SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

小窪哲也

小窪 哲也(こくぼ てつや、1985年4月12日 - )
広島東洋カープに所属するプロ野球選手(内野手)。


経歴

プロ入り前
野球を始める前は水泳をやっていたが、交友関係を広げるために磐城小1年から「香芝ボーイズ」で野球を始め、5年生で全国優勝。6年では日本代表として世界大会に出場。白鳳中(香芝ボーイズ中学部)では日本代表の4番・主将としてアジア大会に出場した。PL学園から青山学院大学に進学。小学校から大学まで全てのチームで主将を務めている。ポジションは、高校時は遊撃手、大学時は二塁手・遊撃手。

大学では東都大学リーグで4度のベストナインに選ばれた。2007年の春季リーグ戦では、打率3割7分3厘で首位打者のタイトルを獲得。リーグ通算95試合出場、344打数93安打、打率.270、7本塁打、39打点。第36回日米大学野球選手権大会では主将を務め、米国開催では初優勝となった。北京プレオリンピック野球日本代表にも1次登録されていた。50メートル6秒2、遠投100メートル。

2007年11月19日、プロ野球の大学生・社会人ドラフトで、広島東洋カープに3巡目で指名された。指名挨拶を受けた翌日のスポーツ新聞ではプロでの目標である「2000本安打達成」と書いた色紙を片手に鯛焼きを食べる写真が使われた。11月23日、推定契約金7500万円、年俸1200万円で仮契約し、入団。入団会見では大学の先輩、高須洋介のような勝負強い選手になることを目標に掲げた。

プロ入り後
2008年
春季キャンプは一軍スタートが決まったものの、キャンプ直前の自主トレ期間中に広島名産の生牡蠣を食べ過ぎて体調を崩し、練習を数日間休む。キャンプには問題無く参加したが、2月中頃には二軍に降格。そのまま開幕一軍を逃したが、ウエスタン・リーグでは2番に定着して好調を維持。4月26日に一軍初昇格、同日の対横浜戦で8回に高橋建の代打としてプロ初出場し、送りバントを決めた。4月29日対読売ジャイアンツ戦で8番遊撃手としてプロ入り初スタメンをはたし、2打席目で初安打を記録。3打席目で初打点をあげた。5月4日の対横浜ベイスターズ戦では寺原隼人から決勝タイムリーを放ち、初のお立ち台に立っている。この試合で解説を務めた解説者大下剛史は、「今までのカープに足りなかった内野手が現れた」と評した。初昇格後は二軍に降格することなくシーズン最後まで一軍でプレーした。梵英心の不調もあって遊撃手を守ることが多かったが、二塁手や学生時代はほとんど守らなかった三塁手もこなすなど活躍した。

2009年
ベテラン石井琢朗が加入し、キャンプから遊撃手のポジションは激戦区となるが、初の開幕一軍を果たす。しかし首脳陣から復活の期待が大きかった梵や安定した守備力のある石井の影に隠れ、スタメンでの出場は少なく、代打でも結果を残せなかったこともありシーズン中盤には二軍落ちを経験する。8月には梵の二軍降格による入れ替え(この時小窪は由宇球場で二軍の試合に出場しており、突然の呼び出しで試合を早退した)によりスタメンで出場する機会が増え、打率は3割以上をキープ、2番を打つ試合が多くなる。終盤は相手先発投手の利き手にあわせて石井と併用された。最終的には前年と比べて出場機会は減った形となったが、打率や出塁率などは前年より向上しており打撃面では一定の成長を見せた。一方で遊撃の守備では20試合以上も出場試合が減ったものの前年と同じ6失策を記録するなどレギュラーへ向けての課題がより明確になったシーズンとなった。

個人記録
初出場・初打席:2008年4月26日、対横浜ベイスターズ5回戦(横浜スタジアム)、8回表に高橋建の代打として登場、マットホワイトから捕手前へ犠打
初安打:2008年4月29日、対読売ジャイアンツ4回戦(東京ドーム)、5回表にセス・グライシンガーから左中間二塁打
初打点:同上、7回表にグライシンガーから右前適時打
初盗塁:2008年5月4日、対横浜ベイスターズ8回戦(広島市民球場)、8回裏に三盗(投手:寺原隼人、捕手:鶴岡一成)
初本塁打:2008年6月7日、対オリックス・バファローズ4回戦(広島市民球場)、2回裏に中山慎也から

背番号
12 (2008年 - 2009年)
4 (2010年 - )

エピソード
自称「面白くない関西人」。入団会見では「必殺仕事人になりたい」と話している。またカープに指名された際に担当スカウトの高山健一には「僕はどこをアピールすればいいのか」と聴いたり、記者に「今のカープの内野手ってどの様な感じなのか」、「練習は厳しくないか」、「チームの雰囲気はどうか」などと逆に質問したりしており、負けず嫌いな一面を覗かせている。
チームでは天谷宗一郎、赤松真人と仲が良い。天谷と試合終了後にカメラ前でじゃれあっている所を映されていたことや、赤松のブログや同じ内野手である木村昇吾のブログに写真が掲載されていたことなどから窺い知ることができる。また他球団では同じ東都大学リーグで活躍した大場翔太と仲がいいが、お互いのプロ入りが決まった際に「俺は日本一強いチームに行く。お前のとこは弱い所だな」との発言を受ける。当の本人はそれを聞いた事で逆に発奮したという。皮肉にも2008年のシーズン成績はカープが終盤までCS進出を争う中での4位、一方のソフトバンクは9月の失速の影響もあり最下位であった。
チームメイトの前田健太はPLの3年後輩にあたる。なお誕生日が1日違い(前田:1988年4月11日、小窪:1985年4月12日)。
沖縄キャンプの休日、テレビ番組に出演する為に琉球村を訪問。同期の松山竜平と沖縄の民族衣装を着用し女装をした。その後、三線に触れたりした。
上記試合での初のお立ち台の日に、奈良から朝、観戦を決めたという両親が駆けつけており、その日はレストランで親子団欒の食事をしたという。
小学校の同級生は読売ジャイアンツに所属する加治前竜一。加治前が、初安打(サヨナラ本塁打)を放ったあと、「昨日は先に打ったぞ」という電話がかかったそうである。また、加治前の初ホームランは6月6日で、自身のホームランは翌日に放っている。
ルーキー時、当時2軍コーチで寮長でもあった岡義朗に風呂場で全裸になりながら、「キ○タマの位置が高い!」と言われ、守備の特訓をしていた。
背番号についてはルーキー時「12という番号は投手っぽくてあまりピンと来ませんね。将来は一桁か25番がいいですね」と述べており、2010年からは4番に変更された。

>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.