SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

五十嵐亮太

五十嵐 亮太(いがらし りょうた、1979年5月28日 - )
東京ヤクルトスワローズに所属するプロ野球選手(投手)。


来歴・人物

アマチュア時代
柏井ジャガースで軟式野球を始め、その後千葉北のリトル・シニアに所属。中学時代までは一塁手として活躍していた。

敬愛学園高進学後、五十嵐の鉄砲肩を見抜いた監督が、投手をさせたことで才能が開花。県内屈指の豪腕投手と呼ばれるまでに評価を上げた。しかし高3の夏の最後のマウンドは体調不良により前日に点滴を打ちながらの登板であったため、本来の力が発揮できなかった。当時の敬愛学園は五十嵐のワンマンチームだったこともあり、成績を残せないまま高校を卒業することになった。

その後、複数の日本球界からの誘いがあったが、1997年のドラフト会議でヤクルトスワローズから2位で指名を受け、入団した。

プロ入り後
1998年
1年目は体力作りとして登板無しに終わる選手も多いチームにおいて、ファームで10試合に登板。二軍ながら30奪三振を記録して注目を集めた。ファーム日本選手権でMVP獲得。

1999年
開幕こそ二軍で迎えたが、廣田浩章の降格に伴って4月20日に一軍初昇格。その日の対中日戦、12回表同点の場面で初登板したが、制球を乱して敗戦投手となってしまった。しかしその後も故障者の多い投手事情もあって一軍に残留。5月27日の対横浜戦では、7回表から登板して1回を無失点に抑えると、その裏にチームが3点を取って逆転し、プロ入り初勝利をマークした。その後6月末には二軍に落ちたが、8月に復帰。終盤戦では最速154km/hの速球が買われ、徐々に接戦での登板も増加。四死球が課題とされたが、中継ぎのみで最終的に6勝をマークする活躍を見せた。

2000年
前年の活躍を受け、自身初の開幕一軍スタート。チームは開幕6戦で1勝5敗とスタートダッシュに失敗していたが、4月だけで3勝1敗の五十嵐の活躍を受けて徐々に持ち直した。一時は五十嵐が投げると勝てる、とまで言われ、リリーフのみでオールスター前だけで11勝を記録。ハーラーダービートップを走り、監督推薦で自身初のオールスターゲームにも出場した。しかし8月8日の試合でマメが潰れ、二軍降格。復帰後は勝ち星を挙げることが出来ず、最多勝は14勝のメルビン・バンチに譲った。オフには活躍が評価され、古田敦也と共に最優秀バッテリー賞に選ばれている。

2001年
前年の活躍から期待されたが、キャンプ中に全治1ヶ月の肉離れを発症。3月に復帰して開幕こそ一軍に間に合わせたが、5月にも右肘痛を発症して二軍に降格。復帰は7月半ばまでずれこみ、チームが優勝する中、波に乗り切れない一年となってしまった。それでも41試合に登板し、防御率は自己最高の2.59と、終盤のチームを支えている。対近鉄戦の日本シリーズにも第2戦8回裏同点の場面で登板したが、ローズに3点本塁打を打たれて敗戦投手となり、以降の試合には出場しなかった。

2002年
ファンからの公募により、同僚の石井弘寿と共にロケットボーイズの愛称が付いた。シーズンでは不動のセットアッパーとしてチームに貢献し、自身初めて開幕からシーズン終了まで一軍で過ごしている。7月には監督推薦で自身2度目のオールスターゲームに出場し、速球勝負でも話題を集めた。最終的には64試合に登板し、中継ぎのみで8勝をマークした他、防御率は2.08と自己最高の成績を残した。

2003年
故障者の多い投手陣の中、前年に続いて開幕から一年間一軍に定着。監督推薦で3度目のオールスターゲーム出場を果たした。2年連続60試合登板となる66試合に登板し、7回・8回を抑える勝利の方程式の一翼を担った。

2004年
前年抑えを勤めた石井弘の故障もあって、4月からストッパーに就任。6月3日の対阪神戦で、今岡誠に対して自己最速、かつ当時日本最速記録ともなった、158km/hをマーク。史上初のストライキが解除された後、最初の試合となった9月20日にも、阪神戦で矢野輝弘に対し、3球連続を含む計4球158km/hを計測し、「速球王」の称号を手にした。この最速記録は2005年5月11日に、マーク・クルーン(現巨人)が159km/hを出して破られたが、2008年4月現在でも、日本人選手では最速記録である。因みに、この年のオープン戦からシーズン終了までの全登板時の最速記録の平均をとると、154.5km/hであった。

7月にはファン投票1位に選ばれ、自身4度目のオールスターゲームに出場。最終的には5勝3敗37セーブという成績で最多セーブ投手に輝いている。

2005年
2年続けてのストッパーを期待されていたが、開幕前に大腿部を故障。開幕には間に合わせたものの不振をかこち、4月半ばには2001年以来の二軍降格も経験した。怪我や不調もあって成績はいまいちだったものの、2年連続ファン投票1位に選ばれて5度目のオールスターに出場している。最終的には49試合に登板したが、4年連続の60試合登板はならなかった。

2006年
この年も抑えを期待され、開幕の対阪神戦でセーブを記録した。しかし成績が安定せず、6月半ばには二軍降格。8月に復帰したものの、9月18日の試合を最後に一軍登録を抹消された。

その後精密検査を受けた際に、右肘靭帯断裂が発覚。オフにトミー・ジョン手術を受ける。この手術のリハビリの影響で、2007年シーズンの復帰が絶望的であることを11月12日の選手会主催イベントで発表した。

2007年
一年間をリハビリに費やし、実戦登板は一軍二軍共に公式戦では出来なかった。10月にフェニックスリーグで復帰登板を果たしている。

2008年
キャンプ・オープン戦共に順調に過ごし、開幕戦の3月28日対巨人戦9回表に登板。球速も154km/hを記録し、一年半ぶりの公式戦登板を無失点で切り抜けた。しかしその試合で全治3週間の肉離れを発症し、一時戦線離脱。4月29日に再登録されると、以降は接戦・勝ち試合での起用が増え、9月20日の横浜戦(神宮)では復帰後最速の157km/hをマークし、自身としては約2年半ぶりのセーブをあげた。トミー・ジョン手術を受けた投手の中には後遺症や長期の療養により球速が落ちてしまうケースも見られるが、持ち前のガッツで術前と同等の球速まで回復できている。なおこの年は、四死球も非常に少なく以前に見られた自滅するということは殆どなく、安定感のある投球が目立った。

8月2日にはフリーエージェント(FA)権の取得条件を満たした。11年目で初取得となった五十嵐はこの日「取得できたことはうれしい。シーズンが終わってからゆっくり考えたい」と行使に関する言及は避けている。

2009年
去年同様林昌勇に繋ぐ8回のセットアッパーとして開幕。シーズン中に林昌勇が作った20試合連続無失点の球団記録を更新して21試合連続無失点とした。8月29日の中日戦でプロ通算500試合登板を記録するも、バント処理の際に腰痛を発症し、翌日登録抹消となった。シーズン終盤は疲労からか、打ち込まれることや四球を出す試合が多くなり、最終的には56試合に登板し2勝3敗2S防御率3.19という成績を残した。11月9日、FA権を行使してメジャーリーグに挑戦することを正式に表明した

エピソード

プレイスタイル
同じく速球投手であるロジャー・クレメンスを範とする。MAX158km/hと抜群のスピードを誇る直球を武器に、セ・リーグの速球王として人気を博す。同僚の石井弘寿とともに、速球にちなんだ「ロケットボーイズ」の愛称で呼ばれる。また勝ち運に恵まれたシーズンが多く、公式HPでは「勝利の女神が惚れた男」というキャッチフレーズを付けられたこともある。

2004年以前は「分かっていても打てない」と評価された速球を武器に、稀にフォークボールなどを交えて投球を組み立てていた。四死球や暴投も多いが、被安打が少なく奪三振が多いため、安定感をもたらしていた。

担いで投げるような独特のピッチングフォームである。敢えて腕を畳んだまま最小の半径で腕を振ることが、爆発的な速球を生み出す源になる。理論的には、フィギュアスケートで腕を縮めるとスピンの回転が速くなるのと同じという。反面、腕にかかる負担は大きい。

2005年の開幕前の大腿部の故障によるフォームの乱れや、2006年の靭帯断裂の影響もあって、自慢の快速球が鳴りを潜めるシーズンもあった。この時期には、直球を見せ球にし、フォークで勝負するスタイルになっていた。大腿部の故障は、速球を投げる為にかかる負担が他の投手よりも大きかったためと診断されており、前述のクルーンも同様の故障で苦しんでいる。


家族・交流
叔父が北海道夕張工業高等学校の投手、父親が北海道夕張南高等学校のアルペン国体選手というスポーツ一家に生まれる。母親はヤクルトの監督を務めた若松勉と留萌中学校の同窓。

妻は横浜ベイスターズのマスコットガールをしていた。2人の間には2003年と2007年に生まれた娘がいる。

メジャー移籍を口にする選手も多い中、ブログ・インタビューなどで度々チームや日本野球への愛着を述べていて、メジャー移籍願望を否定していたが、(国内)FA権を取得した時は、将来メジャー移籍も選択肢のひとつと語った。

アイドル歌手グループSMAPの木村拓哉に顔が似ているとされ、『球界のキムタク』という異名を持つ。ジャンクスポーツに出演した時には、嫁と買い物に行ってエスカレーターですれ違うときに、(横にいるのが)「静香(工藤静香)じゃない!」と言われたともあったと語って言る。ただ、本人は常に似ていないと言っている。SMAP×SMAPに古田敦也と共に出演した後、実際に木村拓哉と対面も果たしている。

スワローズマン
2008年のシーズンオフに、”五十嵐の親友”を名乗る謎の覆面男「スワローズマン」が出現した。オフの間、五十嵐のトレーニングを手伝うつもりで北海道の留萌からやって来たという。これは、覆面レスラーU.M.Aからプレゼントされたスワローズデザインのマスクを2007年のファン感謝デーにかぶって登場したことから誕生したキャラクターで、どこからどう見ても五十嵐本人である。

なお、スワローズマンはブログを開設している。

個人記録
初登板:1999年4月20日中日戦(神宮) 12回より登板、1/3回3失点 被安打1 奪三振1 四死球2
初勝利:1999年5月27日横浜戦(神宮) 7回より登板、1回無失点 被安打0 奪三振0 四死球0
初セーブ:1999年10月3日広島戦(広島) 8回より登板、2回無失点 被安打1 奪三振0 四死球0

タイトル
最優秀バッテリー賞1回(2000年、14歳上の古田と。同受賞バッテリーでは史上最大の年の差)
最多セーブ投手1回(2004年)

背番号
53 (1998年 - )




>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.