SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

石井琢朗

石井 琢朗(いしい たくろう、本名:石井 忠徳(いしい ただのり)、1970年8月25日 - )
広島東洋カープに所属するプロ野球選手(内野手)。栃木県佐野市出身。
プロ入り当時は投手だったが、野手に転向後は俊足を生かし、過去4度の盗塁王を獲得した。
日本プロ野球での遊撃手最多試合出場記録保持者。




経歴
小学校3年生から野球を始める。高校は県立足利工高に在学。2年時に夏の甲子園に投手として出場。1988年、スカウトの江尻亮に見出されドラフト外で横浜大洋ホエールズに入団した。入団当初は投手としてプレー、1年目の4月13日、広島東洋カープ戦で一軍初出場。この年には初安打を放ち、同じく高卒ルーキーだった谷繁元信とバッテリーを組んだ試合で初勝利を記録した。石井は3年目の1991年まで投手としてプレーし、3年間で1勝4敗、防御率5.69、23奪三振を記録した。

翌年の1992年から内野手に転向し、同時に登録名を石井琢朗に変更。シーズン後半には、転向1年目にして清水義之から三塁手の定位置を奪った。1993年にチーム名が横浜ベイスターズに変更されたのを機に背番号を0に変更。2番・三塁手として完全定着。盗塁王とゴールデングラブ賞三塁手部門のタイトルを獲得した。1994年には背番号を5に変更した。1995年はオールスターゲーム初出場。オールスターにはその後、1997年から5年連続出場することになった。1996年は新監督に就任した大矢明彦の内野コンバートにより、進藤達哉との入れ替えで三塁手から遊撃手に転向した。1997年は波留敏夫と入れ替わりで2番打者から1番に定着。守備ではベストナイン遊撃手部門獲得。2001年まで5年連続で獲得する事になる。1998年はマシンガン打線の1番打者としてチーム38年ぶりのリーグ優勝、日本一に貢献。ペナントレースでは、初の最多安打と2度目の盗塁王を獲得し、4度目のゴールデングラブ賞を受賞。同年の日本シリーズでは優秀選手に選ばれた。103得点で松井秀喜と並んで最多得点を獲得、球団創設49年目にして球団初の最多得点も記録した。1999年には通算1000本安打・1000試合達成・200盗塁達成。7月22日の対ヤクルトスワローズ戦で、1試合最多得点のセ・リーグ新記録となる6得点を記録、自身初の一試合2本塁打も記録した。2000年は盗塁王とベストナイン遊撃手部門を3年連続で獲得、2001年には2度目の最多安打を記録した。

2002年は140試合に出場したものの打率は8年ぶりに2割8分を下回った。2003年はさらに不調に陥り1992年以来の100安打未満を記録、打率.231は野手転向後では最悪の数字となり、レギュラー定着後初の2軍落ちも記録した。しかし、翌年の2004年は復活を果たし2001年と同じ.295の成績を残し、3度目の2桁本塁打も達成した。だが2005年は全146試合に1番ショートでスタメン起用され、フルイニング出場を果たしたものの、打率は.255と再び低迷した。2006年は5月11日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で、第1打席に愛敬尚史投手から中前安打を放ち史上34人目の2000本安打達成。名球会入りした。投手として勝ち星を挙げた選手としては川上哲治以来史上2人目の達成となった。またドラフト外での入団選手としては秋山幸二以来2人目だった。さらに8月12日の対ヤクルト戦で、石川雅規から安打を放ち松原誠の持つ球団安打記録2081本を塗り替えた。この年は打順こそ2番3番に回った試合もあったが、2年連続で全146試合フルイニング出場を果たす。最終的には自己最多タイの174安打を放ち、打率も2割8分台に乗せ再び復調を果たした。

2007年は前年オフに膝を手術したこともあり、この年監督に復帰した大矢明彦は石井を無理せず休ませると公言。4月1日の巨人戦の6回の守備で石川雄洋と交代し、連続フルイニング出場記録が当時の現役選手では金本知憲に続く2位の339試合で途切れた。9月5日に阪神甲子園球場で行われた阪神タイガース戦にて、1回表の第一打席で右手首に死球を受け、そのまま退場。翌日横浜に戻り、診察の結果骨折と判明し戦列を離れた。シーズン中の復帰は困難とも思われたが、9月中に戦列復帰を果たした。シーズン100安打は目前だったものの、結局2007年の安打数は99安打に止まり、4年連続・通算14度目のシーズン100安打達成とはならなかった。また、仁志敏久が1番に入ったことで石井の1番での出場は激減。主に2番を打つことが多かった。2008年は開幕戦から再び1番で起用されたが、成績が芳しくなかったため5月頃からは7~9番で起用されることが多くなった。夏場以降は若手起用の方針もありスタメンでの出場が激減し、シーズン終了間近に球団から戦力外通告を受けた。その後現役続行を希望して日本国内外を問わずに移籍先を探していたが、11月12日に広島東洋カープが石井の獲得を発表した。

広島1年目の2009年は開幕一軍でスタート。本職の遊撃手の他に守備固めでの三塁手起用もされる[3]。2009年7月4日、対横浜7回戦にて、慣れ親しんだ横浜スタジアムで通算100本塁打達成。2202試合目での達成は出場試合数で史上最遅の記録(従来の記録は東映・毒島章一の1773試合。またプロ在籍年数ではヤクルト・八重樫幸雄と並ぶ21年目で、最遅タイ)。2009年7月17日の対横浜戦に遊撃手として先発出場し、遊撃としての出場が通算1731試合となり、吉田義男(阪神)を抜き日本歴代最多となった。シーズン前半は梵英心、後半は小窪哲也と併用され、出場機会と打撃成績は前年を下回ったが、本拠地の内野が天然芝の広島でも堅実な守備は健在で一年を通して一軍でプレーした。

人物
登録名の琢朗は野手に転向する際に大成する字画を高校の先輩が考えて付けたもの。字画を整えるため本来は正字の琢(旁部分に点が打たれている)を使うのが正しいが、パソコン等では表示されないため新字を使われてしまうことが多い。
母からは「たーちゃん」と呼ばれている。
道具を大切に扱う選手として有名である(ミズノとアドバイザリー契約)。
酒はあまり強くない。
妻は元フジテレビアナウンサーの荒瀬詩織。2002年7月に長女が、2005年8月に二女が誕生した。前妻はアイドルグループCoCoの元メンバー瀬能あづさ(前妻瀬能との間に子供はいない)。
2000本安打達成の前日の試合で同点のまま延長に入り、延長11回の裏に2死満塁、ヒットを打てばサヨナラ安打で2000本安打の場面で打席が回ってきたが結果は押し出し四球であった(チームはサヨナラ勝ちをおさめている)。
2000本安打を達成した際、「投手時代の(打者として打ったヒット)3本はカウントして欲しくない」とコメントした。
2006年の正月、当時のチームメイトだった古木克明から「石井豚朗」と書き間違えた年賀状を送られたという。
また過去には、打席に立ったときに野次を飛ばすファンからわざと「豚朗」と叫ばれ、ずっと叫び続けられたことに怒りが収まらず三振を喫してしまったこともある。
2008年3月9日付朝日新聞に、出身地である栃木県佐野市の佐野松陽高校の生徒がいもフライをつかって町おこしに取り組んでるとの記事が紹介された。これに石井本人も一役買おうと意気込み、球団に働きかけた結果横浜スタジアム内レストランにて5月14日より販売が実現した。シーズン終了後にこのいもフライの売上金の一部が佐野市に寄付された。広島に移籍後の2009年にはMAZDA Zoom-Zoom スタジアムの売店にて石井琢朗プロデュースとして販売され人気を博している。
ヒット1本につき1万円を積み立て、シーズン後に福祉関連先に寄付したり、横浜市内のこども医療センターに絵本を毎月寄贈したり、横浜スタジアムの石井琢朗シートを市社会福祉協議会へ寄付したりするなど、チャリティー活動にも積極的である。
2008年11月29日、自費で横浜スタジアムを貸し切り、ファンへの感謝を表すイベントを開催した。主催者発表によるとファン3500人が参加し、オークションではユニフォームが20万円以上の値で落札された。また本人は「これを区切りにして、広島で優勝できるよう頑張りたい」とコメントした。
ベイスターズ時代の応援歌はとても親しみやすく、ファンの間でも人気が高かった。石井が広島に移籍することによりこの応援歌が聴けなくなると思われたが、横浜ファンの気持ちを配慮して移籍後も広島の応援団が引き続き使用されている。移籍後の横浜スタジアムでの試合に於いて石井の打席では横浜ファンの多くも応援に参加し、球場全体から大声援が送られるという光景が見られた。広島へ移籍後、横浜スタジアムでの対横浜戦にて通算100号本塁打を達成したが、この時は両スタンドから惜しみない賞賛の拍手と歓声が送られた。
広島移籍後も背ネーム表記(T.ISHII)、スコアボード表記(石井琢)、アナウンス(フルネーム)は引き続き横浜時代の呼称を踏襲している。

タイトル・表彰・記録
盗塁王:4回- 1993年(24)、1998年(39)、1999年(39)、2000年(35)
最多安打:2回 - 1998年(174)、 2001年(171)
ベストナイン:5回 - 1997年~2001年(遊撃手)
ゴールデングラブ賞:4回 - 1993年~1995年(三塁手) 1998年(遊撃手)
日本シリーズ優秀選手賞:1回 - 1998年
1000本安打 - 1999年7月15日、対阪神戦で山崎一玄投手から。
1500本安打 - 2002年8月22日、対巨人戦で入来祐作投手から。
2000本安打 - 2006年5月11日、対楽天戦で愛敬尚史投手から。史上34人目。
1000試合出場 - 1999年10月15日(354人目)
1500試合出場 - 2003年
2000試合出場 - 2007年6月13日、対日本ハム戦。史上38人目
300盗塁 - 2003年8月6日、対巨人戦で達成。
350盗塁 - 2007年5月13日、対広島戦で達成。史上15人目。
1000得点 - 2005年4月5日、対巨人戦で達成。
3000塁打 - 2008年5月14日、対巨人戦で達成。史上42人目。
初出場 - 1989年4月13日、対広島戦で中継ぎ投手として。
初安打 - 1989年10月10日、対ヤクルト戦で加藤博人投手から。
初得点 - 1989年10月16日、対阪神戦で記録。
初打点 - 1992年4月18日、対ヤクルト戦で記録。
初盗塁 - 1992年5月10日、対巨人戦で記録。
初本塁打 - 1992年7月26日、対広島戦で北別府学投手から。
100本塁打 - 2009年7月4日、対横浜戦で三浦大輔投手から。
200犠打 - 2003年7月8日対中日戦で達成。
250犠打 - 2007年7月12日対中日戦で達成。史上11人目。
1000三振 - 2006年5月2日対中日戦で川上憲伸投手から。
1試合6得点 - 1999年7月22日対ヤクルト戦で記録(日本タイ記録、セ・リーグ記録)
1試合4犠打 - 2003年7月8日対中日戦で記録(日本タイ記録)
シーズン150安打以上9回 - 1997年~2002年、2004年~2006年(歴代2位タイ)
6年連続シーズン150安打以上 - 1997年~2002年(歴代2位タイ、セ・リーグタイ記録)
オールスター戦出場 - 1995年、1997年~2001年(計6回)
通算2307安打 - 横浜ベイスターズ球団記録(歴代14位)(2008年シーズン終了時点)
通算44三塁打 - 横浜ベイスターズ球団記録(2008年シーズン終了時点)
通算355盗塁 - 横浜ベイスターズ球団記録(2008年シーズン終了時点)
遊撃手通算最多試合出場 1731試合 - 2009年7月4日対横浜戦で達成。(更新中)

背番号
66(1989年 - 1992年)
0(1993年)
5(1994年 - 2008年)
25(2009年 - )




>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.