SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

横山竜士

横山 竜士(よこやま りゅうじ、1976年6月11日 - )
広島東洋カープに所属するプロ野球選手(投手)。



経歴
福井県勝山市出身。福井商高では1年秋からエースとして活躍するものの、甲子園にはあと一歩届かなかった(最高成績は3年夏の県大会決勝敗退)。

1994年ドラフト5位で広島東洋カープに入団。最速148キロのストレート、大きな縦のカーブ、キレのいいスライダー、フォークと全てにレベルの高いボールを駆使、更にコントロールもよく1997年に10勝を挙げブレイク。先発候補として期待されるが、1999年、大きなカーブの投げすぎか右肩ルーズショルダーに見舞われ登板機会が激減した。その後その球威は戻ることはなかったが、2005年にセットアッパーとして復活。制球力と培った経験による駆け引きで2006年シーズンも永川-横山-ベイルとつなぐ「NYB」のリリーフトリオとして活躍した。

2007年は開幕前にブラウン監督から「キャンプで最も成長した投手の一人」と評価され、開幕後も中継ぎとして素晴らしい活躍をして見せた。また時には140キロ中盤から後半を計測する等、球威も回復してきた。

2008年は自己ベストの防御率1.50を記録し、永川に継投する絶対的な中継ぎの柱としてチームのAクラス争いに貢献したが、故障での離脱もあり、その間チームは苦戦を強いられる結果となった。

2009年は故障で離脱することなく69試合に登板した。しかし自己ワーストの8敗を喫する。ピンチを作ってマイク・シュルツに交代する機会が度々あるなど安定感がもう一つだった。

前述のようにルーズショルダーの為に長いイニング数や激しい連投が出来ないのが欠点。また、ストライクゾーンには投げられるがコーナーを突くような細かい制球力が無いため、一転して痛打を浴びる事も多い。

牽制が上手く、2008年には交流戦でロッテのサブロー(2塁牽制)、楽天の草野大輔(1塁牽制)を牽制球でアウトにした。2009年の交流戦でも、6月10日のロッテ戦で早坂圭介を牽制球アウトに取った(1塁牽制)。

背番号
66 (1995年 - 1996年)
53 (1997年)
23 (1998年 - )

個人記録
初登板:1997年4月13日、対横浜ベイスターズ3回戦(横浜スタジアム)、7回裏に救援登板、2回無失点
初奪三振:同上、8回裏にロバート・ローズから
初勝利:1997年4月20日、対中日ドラゴンズ2回戦(長良川球場)、7回表に救援登板
初セーブ:1997年8月27日、対阪神タイガース22回戦(阪神甲子園球場)




>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.