SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

赤星憲広

赤星 憲広(あかほし のりひろ、1976年4月10日 - )
阪神タイガース所属のプロ野球選手(外野手)。2006年から阪神の選手会長を務めている。
俊足を生かした盗塁技術や広い守備範囲で高い評価を得ている。
名前にちなんだ「レッドスター」や「赤い彗星」の愛称でファンの人気を集めており、打席に立つと、スタンドで赤い星「★」のボードを掲げるファンもよく見られる。


経歴

プロ入り前
愛知県刈谷市出身。小学校時代はサッカーをしており、フォワードとして愛知県選抜に選ばれたこともある。野球は中日ドラゴンズ、特に星野仙一の大ファンで、小学6年時に父が監督をしている地元少年野球チームで野球を始めた。当時から身体が小さく、野球部に所属していた中学時代に野球を止めようかと考えたこともあったが、足を活かすために左打ちに変えて内野安打が増えた。

大府高校では1番を打ち、赤星が出塁すると2番打者はバットを振らずに赤星の二盗、三盗が成功するのを待ち、その後スクイズを行うという独特の戦法で2年春には二塁手として第65回選抜高等学校野球大会に同校12年ぶりとなる出場に貢献。大会では佐藤誠を擁する駒大岩見沢高校と対戦し、自身の逆転2点タイムリーエラーもあって初戦敗退。翌年は遊撃手として2年連続で第66回選抜高等学校野球大会に出場し、矢野英司・斉藤宜之・紀田彰一・多村仁・横山道哉らを擁する横浜高校と対戦したが、初回にタイムリーエラーとなる悪送球を犯し、2年連続で初戦敗退に終わった。高校通算16本塁打。中学・高校時代は同じ右投げ左打ちの小柄な遊撃手である立浪和義が等身大の目標だった。

高校卒業後は地元の大学で教員免許を取りたいと考え中京大学を受験するも不合格となり、教員免許を取得できる東都大学野球連盟所属の亜細亜大学から勧誘があったことから亜大に進学、2年時の明治神宮野球大会では三塁手として出場したが、ここでもタイムリーエラーを犯してチームも0対1で敗退した。3年時に外野手へコンバートされ、4年秋には3試合連続本塁打を記録するなど長打力も身に付け、明治神宮大会で優勝する。東都大学1部リーグ通算78試合出場、219打数61安打、打率.279、3本塁打、27打点。ベストナイン3回、野村謙二郎の52盗塁、鈴木香の51盗塁に次ぐリーグ歴代3位の通算45盗塁を記録。ドラフト候補にも挙がったが指名はなく、社会人野球のJR東日本に入社。第70回都市対抗野球大会では東京ドームの白い屋根の中にボールを見失い、平凡な飛球を三塁打にしてしまいチームも初戦敗退した。

2000年春にシドニーオリンピック野球日本代表候補として千葉ロッテマリーンズのキャンプに参加し、日本代表に選出される。プロとアマチュアの混成チームだったため中心選手ではなかったが、相手投手の牽制球の癖を見抜く眼力を生かしてベースコーチや代走として活躍した。キャンプに参加した際は打撃の非力さが顕著で、当時ロッテの主軸打者だった初芝清は引退後に当時の様子を「打撃練習で打球がケージから出ない」とラジオで語った。

五輪後、直接スカウトとして視察していた当時阪神監督の野村克也の目に止まり、当初阪神スカウト陣はノーマークだったものの、野村監督の鶴の一声で秋のドラフト会議で阪神から4位指名を受け入団。「ホームランバッターがいないなら足で稼ぐ。あの足は戦力になる」と監督から期待を寄せられる。同年まで中堅手のレギュラーだった新庄剛志のFA移籍が決まっていたため、入団会見では「新庄さんの穴を少しでも埋められるよう頑張ります」と言おうとしたところ、緊張のためか「新庄さんの穴は僕が埋めます!」と豪語し、翌日のスポーツ新聞では1位指名の藤田太陽以上の話題となった。

背番号は2か26を希望していたが53番となり、当初は「俺はゴミ (53) か、誤算か」と嘆いたが、53盗塁達成を目標に設定し、盗塁王を狙うと気持ちを切り替えた。

プロ入り後
2001年は野村監督が俊足選手を「F1セブン」と命名し、話題を呼んだ。赤星はその「1号車」で、以下は藤本敦士(2号車)、沖原佳典(3号車)、上坂太一郎(4号車)、平下晃司(5号車)、松田匡司(6号車)、高波文一(7号車)。しかし、キャンプ時には打撃に課題があり打球が内野の頭を越えないレベルで、後に濱中治は「あの赤星さんがプロで活躍できるなんて、失礼ながら全く思いませんでした」と語った、自身もプロのレベルに驚き心配になったというが野村監督に「自分の教えたようにやれば使える」と言われ、5月にはレギュラーの座を獲得。その後は2番打者に定着し、1番上坂、3番濱中の3人で平成の新少年隊(この名前は定着しなかった)を結成し活躍。新人歴代4位となる39盗塁で、球団史上1956年の吉田義男以来45年ぶり、阪神入団1年目の選手としては1944年の呉昌征以来となる盗塁王に輝き新人王も受賞。盗塁王と新人王のダブル受賞は史上初の快挙。また、ゴールデングラブ賞も受賞した。

2002年は星野仙一新監督の下で好調なスタートを切ったが、自打球が右膝に当たって骨折し、前半戦をほぼ欠場。78試合出場で26盗塁を記録するも、打率は2割5分台に低迷し成績を大きく下げた。しかし盗塁王を争っていた仁志敏久や荒木雅博なども揃って故障し規定打席不足だったこともあり、2年連続で盗塁王を獲得した。

2003年に金本知憲がFAで広島東洋カープから移籍。キャンプ中、星野監督は事あるごとに「赤星は(金本、桧山進次郎、濱中に次ぐ)4番目の外野手」「打撃は赤星より濱中の方が上。このままならばセンターは濱中だ」と発言し赤星を発奮させた。もっとも実際には赤星のレギュラーは確定しており、田淵幸一ヘッドコーチの発案で「1番今岡誠・2番赤星・3番金本」の打順も早い段階で決まっていた。3番金本が赤星の盗塁をアシストしたこともあり、61盗塁と大幅に数を増やして3年連続となる盗塁王を獲得、初の打率3割も記録。さらに規定打席到達者の中で唯一守備率10割の日本タイ記録を樹立し、2年ぶりのゴールデングラブ賞も受賞。チーム18年ぶりの優勝が決まった9月15日に行なわれた広島戦では、ライトオーバーのサヨナラ打を放った。また、同年はオールスターにもファン投票により初出場を果たした。しかし、福岡ダイエーホークスとの日本シリーズ第1戦でフリオ・ズレータのサヨナラ安打にダイビングキャッチを試みて右手を負傷。それが遠因でシリーズでは不調に喘ぎ、メンバーに選ばれていたアテネオリンピックアジア予選も出場を辞退した。

2004年は岡田彰布新監督の下、自己最多記録を更新する64盗塁で4年連続で盗塁王を獲得、2年連続で打率3割も記録。同年の日米野球では7盗塁を決めるなど大活躍し、ボストン・レッドソックスのデイヴィッド・オルティズに「スーツケースに入れて連れて帰りたい」と言わしめた。

2005年は4月21日の読売ジャイアンツ戦で通算200盗塁を達成。4月の月間MVPにも選出。6月の交流戦で肋骨3本を折る重傷を負ったが、翌日の試合を休んただけで試合に復帰。オールスターにも2度目の出場を果たし、2年ぶりのチーム優勝に貢献。10月1日の東京ヤクルトスワローズ戦では福本豊以来2人目となる3年連続60盗塁で通算250盗塁を達成、さらにリーグ史上初の5年連続盗塁王を獲得。イチローを抜く年間単打165のプロ野球新記録も樹立したが、阪神の全試合終了後に首位打者の青木宣親が169まで記録を更新した。

2006年は2年連続でオールスターに出場したものの、足の怪我の影響もあって盗塁数が激減し、盗塁王は青木に明け渡した。打撃も打率、出塁率共に骨折した2002年に次いで低い数字に終わり、規定打席到達者の中で本塁打、打点、長打率がリーグワーストを記録。オフに背番号変更を打診されるが固辞した。

2007年は濱中治に加え、故障で前年は活躍できなかった今岡誠が復帰し、中軸を打てる打者が充実したために、前年に15本塁打を放った鳥谷敬を「大型1番打者」として起用することになり、自身は2番を担当。開幕から好調だったが、5月4日の広島戦(阪神甲子園球場)でダイビングキャッチを試みた際、持病の頸椎椎間板ヘルニアを再発させ、一時期一軍登録を抹消された。復帰後は相手先発投手に左投手が予想される際などは濱中らにスタメンを譲ることも多かった。7月25日の対中日戦(ナゴヤドーム)で通算300盗塁達成、9月14日の対中日戦(甲子園)で球団最速記録となる7年目での通算1000本安打を達成。盗塁王は逃したものの、2年ぶりの打率3割を記録。また、東出輝裕とともに、2年連続で規定打席に到達して本塁打がなく、今久留主淳・日下隆・石原照夫・和田豊・村松有人・武藤孝司に続いて7、8人目の記録となった。

2008年は持病から来る首痛の影響を軽減するため、首回りを強化。チームの走塁改革を課題としていた岡田監督は早々と2年ぶりに赤星1番構想を打ち出した。開幕から1番打者として活躍し、2番平野恵一とのコンビはチームのスタートダッシュの原動力になった。9月22日に2,089打席無本塁打のプロ野球新記録を樹立。結局この年も本塁打は出ず、3年連続で規定打席に達して本塁打0だった(東出とともにプロ野球新記録)が、自己最高となる打率.317、出塁率.398、リーグ最多の94得点に出塁率と共にリーグ3位の四球数を記録して1番打者の仕事を果たした。規定打席に達しての本塁打0を4度(2004、2006、2007、2008年)記録したのは久慈照嘉に続いて2人目。福地寿樹に1つ届かず盗塁王は逃すが、41盗塁を記録して日本プロ野球歴代15位、現役選手では石井琢朗に次ぐ2位となる通算350盗塁となり、吉田義男の持つ球団記録に並んだ。持病と体調不良を抱えながらも全試合出場を達成。

2009年4月4日、開幕2試合目のヤクルト戦で球団新記録となる通算351盗塁を達成。5月13日、出場登録日数が8年に達し、国内移籍が可能となるFA権を取得するも、シーズンは相次ぐ怪我が原因で、91試合の出場にとどまった。


個人記録

初記録
初出場・初打席:2001年3月30日、対読売ジャイアンツ1回戦(東京ドーム)、9回表に川尻哲郎の代打として出場、條辺剛の前に凡打
初安打:2001年3月31日、対読売ジャイアンツ2回戦(東京ドーム) 、7回表に柏田貴史から三塁内野安打
初先発出場:2001年4月1日、対読売ジャイアンツ3回戦(東京ドーム)、1番・中堅手として先発出場
初盗塁:2001年4月3日、対広島東洋カープ1回戦(広島市民球場)、1回表に二盗(投手:鶴田泰、捕手:西山秀二)
初打点:同上、2回表に鶴田から適時打
初本塁打:2001年8月4日、対広島東洋カープ17回戦(広島市民球場)、5回表に長谷川昌幸から左越ソロ

節目の記録
200盗塁:2005年4月21日、対読売ジャイアンツ6回戦(東京ドーム)、6回表に二盗(投手:三木均、捕手:阿部慎之助) ※史上65人目
250盗塁:2005年10月1日、対ヤクルトスワローズ21回戦(明治神宮野球場)、8回表に二盗(投手:花田真人、捕手:米野智人) ※史上38人目
300盗塁:2007年7月25日、対中日ドラゴンズ12回戦(ナゴヤドーム)、1回表に二盗(投手:山本昌、捕手:谷繁元信) ※史上26人目
1000本安打:2007年9月14日、対中日ドラゴンズ20回戦(阪神甲子園球場)、8回裏に岡本真也から中前打 ※史上248人目
1000試合:2008年8月26日、対中日ドラゴンズ18回戦(阪神甲子園球場)、1番・中堅手として先発出場 ※史上428人目
350盗塁:2008年10月12日、対中日ドラゴンズ24回戦(スカイマークスタジアム)、7回裏に二盗(投手:吉見一起、捕手:谷繁元信) ※史上16人目
3年連続60盗塁(2003年 - 2005年) ※史上2人目
シーズン最多打席:689(2005年)歴代1位
シーズン単打:165(2005年)歴代2位

タイトル・表彰
盗塁王:5回(2001年 - 2005年)5年連続はセ・リーグ記録、日本記録は福本豊の13年連続
ベストナイン:2回(2003年、2005年)
ゴールデングラブ賞:6回(2001年、2003年 - 2006年、2008年)
オールスターゲーム出場:3回(2003年、2005年、2006年)
ゴールデンスピリット賞(2004年)

背番号
53 (2001年 - )

プレーの特徴
打球が左翼方向へ飛ぶことが多いので、相手チームが三塁線寄りの前進守備シフトを敷く傾向があり、特に2006年はこの場面が多かった。

俊足とチームバッティングの証拠として併殺打が少なく、ほとんどの年で年間併殺打を5個以下に収めている。2003年のみ15個と極端に多いが、これは打撃を重視して足の遅い今岡が1番に起用され赤星が2番を打っていたため。

2009年シーズン終了時点で通算3本と本塁打を打つことは滅多にないが、2005年6月12日には甲子園の右翼席に放っている。2001年は広島市民球場、2003年は明治神宮野球場と狭い球場で放ったものだった。なお、本塁打を放った3試合ともチームは敗戦している。濱中とレギュラー争いをしていた2003年は、高松でのオープン戦でバックスクリーンに2連発を放つなど長打力をアピールしていた時期もある。

2009年シーズン終了時点において、現役選手で通算300盗塁を達成しているのは赤星と石井琢朗(通算357盗塁)の2人だけである。

守備では当時の野村監督が「守備範囲だけなら新庄以上」と語った俊足を生かした広い守備範囲を誇る。また、捕ってから送球するまでのモーションが速くコントロールも正確な事から補殺は多く、2005・2006年には補殺数外野手リーグトップを記録した。これは新庄やアレックス・オチョアのような強肩外野手の場合は走者が進塁を自重するケースが多いが、赤星の場合は逆に弱肩なので走者が次の塁を狙うということも関係している。また果敢にダイビングキャッチを試みるが、前述のようにダイビングによって故障を招くことも多い。

2005年6月に肋骨を骨折しながらすぐに戦線復帰したのは前年に左手首の軟骨を損傷しても出場し続けた金本の影響があり、「金本さんの姿勢を見てレギュラーとして試合に出続ける意味を知った」と語り、2005年から金本同様にフルイニング出場にこだわるようになった。しかし同年は6月12日の北海道日本ハムファイターズ戦で途中交代をし、その後も持病の頸椎椎間板ヘルニアに配慮していることもありシーズンフルイニング出場は未達成。

人物
社会福祉活動に熱心であり、「ハンディキャップのある人でも球場に来て野球を観戦してほしい」との思いから、そのシーズンで記録した盗塁と同じ数の車椅子を寄付するという活動を毎年行っている。2004年は、64盗塁で64台+盗塁王タイトル分で電動リクライニング機能付きの計65台の赤い車椅子を寄付しており、その功績が認められて社会福祉活動に貢献したプロ野球選手に贈られるゴールデンスピリット賞を受賞した。しかし、2007年4月に寄贈した車椅子がインターネットオークションに出されるという事件が起き、「どのような経緯で出品されたかはわからないが、人としてすることではない。許せない」とコメントした。なお、抗議が殺到したため出品は取り下げられ取引は成立していない。

2006年より今岡の後を引き継いで選手会長に就任したが、同年5月、球団の親会社である阪神電気鉄道が大株主の村上ファンドから取締役選任を要求された。これが通れば球団の先行きもどうなるか不透明な状況で、「村上さんはファンの事を考えていないと思う。お金儲けの事しか考えていないような人に球団を持って欲しくない」と厳しく批判した。

ファンサービスに積極的に取り組んでいる一方で、「駅のホームでサインに応じている時に背後から来た女性ファンにハサミで髪の毛を切られそうになった」「シーズン中、試合終了後に十数回も車で尾行された」といった自身の経験から、一部の過熱したファンにマナーを守るよう訴えてもいる。

2005年に自らが理事長となり、少年野球チーム「レッドスターベースボールクラブ」を設立。

真面目で熱血漢のイメージとは裏腹に、2005年のリーグ優勝祝勝会にレイザーラモンHGのコスチュームで登場する(HG本人の了承済み)といった、ユーモアのある面も持ち合わせている。

フィールド内外での活躍によりチームでも屈指の人気選手であるが、未だに独身である。そのためか女性からの人気が高く、自らの公式サイトで「最近不眠症に悩んでいる」と書いたところ、女性ファンから「添い寝してあげたい」というメッセージが多数寄せられたほどである。また、毎日放送「いざゆけ八木裕!」に出演した際、ファンからのプレゼントとして記名・押印がされた婚姻届が届いたことがあるとも語っている。

高校時代に視力0.3と近視になったためにコンタクトレンズを着用している。眼の健康には気を遣っているようで、カメラマンにあまりフラッシュを焚かないよう頼んでいる。

小学校時代にやっていたサッカーは、2005年にサッカー好きの同僚である井川慶とともにガンバ大阪を応援していた。

球場でのファンの野次に怒りを表わすこともしばしば見受けられる。



>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.