SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

坂本勇人

坂本 勇人(さかもと はやと、1988年12月14日 - )
読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手(内野手)。


経歴

プロ入り前
1995年3月に尼崎市武庫之荘にある学校法人武庫からたち幼稚園を卒園。兵庫県伊丹市立昆陽里小学校1年から、少年野球「昆陽里タイガース」において投手兼遊撃手として野球を始めた。田中将大(現・東北楽天ゴールデンイーグルス投手)は小・中学校の同級生で、小学校時代は同チームに在籍。当時は坂本が投手、田中が捕手でバッテリーを組んでいた。伊丹市立松崎中学校時代は伊丹シニアに所属。

光星学院高等学校では1年秋から遊撃のレギュラー、2年春から4番を務め、秋の東北大会準優勝し、3年春の第78回選抜高等学校野球大会に出場。春の東北大会では16打数13安打で打率.813、4本塁打の活躍で注目を集めた。高校通算39本塁打。

2006年9月25日に行われた高校生ドラフトにて、大森剛スカウトの強い進言を受け、堂上直倫の抽選を外した巨人が「ハズレ1位」で坂本を1位指名。11月5日に契約金8000万・年俸650万で仮契約。

プロ入り後
2007年
開幕は二軍で迎え、途中実母の死去などによる欠場があったものの、77試合に出場。302打数81安打5本塁打28打点、打率.268の成績を残した。5月12日、闘病中だった実母が最後に観戦した試合で、第一打席初球に本塁打を放った。7月に初1軍昇格、初出場(代走)。9月6日には延長戦となった中日戦に代打で出場、決勝点となるプロ入り初安打初打点を記録。初のヒーローインタビューを経験した。

2008年
春季キャンプで原辰徳監督等から急成長を認められ、巨人では松井秀喜以来の10代での開幕スタメン(8番・二塁)を果たす。その後は開幕戦で二岡智宏が負傷した為、遊撃手としてスタメン出場を続けた。その後も勝負強いバッティングや守備範囲の広さなど、首脳陣の評価を高め、二岡の復帰後も遊撃手の位置を譲ることはなかった。そして、この年の全試合スタメン出場を果たした。高卒2年目での全試合スタメンは中西太、清原和博に続いて史上3人目(セ・リーグでは初)。また、この年のオープン戦・公式戦・オールスター戦・クライマックスシリーズ・日本シリーズの全172試合に出場した。新人王は山口鉄也に譲ったが(坂本は次点)、巨人では高橋由伸以来10年ぶりにセ・リーグ会長特別表彰(新人選手特別賞)を受賞するなど、本人にとって飛躍の年になった。

7月31日、オールスターゲームに初出場。第2戦で初安打も記録。
西武との日本シリーズ第7戦、西口文也から本塁打を放つ。10代での日本シリーズ本塁打は当時西武だった清原和博以来22年ぶり。
2009年
開幕前に3割20本を目標に掲げたこのシーズンは、序盤からヒットを量産し4月18日から4月22日にかけて4試合連続ヒーローインタビューを経験。5月以降は1番打者として定着し、6月まで打率は.350前後をキープしていた。しかし7月に腰痛を発症。それを押して出場し続けるも、打率は低迷の一途をたどり、ついに7月20日の横浜戦を欠場。これで昨季の開幕戦から続いていた連続試合出場記録は226試合で途切れた。しかし9月に入ると復調。一時は3割ちょうどまで落とした打率も、優勝を決めた9月23日の時点では.310以上を記録していた。結局、目標だった20本塁打には到達しなかったものの、4月以降一度も3割を下回ることなく初の打率3割(.306、リーグ4位)を達成。高卒3年目以内の3割到達は史上11人目(球団では川上哲治、千葉茂以来3人目)の快挙。また青木宣親、ブランコに並び最多得点を記録した。しかし、守備の面では前年を上回る19失策と課題を残した。

5月6日、横浜戦で真田裕貴から自身初のサヨナラホームランを放つ。
5月22日、楽天戦で永井怜から自身初の初回先頭打者ホームランを放つ

プレースタイル
50m6秒0、遠投110m。高校時代は足を高く上げる独特なフォームで、3年になって急成長。高校通算の39本塁打の内、20本は最後の4ヶ月間での記録。
内角球を上手く打ち三遊間を抜く技術はチームでもトップレベルであり、安打の半数以上は左方向。逆に右方向への安打は2割に満たず、かなり偏っている。しかし外角球に弱いわけではなく、長いリーチで外角球も引っ張ってヒットにすることも多い。[要出典]
*左打者のような一塁側にもたれかかるような動きが無く、強いリストで打球をはじき返すためか、打球の軌道は中長距離打者を期待させる弾道を描く。長嶋茂雄に「『体のバネ』をつけ、前田智徳(広島)のような打者になってほしい」との言葉を贈られた。[要出典]
補殺、刺殺共に多く守備範囲は広い。特に遠投110mの強肩とコントロールを活かしたスローイングは一級品である。反面イレギュラーに対する反応がやや悪くやや失策は多めだが、今後の成長も期待されている。[要出典]
入団1年目並びに2年目に付けた背番号の「61」は200「6」年の高校生ドラフト「1」位に由来している。
元々左利きでペンや食事は左手。右利きの兄のグローブを使って野球を始めたので右投げになった。初めは右打ちだったが、指導者の勧めで小学4年生の時に両打ちに転向した。しかし、当時坂本は田中将大とレフト側の校舎目掛け飛距離を競っていたのだが、左打ちでは田中に敵わなかったので6年から再び右打ち一本になった。

人物
田中将大と同じ「昆陽里タイガース」に所属していた小学校時代は、 田中が静かな努力家タイプだったのに対し坂本は活発で天才肌タイプの負けず嫌いと対照的で、同学年でチームメイトだったがそれぞれ別々の仲良しグループに入っていた。
2008年、チームの優勝祝勝会で、当時まだ未成年だった坂本は、「ビールをかけないでください」「私は未成年です」と大きく書いたたすきをかけ、口に×マークのマスクをして、炭酸水をビールの代わりにかけてもらっていた。なお、2009年の優勝時には二十歳を迎えているため、ビールかけに参加した。 
清武英利の球団代表就任後、従来の大型補強路線から若手育成路線への転換を推し進めている巨人の中で「新生ジャイアンツの象徴」と目されている。

背番号
61 (2007年 - 2008年)
6 (2009年 - )

表彰
セ・リーグ会長特別表彰(新人選手特別) - 2008年
東京ドームMVP特別賞(2008年)

個人記録
初出場・初得点:2007年7月12日、対阪神タイガース12回戦(東京ドーム)、12回裏に阿部慎之助の代走として出場、小田嶋正邦の適時打で生還
初盗塁:同上、12回裏に二盗(投手:ダーウィン・クビアン、捕手:矢野輝弘)
初先発出場:2007年9月2日、対横浜ベイスターズ20回戦(横浜スタジアム)、8番・遊撃手として先発出場
初打席:同上、2回表に加藤武治から投ゴロ
初安打・初打点:2007年9月6日、対中日ドラゴンズ21回戦(ナゴヤドーム)、12回表に高橋聡文から中前へ代打決勝2点適時打
初本塁打:2008年4月6日、対阪神タイガース3回戦(東京ドーム)、5回裏に阿部健太から左越満塁本塁打 ※セ・リーグ史上最年少満塁本塁打
高卒2年目での全試合スタメン出場:2008年 ※史上3人目

登場曲
KEN-U『YURENAGARA』(2008年)
GReeeeN『キセキ』(2008年,2009年)




>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.