SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

浅井良

浅井 良(あさい りょう、1979年7月19日 - )
神奈川県横浜市戸塚区出身の阪神タイガースに所属するプロ野球選手(外野手)。


経歴

プロ入り前
桐蔭学園高校では2年の途中まで捕手を務め、秋季神奈川県大会準決勝で敗退して以降は投手に転向し、川岸強に替わってエースとなった。3年夏には第79回全国高等学校野球選手権大会に出場。高校時代は後に阪神でもチームメイトとなる平野恵一と3年間同じクラスだった。

高校卒業後は東京六大学野球連盟の法政大学に進学して捕手に再転向し、持ち前の強肩で盗塁阻止率8割超を記録したが、本人は「盗塁阻止率記録無しが目標」と、盗塁は不可能と思わせ盗塁企図すらさせない事を目指していた。大学での初安打が本塁打など思い切りのいい打撃でも頭角を現し、4年秋のリーグ戦では本塁打と打点の二冠王を獲得し、大学最後の打席でも本塁打を放った。リーグ戦通算69試合出場、197打数56安打、打率.284、3本塁打、36打点。ベストナイン2回。

2001年のプロ野球ドラフト会議で阪神タイガースに自由獲得枠で入団。大学の2年先輩でバッテリーを組んでいた安藤優也と同期入団となり、再びチームメイトとなった。

プロ入り後
大学時代に評判だった強肩は制球難で悪送球を繰り返し、一軍には定着出来なかった。半面でパンチ力のある打撃は一軍レベルという声も多く聞かれた。

2005年から打撃を生かすために外野手にも挑戦。翌2006年は相性の良い江草仁貴が先発する試合を中心に捕手としてスタメン起用される機会も増え、矢野輝弘に次ぐ第2捕手となった。

2007年は狩野恵輔や新人の清水誉が開幕一軍に入り、二軍でのスタートになった。矢野の故障で交流戦中に一軍昇格し、外野手としてスタメン出場することもあったが捕手を務めることはなく、二軍でも打力を買われて外野手や一塁手としての出場がほとんどだった。同年オフ、捕手を諦め野手一本でいくことを宣言。新人の時から「矢野さんを一気に超えるのは無理」と公言していたが、数年経っても同じことを言っている事に気づき、プロで数年やっても40歳近くになった矢野に追いつけないようでは捕手として一生一人前になれないと悟り、野手に専念する決意をしたという。

2008年から正式に外野手登録となったが、緊急時の第3捕手としても期待され、シーズン初出場となった4月6日の読売ジャイアンツ戦では捕手として途中出場した。相手先発投手がサウスポーの時に時折右翼手として、赤星憲広が首痛や不眠の影響でスタメン落ちした際には中堅手としてスタメン出場した。6月7日の福岡ソフトバンクホークス戦ではチームが長年苦手としている杉内俊哉から同点適時打を放ち、初のお立ち台に上がった。

人物
陣内智則と親交があり、陣内が司会を務めていた「なるトモ!」において浅井のことをよく取り上げる。また、無類のコンビニ好きでもある。

背番号
12(2002年 - 2006年)
8(2007年 - )

個人記録
初出場:2002年5月1日、対中日ドラゴンズ戦(阪神甲子園球場)、8回から吉本亮に代わり捕手として出場
初打席・初安打:同上、9回エディ・ギャラードから左前安打
初打点:2002年6月7日、対広島東洋カープ戦(大阪ドーム)、6回玉木重雄から適時二塁打
初本塁打:2003年5月8日、対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)、5回紀藤真琴から中越ソロ



>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.