SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

木田優夫

木田 優夫(きだ まさお、1968年9月12日 - )
東京ヤクルトスワローズに所属するプロ野球選手(投手)。
五十嵐章人(現福岡ソフトバンクホークス二軍コーチ)は従兄にあたる(木田の父と五十嵐の父が兄弟)。



来歴・人物
国分寺五中では関東代表として台湾に遠征。日本大学明誠高等学校を経て1986年にドラフト1位で読売ジャイアンツに入団(亜大-近鉄の阿波野秀幸のはずれ1位)。最速156キロの速球派の先発投手として活躍し、1990年には12勝を挙げてセ・リーグ最多奪三振投手となり(ただし、当時、奪三振はセントラル野球連盟の表彰対象ではなかった)、オールスターゲームにも監督推薦で出場した。1997年に右ヒジを手術し同年オフ野村貴仁とのトレードでオリックス・ブルーウェーブに移籍し、抑え投手として16セーブを記録。

1998年オフにFA権を行使してデトロイト・タイガースに入団。日本人8人目のメジャーリーガーとなった。3A降格を機に2000年6月にオリックスで日本球界に復帰。2001年に自由契約となり、数球団の入団テストを受けるも不合格。腰痛治療のため2002年は球団に所属せず。

2003年にロサンゼルス・ドジャースに入団、2003年3月には交通事故により全治6週間の重傷を負うも同年8月にはメジャーに昇格した。2004年9月にシアトル・マリナーズに移籍。2005年はメジャーでは1試合しか登板できず自由契約となり、同年オフ、古田敦也新監督の意向もあり東京ヤクルトスワローズに入団する。

2006年は中継ぎで活躍し、56試合に登板してリーグ4位となる23ホールドを挙げる。また、監督推薦で16年ぶり2回目のオールスターゲーム出場に出場(16年間のブランクは歴代最長記録)。2007年も2年連続となる50試合以上登板を果たすが、翌2008年は開幕から1軍に入れず。2軍では先発としての起用が主だったこともあり、交流戦明けの7月に先発として1軍昇格の話もあったが、結局1軍合流は8月下旬までずれ込み、19試合の登板に留まった。

2009年はオープン戦で先発で好投をし、プロ入り後初めて先発ローテーションに入り、5番手として4月8日の中日戦で自身11年ぶりの先発試合で5回3失点で白星を挙げた。5月以降はリリーフに回るも、防御率5.55と打ち込まれ、2度の2軍降格。9月28日に来季の構想からはずれた報道され、10月1日、自身のブログで今季限りでヤクルトを退団することを伝えた。

選手活動のかたわら、メジャーリーグにも在籍した経験を生かして、様々なファンサービスに取り組む。神宮球場やロサンゼルスで子供達への野球教室を開き、また私財を投じてスワローズクラブハウス前にファン用テントを設置したり、約100万円をかけ、2008年の開幕戦の広告を外装した都営バス1台の運行を手配するなど、発想に富んだ活動でファン獲得に貢献している

エピソード
高校球児時代は甲子園大会に出場経験はなく、無名の高校生だった。ドラフトで巨人の1位指名を受けたが、ドラフト会議の直前に占い師に「あなたはもうじき日本全国に名前が知れ渡るだろう」と言われており、その占いが的中したと本当に驚いたのだという。
趣味は漫画を描くことで、中学時代には美術部に所属していた。巨人時代は『月刊ジャイアンツ』に似顔絵のコーナーを持っていたこともあり、他には東京ドームで個展を開いたことや、日本テレビの『ズームイン!!サタデー』で「木田画伯展」というものを放送したこともある。またデトロイト・タイガース所属時代日本航空機内放送番組に出演した際にも、当時のラリー・パリッシュ監督はじめチームメイト数人のイラストを披露している。
2006年シーズン終了時現在、巨人の日本人投球最速記録(156km/h)を持っている。
投手ではあるが打撃も良く、通算3本の本塁打を放っている(実際、1990年4月8日のヤクルト戦で8回から登板して5イニングを抑え自らサヨナラアーチを放った。※プロ入初ヒット)。巨人時代には長打力がチームで5本の指に入るとコーチが言ったこともある。
世界でも稀な、サイドスローでフォークを投げる投手の一人である。木田によると、投げるときに親指の位置を微妙にずらすことで右に落ちるフォークと左に落ちるフォークを使い分けているという。
1997年オフ、オリックスにトレードになった際、槙原寛己ただ1人しか見送りに来てくれなかったという。後に木田はテレビ番組で、「槙原さんしか見送りに来てくれず、巨人はひどい所でした」と語った。
ユーモアあふれる性格で知られ、多くのテレビ番組にも出演する。
村上ショージに弟子入りしており、明石家さんまは大師匠になる(実際は村上はさんまの弟子ではない)。毎年、『明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー』にレギュラー出演している。
デトロイト・タイガースの入団会見では羽織袴姿で登場し、「ロボコップに会えなくて残念(映画の舞台がデトロイト)」とジョークを飛ばして報道陣の笑いを誘った。このジョークの原案は先輩の槙原寛己だと後に明かした。
アメリカでの愛称は名字をひっくり返した「ダーキー」。オリックス復帰当時はさんまが『明石家マンション物語』に出演していたこともあって、その中の人気コーナー「ダメダメボーイズ」の決め台詞と合わせた「DAKYXX(ダーキー・ダメダメ)」グッズが発売された。
従兄の五十嵐章人とは『痛快!明石家電視台』に「クイズ!パァちゃいまんねん ペアでんねん」で共演したことがある。
マイナー時代は、野球だけじゃなく生活面でも苦労し、その苦労により白髪も増えたといい、日本やメジャーにいる時の3倍の速さで年を取ると語っていた。
(ヤクルト移籍1年目の)2006年1月8日に東京・目黒で新春恒例となっている後援会主催の激励会に出席した際に、「(古巣の)巨人じゃ球界を変えられない」とコメントした。
週刊誌をいつも買ってきてロッカーに入れていて、他の選手が借りて読んでいる。それを宮本慎也が「紀伊國屋(きのくにや)」をもじって「キダクニヤ」とあだ名を付けている。(『あっぱれさんま大教授』)
ホテル暮らしをしている。理由は家に帰っても1人だし、ホテルだと受付の人から「お帰りなさいませ」と言われるのが癒されるから。(『あっぱれさんま大教授』)
すぽるとに「今日のナゲキ」というコーナーでキャンプ情報に毎回出演していた。(2009年)

獲得タイトル・記録
オールスター出場2回(1990年、2006年)
最多奪三振1回(1990年)※当時はタイトルではない

背番号
47 (1987年 - 1992年)
19 (1993年 - 1998年)
20 (1999年)
11 (2000年 - 2001年)
41 (2006年)
42 (2007年 - 2009年)




>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.