SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

能見篤史

能見 篤史(のうみ あつし、1979年5月28日 - )
阪神タイガースに所属するプロ野球選手(投手)。


プレースタイル
最速149km/hの速球とスライダーを軸にフォークボール、チェンジアップも交えて奪三振率の高い投球をする。一方で四死球や被安打も多く、得点圏に走者がいる際には増加する傾向が有り、制球に課題を残す。また、サウスポーだが左打ちの打者の方が被打率が高い。逆に好調時は、右打ちの打者に対して、インローに落ちるスライダーで面白いように三振の山を築く。

経歴

プロ入り前
兵庫県出石郡出石町(現:豊岡市)出身。鳥取城北高校普通科体育コースに通い、2年夏の鳥取大会で準優勝。その後秋季県大会で優勝し、秋季中国地区大会でも4強入りしたが翌春の第69回選抜高等学校野球大会には選出されなかった。3年時は春季県大会でノーヒットノーランを達成。夏は2回戦で鳥取西高校に敗退。高校時代は川口知哉、井川慶と並んで高校生左腕三羽ガラスと呼ばれた。

高校卒業後は社会人野球の大阪ガスに入社したが、怪我に泣かされ熱心な大阪ガスのファンですら殆ど姿を見ることができず「幻の投手」とまで呼ばれた。2003年から少しずつ登板数を増やし、同年11月の社会人野球日本選手権大会決勝戦では日産自動車と対戦して延長11回に伊藤祐樹にサヨナラ適時打を打たれたが準優勝。2004年は第22回ハーレムベースボールウィーク日本代表に選出され、その後の日本選手権では野村克也監督率いるシダックス戦で野間口貴彦と投げ合い勝利、JFE西日本との決勝戦では3番手としてリリーフ登板したが、延長15回に決勝ソロ本塁打を打たれ2年連続準優勝。同年秋のドラフトで阪神に自由枠で入団。

プロ入り後
2005年は即戦力の期待通り開幕一軍入りを果たすが、夏場には不調に陥り二軍降格。その後一軍に再昇格したがシーズン防御率5点台に終わった。ウエスタン・リーグでは10試合38回を投げて41奪三振、22被安打、15与四球でWHIP0.97、防御率1.42を記録。

2006年は開幕から交流戦まで膝の手術で離脱したジェフ・ウィリアムスに替わり左の中継ぎとして起用された。開幕10戦中チームは4敗したが、そのうち3敗は能見への継投失敗による敗戦投手という珍記録も生まれた。ウィリアムスが復帰すると二軍へ降格。二軍でも6試合に登板して防御率3.60と精彩を欠いた。オフにはハワイ・ウィンターリーグに派遣され、十分な成績を残した。

2007年はメジャー移籍で抜けた井川の穴埋めを期待され先発ローテーションとしてスタートしたが、4月が終わるまでに5試合で1勝3敗と結果を出せず中継ぎに配置転換。しかし、中継ぎでもほとんどの登板で安打を許す不安定な投球が続き、5月27日の千葉ロッテマリーンズ戦で1回5失点と炎上してからは二軍降格。この試合では福浦和也にチームとして3個目の死球を与え、その裏に藤田宗一の金本知憲への死球が報復とされて乱闘となるきっかけを作ってしまった。騒動を引き起こした事も重なり、技術的にも精神的にも未熟さを痛感してしばらく立ち直れなかった。その後、8月中旬に先発ローテーションとして一軍復帰すると4試合で1完投を含む3勝と好投を続けたが、9月11日に4回途中7失点でノックアウトされるとその後2度の先発登板も5回まで投げきることができずシーズンを終えた。二軍では7試合に登板してチームトップタイ、リーグ2位の6勝を挙げて防御率2.51、43回で37奪三振を記録、35被安打、15与四球でWHIP1.12と安定した内容だった。

2008年は中継ぎでスタートしたが、5月7日の読売ジャイアンツ戦でアレックス・ラミレスにあわや本塁打という二塁打を打たれるなど成績は向上せず、11試合の登板でプロ入り後初の未勝利に終わった。二軍では29試合に登板してリーグ6位の5勝、同2位でチームトップの11セーブ、同5位の52奪三振で防御率0.83、WHIPも0.90を記録し、被安打や与四球の面でも更なる向上が見られた。

背水の陣で臨んだ2009年はようやくその才能を開花させる。前半戦は好投しても打線の援護がないなどの不運もあったが、後半戦は岩田と並ぶ左のエースとして9勝を挙げる。プロ生活で初めて1年間ローテーションを守りきり、13勝9敗、防御率2.62の好成績を収めた。

シーズン序盤のインタビューで「真っ新なマウンドは投げにくい。誰かが投げた後の穴が掘れている方が投げやすい。」というピッチャーとしては珍しいコメントを残しているが、7月頃に再度聞かれた際は「気にならなくなった。」と答えている。

背番号
14 (2005年 - )

個人記録
初登板・初先発:2005年4月3日、対ヤクルトスワローズ3回戦(大阪ドーム)、4回5失点
初奪三振:同上、1回表に青木宣親から
初勝利・初先発勝利:2005年4月24日、対横浜ベイスターズ6回戦(横浜スタジアム)、5 2/3回2失点
初完投勝利:2005年5月8日、対北海道日本ハムファイターズ3回戦(札幌ドーム)、9回1失点
初ホールド:2005年10月1日、対ヤクルトスワローズ21回戦(明治神宮野球場)
初完封勝利:2007年8月18日、対広島東洋カープ16回戦(京セラドーム大阪)




>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.