SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

城石憲之

城石 憲之(しろいし のりゆき、1973年4月17日 - )
埼玉県さいたま市大宮区出身の元プロ野球選手(内野手)。
現在は東京ヤクルトスワローズの1軍守備走塁コーチ。
夫人はテレビ東京アナウンサーの大橋未歩。元フリーターという異色の経歴を持つ。2005年から2008年までのヤクルト選手会長。



来歴・人物

アマチュア時代
最初はサッカーを始めたが、リフティングがうまく出来ないと言う理由からソフトボールに転向する。
中学時代は軟式野球部に所属。
春日部共栄高校野球部時代に主将。6番または3番遊撃手のポジションで春の甲子園及び夏の甲子園に出場(夏の埼玉決勝では門倉健がエースの聖望学園高等学校を破る)。春1勝。高校通算7本塁打。
その後青山学院大学に進学(同級生に坪井智哉)1年次で中途退学。

プロ入り後
大学中退後、ガソリンスタンド従業員などのフリーター生活を送っていたが、1994年ドラフト5位で日本ハムファイターズに入団。背番号は54番。ちなみに同期入団には金村秀雄(曉)(現阪神)等。
当初ヤクルトの入団試験を受けているが、不合格となった末に日本ハムの試験に合格していた。
1997年、フレッシュオールスターゲーム出場。球団史上初のファーム日本選手権制覇に貢献。
1998年、パシフィック・リーグ開幕の前日に、脱税事件で出場停止処分を受けた宮本慎也に代わる遊撃手を捜していたヤクルトに、野口寿浩との交換トレードで移籍。背番号は28。宮本復帰後は主に二塁手として活躍。
1999年4月2日の横浜ベイスターズ戦(横浜スタジアム)、土橋勝征の故障により8番二塁手で初の開幕スタメンを果たす。
2001年背番号を00番に変更。内野手の控えとしてヤクルトの優勝に貢献(同年の日本シリーズは出場機会皆無)。
2002年、背番号を10番に変更。2度目の開幕スタメン(セカンド)をつかむも4月末に左ひじを脱臼、長期離脱を余儀なくされる。この時の脱臼の後遺症で、左肘は今でもまっすぐに伸ばせない。しかし、自己最高の8本塁打を記録。
2003年6月1日、千葉マリンスタジアムでの中日ドラゴンズ戦(ヤクルト主催)で、2-3の1点ビハインドの9回裏2アウト満塁から自身の途中で止めたバットがなんと逆転サヨナラタイムリーとなり4X-3で勝ちを収め、ヒーローに。
2005年は土橋から二塁手のレギュラーを奪って自己最多の130試合に出場し、92安打2本塁打、打率.256とまずまずの成績を残した。シーズン終了後、選手会長に就任。
2006年は出遅れたが、宮本が抜けた8月から遊撃手として堅実な守備を見せた。
2007年は腰痛により開幕二軍スタート。漸く4月末に昇格し、本塁打を放つなど打撃好調だったが、直後に帯状疱疹により絶対安静となってリタイアするなど不運が続いた。
2008年は田中浩康が前年に続いて活躍したことや、移籍してきた川島慶三が頭角を現したこともありスタメン出場が激減、前半戦は主に畠山和洋三塁手の守備固めで出場した。後半戦は腰痛で離脱。打撃も打率.048に終わるなど苦しんだ。
2009年は腰痛に悩みながらも、二軍で3割以上を記録。しかし右ひじ痛も重なり、体の限界を感じ、10月2日、現役引退を表明した。10月13日のシーズン最終戦で花田真人と共に引退試合が行われ、1点を追う8回に代打で出場、巨人の越智大祐から左中間を抜けるツーベースを放ちチームの逆転勝利に貢献した。10月28日に1軍守備走塁コーチに就任することが発表された。

エピソード
父親はかつて北関東でも有数の事務用品卸の会社を経営していた。この父親が野球好きであったことから、城石の野球人生は始まったと言われている。
かつての監督でありチームメイトでもあった古田敦也とは血縁ではないが遠縁の親戚にあたる(古田の母方のいとこと、城石の父方のいとこが夫婦)。なお、大木凡人も親戚にあたる。
2006年12月16日、自身の公式ブログで、テレビ東京アナウンサー大橋未歩との結婚を発表。2007年1月1日、婚姻届を提出した。また、引退試合となった2009年10月12日の東京ヤクルトスワローズ最終戦の試合終了後の引退セレモニーで夫人である彼女から花束を受け取った。
古田敦也から、「おまえは野球センスあるし、性格もいい、ただ自分のことしか見ない傾向がある」といわれ、周りに気配りができるようになれば、もっといい選手になれると言われたことがあったと言う。この言葉により、広い視野で物事を見るようになり、大きく自分が変わるきっかけになったという。選手会長に就任した時には、古くから城石を知る選手からは、「おまえはそういうのには、一番向かないタイプだと思っていた」とよく言われたという。

プレースタイル
三振が多く確実性で劣るが、2002年~2007年まで毎年本塁打を放つなど意外性のある打撃を見せた。
打力で勝る宮本や土橋、土橋引退後は田中浩康とポジションを争うことになりレギュラーの座は掴めなかった。しかし二塁手・三塁手・遊撃手をこなせるユーティリティーで堅実な守備力は一定の評価を得ており、2005年から3年連続でこの3ポジション全てで起用された。
2008年3月29日の読売ジャイアンツ戦ではプロ入り後初めて一塁手の守備にも就いた。また同年、一軍の捕手が2人体制であることを受け、緊急時のために捕手としての守備練習も行っていた(球団公式サイトのフォトギャラリーより)。守備固め・緊急時の代役としては存在感を示した。

背番号
54 (1995年 - 1997年)
28 (1998年 - 2000年)
00 (2001年)
10 (2002年 - 2009年)
87 (2010年 - )

個人記録
初出場:1995年10月3日、対西武ライオンズ25回戦(西武ライオンズ球場)
初安打:1995年10月4日、対西武ライオンズ26回戦(西武ライオンズ球場)、6回表に杉山賢人から
初打点:1998年9月13日、対広島東洋カープ27回戦(広島市民球場)、2回表に黒田博樹から
初本塁打:1998年9月15日、対中日ドラゴンズ23回戦(明治神宮野球場)、5回裏に門倉健から




>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.