SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

ディッキー・ゴンザレス

ディッキー・ゴンザレス(Dicky Angel González, 1978年12月21日 - )
プエルトリコ出身の日本プロ野球の読売ジャイアンツに所属しているプロ野球選手(投手)。



経歴

アメリカ時代
1996年のMLBドラフトで、16巡目、全体468位でニューヨーク・メッツに指名され、プエルトリコのアドルフィナ・イリサリー高校から入団する。入団後はマイナーリーグ生活を続けるが、2001年に初めてMLBで登板した。メッツ時代には同僚に新庄剛志が在籍しており、後の来日に影響を与えたことを来日後の会見で語っている。

2002年からは再びマイナー生活を送り、2004年にタンパベイ・デビルレイズで再びMLBへ昇格したが、目立った実績は残せなかった。マイナー通算71勝をマークしている。

ヤクルト時代
2004年6月、ヤクルトスワローズと契約を結んで来日した。リリーフ不足のチーム事情から、主に中継ぎで登板するが、先発も務め4勝2敗の成績を上げる。

2005年、開幕投手の候補にもなったが直前に指を骨折し離脱。シーズン途中に復帰し、前年同様先発と中継ぎの両方を任された。

2006年、来日から怪我で離脱などの不運が多いため、2006年から背番号を42→78へ変更した。開幕前には第1回WBCにプエルトリコ代表として出場した。

シーズンでは主にガトームソンとの併用で、10日おきの登板ながらも安定した活躍を見せた。オフの契約ではガトームソンがそのような起用法に不満を訴えて移籍したのに対し、ゴンザレスは残留を希望。2007年もヤクルトでのプレーが決まった。

2007年、開幕ローテーション入りが期待されたが右肘痛を訴え2軍に合流。3月31日に靭帯手術をしたため、2007年の登板は絶望となった。ただし2年契約をしているため、球団側は解雇せずに帰国させ、アメリカでリハビリに励んだ。

2008年、6月に2軍で復帰。順調に成績を残して8月17日のvs中日戦で1軍復帰を果たした。9月2日のvs中日戦で2年ぶりの勝ち星を挙げたが、シーズンはその1勝で終えた。11月4日に来季契約を結ばないことが発表され、12月2日に自由契約公示となった。

巨人時代
巨人が、2009年1月13日に1年契約での獲得を発表した。

2009年、外国人枠の関係で開幕を2軍で迎えるが、この間に2軍投手コーチ・小谷正勝の指導でチェンジアップを習得。不振のエドガルド・アルフォンゾと入れ替わる形で5月に1軍昇格すると、5月3日のvs阪神戦で移籍後初勝利。そこから5連勝・34イニング連続無四球という抜群の安定感を見せ、すぐにローテーションの軸となる。しかし、右肘靭帯手術という経歴を考慮し、どんなに好投しても100球前後で降板している。5月は5勝0敗・防御率1.56の成績で、自身初の月間MVPを広島・大竹寛と同時受賞した。

6月5日のvs日本ハム戦で開幕からの連勝を6に伸ばし、沢村栄治の球団記録とレオ・カイリーの外国人投手記録に並んだ。(6月26日の対ヤクルト戦に先発した際には、尊敬してきたマイケル・ジャクソンの急逝報道の当日であったため、登場のテーマソングをジャクソンの「スリラー」に変更した逸話がある。)その活躍が評価され、オールスターゲームに監督推薦で初選出し、札幌ドームで行われた第1戦の先発投手を務めた。8月11日の広島戦(マツダスタジアム)で自身初のシーズン10勝目をマーク。その後も安定したピッチングを続け、シーズン終盤まで吉見一起(中日)、館山昌平(ヤクルト)と最多勝を争いを繰り広げた。結局、最多勝こそ逃したが、最終的にチームトップとなる15勝(2敗)、防御率2.11の成績を残した。さらに日本ハムとの日本シリーズでは第1戦に先発し、勝利投手となり、優秀選手賞を受賞。巨人のリーグ3連覇ならびに7年ぶりの日本一に大きく貢献した。

特徴
ヤクルトでは2004年から2008年までの5年間在籍し、1995年から1997年まで在籍したテリー・ブロスや、2001年から2003年まで在籍したケビン・ホッジスを抜いて、球団史上最も長く在籍した外国人投手であった。

2008年までは微妙に動くストレート(ツーシーム)と大きく変化するスライダーに小さい変化のカッターなどの少ない球種をうまく投げ分けて[要出典]、テンポのいい投[要出典]球で相手打者を追い込んで打ち取る投球スタイルだった。2009年から左打者対策としてチェンジアップを新たに習得し、カーブを含めた変化球の割合を増やし常に低めをつき、内野ゴロを打たせてとる投球スタイルに変化した。コントロールも非常に良く、2009年には41と1/3回連続無四球を記録するなど四球が非常に少ない。中日戦に相性が良く、特にナゴヤドームでは無類の強さを誇る。

ボールにバットを当てに行くようなバントだが成功率は高い。また打席にて独特なバッティングフォームから適時打を連発したりするなどバッティングセンスもよく、ヤクルト時代は中日の落合監督から「城石よりも怖い」と言われた。さらには100kgに迫る体格にも拘わらずジャンピングスローや果敢な走塁を見せるなど、走攻守でも活躍している。

帽子をやや斜めにして被るのを好む。写真撮影の時にまっすぐ被るように言われたときも、「これが私のスタイルだ」と拒否することもあった。

2009年シーズンより読売ジャイアンツに移籍。同球団の「ゴンザレス」姓の選手は、デニー・ゴンザレス(1992~1993年在籍)、ジェレミー・ゴンザレス(2007年)、ルイス・ゴンザレス(2007~2008年)に次いで4人目となる。

表彰
月間MVP:2009年5月(大竹寛と同時受賞)
最優秀バッテリー賞(2009年、阿部慎之助と)
日本シリーズ優秀選手賞:2009年
ゴールデングラブ賞:2009年

個人記録

投手記録
初登板:2004年7月3日、対阪神タイガース14回戦(札幌ドーム)、8回表に救援登板・完了
初奪三振:同上、8回表に鳥谷敬から
初勝利:2004年7月4日、対阪神タイガース15回戦(札幌ドーム)
初先発:2004年9月8日、対阪神タイガース25回戦(阪神甲子園球場)、5回2失点で敗戦投手
初先発勝利:2004年9月14日、対横浜ベイスターズ24回戦(明治神宮野球場)、6 1/3回1失点
初完投勝利:2004年10月2日、対中日ドラゴンズ26回戦(ナゴヤドーム)
初ホールド:2005年5月31日、対オリックス・バファローズ4回戦(大阪ドーム)

打撃成績
初安打:2005年8月3日、対中日ドラゴンズ13回戦(ナゴヤドーム)、7回表に高橋聡文から右中間へ二塁打
初打点:2005年8月31日、対読売ジャイアンツ16回戦(大阪ドーム)、4回表にスコット・マレンから左前適時打

背番号
42 (2004年 - 2005年)
78 (2006年 - 2008年)
49 (2009年 -)

>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.