SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

野原祐也

野原 祐也(のはら ゆうや、1985年1月7日 - )
阪神タイガースに所属するプロ野球選手。
富山サンダーバーズ時代の登録ポジションは内野手だが、外野手での出場も多かった。
阪神入団後は外野手としての登録である。愛称は「富山のおかわり君」。



経歴
大宮東高校から国士舘大学に進学。大学時代には股関節を故障しドラフトにはかからなかったが、プロ入りの夢を追い求めて2007年に創設されたベースボール・チャレンジ・リーグの富山サンダーバーズに入団する。

サンダーバーズでは1年目から活躍し、7月8日の新潟アルビレックスBC戦ではリーグ初の1試合3本塁打を記録するなど、打のチームである「雷鳥打線」の不動の4番として活躍した。打点はチームメイトの井野口祐介に及ばなかったが打率.412, 14本塁打と2冠王に輝き、MVP(野手部門)に輝いた。しかし、チームは優勝争いしたものの石川ミリオンスターズに敗北し、2007年のドラフト会議では指名されなかった。

2年目の2008年はシーズン当初は調子が出なかったが、6月に1号本塁打を放ってからは徐々に調子を上げた。本塁打こそ7本に終わったが、最終的にはリーグ2位の打率.368、リーグ3位の打点45を挙げ、不動の4番としてチームのリーグ優勝に大きく貢献。これが評価され2年連続のMVP(野手部門)に輝いた。同年のドラフト会議において、阪神タイガースに育成枠1位で指名され、11月26日に仮契約した。この時の背番号は123。

2009年は育成選手としてスタートしたが、ウエスタン・リーグ59試合で打率.309, 2本塁打、19打点と好調で、7月26日に支配下登録された[1]。これに伴い背番号は94となった。阪神タイガースにおいての育成選手からの支配下登録はアーロム・バルディリスに次いで2例目、日本人選手としては初であった。8月にウエスタン・リーグにおいて打率.341, 1本塁打の成績を残し8月度「ミズノ月間MVP」を受賞した。9月9日に初めて一軍昇格。9月12日の横浜ベイスターズ戦で山口俊から代打でプロ初安打を記録し、翌日の9月13日の試合では、怪我の赤星憲広にかわり、1番センターでスタメン出場したが、本塁打を放つことはなかった。

個人記録
初出場:2009年9月9日、対中日ドラゴンズ19回戦(阪神甲子園球場)、9回裏から右翼手で出場
初打席:2009年9月11日、対横浜ベイスターズ19回戦(阪神甲子園球場)、8回裏に代打で出場、加藤康介に対し三振
初安打:2009年9月12日、対横浜ベイスターズ20回戦(阪神甲子園球場)、9回裏に山口俊から右前安打

BCリーグ時代の成績
赤太字は歴代最高、太字はリーグトップ
MVP(野手部門):2回 (2007年、2008年)
首位打者:1回(2007年)
本塁打王:1回(2007年)
最多安打:1回(2007年)
ベストナイン(外野手):1回 (2008年)

背番号
33(2007年 - 2008年)
123(2009年、育成選手時代)
94(2009年7月26日 - )



>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.