかった6月の半ばまでに記録されている(この年は青木宣親が台頭したため途中で2番に回り、マークは薄れた)。同年、日本プロ野球選手会の古田敦也前会長が監督に就任したため、その後を受けて会長を務めている。

2006年のWBC代表にも井口資仁の代表辞退後に追加選出された。出場要請は大好きなパチンコをしている最中だったという。精神的支柱となった。この時の背番号は多村仁と重複のため10番を付けた。準決勝の韓国戦では代打として結果を残し、その後の守備では本職ではない三塁手として出場した(守備機会は無し)。決勝のキューバ戦ではその試合で2度エラーをした川崎宗則に代わり、9回に本職である遊撃手として出場した。ただし宮本への交代は前の攻撃の回で川崎がホームへ生還した際、右ひじを痛めたためでありエラーが原因で交代したわけではない。

2006年は開幕から好調だったものの怪我での2度の離脱により73試合出場にとどまる。5年契約での3年目を終え、前年までの成績に加え、長嶋ジャパンの主将やWBC代表を務めた「世界一査定」も評価されて提示額は500万円増だったが、「納得したいと思って」と自ら減額を申し出る。その上で、差額の1500万円を、二軍が使用する戸田球場の傷みの目立つフェンスの改修費用に充てるように球団に要望し、了承された。

2007年は手薄な野手のリーダーとしても期待され、これまでの出塁・進塁役から、ランナーを返す役割を期待される事も多くなった。その重圧にも負けず3割5本塁打の活躍。しかしこの年の巨人の優勝決定試合では巨人の一打サヨナラのチャンスにおいて清水崇行のゴロをとった後に一塁へ悪送球をしてしまい、優勝を決定させるサヨナラタイムリーエラーという大失態を犯してしまった。シーズンオフには再び日本代表のキャプテンに指名され、チーム首脳陣と選手をつなぐ重要な役割を果たした。星野仙一監督からは「成績に関係なく代表に選ぶつもりだった」と絶大な信頼を寄せられており、またナインからも監督の次に胴上げされている。契約更改では球団社長にスコアラーの増強や二軍室内練習場の早期設置などチーム強化を直訴しており、古田敦也、石井一久らの退団後名実共にチームを代表する選手となりつつある。

2008年の北京オリンピック野球日本代表では、前回アテネに引き続きキャプテンとしてチームを牽引し金メダル獲得を目指したが4位に終わり「キャプテンとして責任を感じる」と涙で敗戦の弁を語り、今回限りでの代表引退を臭わせる発言をした。シーズンオフの契約更改で39歳の2010年のシーズンまで年俸2億2000万円をベースに、各年最大8000万円の出来高で合意した(金額は推定)。また将来の監督候補のため来シーズンからコーチ兼任で指導者としての第一歩を踏み始めることになった。ちなみに幅広く経験を積むために打撃や守備、走塁などの担当部門に分けず全てを指導していくこととなった。また、2年続けてきた選手会長を新井貴浩に引き継いだ。

背番号
6 (1995年 - )

タイトル・表彰
ゴールデングラブ賞:7回 1997年、 1999年 - 2003年(遊撃手部門)、2009年(三塁手部門)
アテネオリンピック予選アジア選手権MVP(2003年)

個人記録
初出場:1995年4月11日、対中日ドラゴンズ1回戦(明治神宮野球場)、6回裏に代打として出場
初安打:1995年4月13日、対中日ドラゴンズ3回戦(明治神宮野球場)、8回裏にキクから右前安打
初打点:1995年5月23日、対広島東洋カープ7回戦、8回裏に佐藤剛から
初本塁打:1996年9月17日、対広島東洋カープ25回戦(明治神宮野球場)、2回裏に山崎健から左越ソロ
1000試合:2003年9月28日、対横浜ベイスターズ28回戦(横浜スタジアム)、2番・遊撃手として先発出場 ※史上389人目
1000本安打:2004年6月23日、対横浜ベイスターズ12回戦(明治神宮野球場)、8回裏にデニー友利から中前安打 ※史上221人目
1500本安打:2008年6月15日、対北海道日本ハムファイターズ4回戦(札幌ドーム)、5回表にライアン・グリンから中前安打 ※史上97人目(ヤクルトでは4人目)
1500試合:2008年6月28日、対阪神タイガース10回戦(秋田県立野球場)、2番・三塁手として先発出場 ※史上159人目(ヤクルトでは7人目)
連続遊撃手守備機会無失策
シーズン最多犠打:67(2001年)

オールスター・国際大会
オールスターゲーム出場4度(02年・03年・07年・08年)
2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表
2008年北京オリンピック野球日本代表




>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.