SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

大和

大和(やまと、本名:前田 大和(まえだ やまと)、1987年11月5日 - )
阪神タイガースに所属するプロ野球選手(内野手)。
2007年から登録名を「大和」にしている。


経歴
鹿児島県鹿屋市出身。樟南高校では1番遊撃手として、1年夏の第85回全国高等学校野球選手権大会、3年夏の第87回全国高等学校野球選手権大会に出場、3年時は8強入りに貢献した。秋の高校生ドラフトで阪神に4巡目で指名され入団。

2006年は入団前から評判だった守備が高く評価され、高卒1年目しかもドラフトでは最後の指名ながら主に2番遊撃手として二軍レギュラーに抜擢され、フレッシュオールスターゲームにも出場。全88試合のうちリーグ最多の83試合に出場し、2位以下を大きく引き離しての最多犠打を記録した。また、リーグ2位の三塁打を放ち走力があることもアピールした。

2007年は2年連続でウエスタン・リーグの最多犠打を記録、再びフレッシュオールスターに出場したほか、北京プレオリンピック野球日本代表にも招集され、全5試合に出場。決勝戦で勝利打点となる適時打を放つなど活躍した。

2008年は3年目にして初めて、野原将志とともに春季キャンプの一軍メンバーに抜擢された。しかし2人とも開幕までに二軍に降格し、シーズン中も一軍出場はなかった。二軍では71試合に出場して打率.226, 出塁率.266ながらリーグ3位の14盗塁を記録し、3年連続の最多犠打、遊撃手として最高守備率も記録。

2009年も春季キャンプの一軍メンバーに選ばれたが開幕は二軍で迎えた。二軍でも開幕から打撃不振で打率1割台ながら4月14日に初めて一軍登録され、翌15日の中日ドラゴンズ戦で初出場を果たした。その後も主に代走・守備固めとして起用されるが、5月31日の北海道日本ハムファイターズ戦で延長12回二死1・2塁のチャンスでフルカウントまで一球も振らずにあえなく三振する。そのことについて本人は「自分で決めに行く勇気がなかった」と暗に四球狙いの消極的姿勢だったことを認めている。翌日二軍に降格したが、7月5日に一軍復帰し、7月22日の東京ヤクルトスワローズ戦でプロ初安打を記録した。8月4日の中日戦では同じく自身初となるスタメン出場を果たした。この試合で中日の先発のチェン・ウェインから2安打を放ったが、その二本が阪神唯一の出塁であり、結果的に完全試合を阻止した形となった。

プレースタイル
高校時代から高く評価されていた守備力が持ち味で「守備だけなら一軍でも通用する」と首脳陣から太鼓判を押され、北京プレ五輪野球日本代表に招集された際には星野仙一監督からも「阪神で一番守備が上手い」と評された。

打撃面ではバントは上手いものの、2009年の公称体重64 kgは育成選手も含めた12球団の現役選手中、中島卓也と早坂圭介の63 kgに次いで軽く、プロとしては華奢で長打力に欠け打率も低く、大きな課題の1つとなっている。

走塁面では2006年は三塁打、2008年は盗塁数でウエスタン・リーグ上位の数字を記録しており走力・技術共に一定のレベルにある。

記録
初出場:2009年4月15日、対中日ドラゴンズ1回戦(阪神甲子園球場) - 8回表に二塁手として出場
初安打:2009年7月22日、対東京ヤクルトスワローズ12回戦(阪神甲子園球場) - 4回裏に館山昌平から中前安打
初打点:2009年8月7日、対広島東洋カープ12回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島) - 9回表に小松剛から投前犠打

登場曲
「宇宙戦艦ヤマト」



>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.