SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

嶋基宏

嶋 基宏(しま もとひろ、1984年12月13日 - )
岐阜県海津市出身の東北楽天ゴールデンイーグルスに所属するプロ野球選手(捕手)。


経歴

プロ入り前
海津市立吉里小学校1年から「吉里少年団」で野球を始め投手としてプレーし、海津市立日新中学校では軟式野球部で主将を務め、内野手として第20回全国中学校軟式野球大会に出場した。中京大中京高校では1年秋からベンチ入りし、上級生が引退した後は主将となり秋季東海大会で優勝し、3年春の第74回選抜高等学校野球大会に二塁手として出場。1回戦で西村健太朗、白濱裕太らを擁する広陵高校と対戦し初戦敗退。夏は愛知大会決勝で東邦高校に敗れ準優勝。

高校の大藤敏行監督が竹田利秋監督に推薦し、本人も「野球のためだけではなく教師になりたかったから」という理由で高校卒業後は東都大学野球連盟二部の國學院大學に進学。強肩を見込まれて捕手にコンバートされ、1年春からベンチ入りしてブルペン捕手を務めた。2年春のリーグ戦以降正捕手となり、3年時は春季リーグ戦で首位打者を獲得して秋からは主将となった。4年春には二部リーグ優勝を果たしMVPに選出され、入れ替え戦を制して同校の1993年春以来となる一部昇格に貢献。秋の一部リーグ戦では3試合目に左足首を負傷したが、「後輩のためにも絶対に降格は出来ない」と痛み止めを飲まずテーピングのみで出場し、入れ替え戦にまわる最下位を免れ一部残留に貢献した。大学の1年後輩にはプロでもチームメイトとなる聖澤諒がいた。

2006年の大学生・社会人ドラフトで東北楽天ゴールデンイーグルスより3巡目指名を受け入団。野村克也監督が縁起を担いでいる「足して10になる数字」にあやかり背番号は37に決定。入団会見の挨拶では「19(野村監督の現役時代の背番号)が欲しかった」と冗談混じりに発言し、その場で監督から「いい捕手になったら19番を譲る」と約束された。

プロ入り後
2007年は2月26日の千葉ロッテマリーンズとの練習試合でバッテリーを組んだ田中将大が先頭のTSUYOSHIを追い込むと、「ショートバウンドでいいよ」とフォークボールの要求を匂わせつつ直球勝負という“ささやき戦術”を見せた。TSUYOSHIには「お前、うるせえよ!」と怒鳴り返されたが、後続打者にも同様にささやいて三者凡退に打ち取った。それを聞いた野村監督は「そこで黙ったらいかん。『言わないと監督に怒られます』と言えばエエ。西岡が怒るのはお前を意識しているってことや。心理で揺さぶるのも戦術」とアドバイスした。同年はチーム内の新人で唯一開幕一軍登録され、125試合に出場して川崎宗則やTSUYOSHIなどの盗塁王候補を刺すフットワークの良さで盗塁阻止率リーグ2位を記録し、新人ながらオールスターにもファン投票で出場した。打撃では苦戦し、シーズン通して打率は2割を越えることがなかったがバントはリーグ8位の20犠打を記録した。オフの11月28日に選手会主催のゴルフコンペで選手、球団スタッフ84人が参加する中、グロス106ながらハンディを生かして優勝。賞金50万円を獲得した。

2008年は藤井彰人や井野卓の台頭などにより、出場機会がやや減少。夏場にはリード面で精彩を欠いて初の二軍落ちを経験した。打撃は前年の3分の2弱の打席数ながら打率.230と2割を超え、三振の割合が減って四球の割合は増え出塁率に長打率も向上した。オフの12月4日、契約更改の記者会見時に大学で対戦した国士舘大学野球部のマネージャーだった女性との入籍を発表。

2009年は前半から出場機会が多く、更に中盤には藤井の怪我での離脱で岩隈久志とバッテリーを組むようにもなり、ようやく正捕手として定着と思われたが、野村監督に各投手に合わせた配球ができていない事を指摘され、終盤には中谷仁が多く起用され、正捕手定着とはならなかった。

プレースタイル
守備は二塁への送球がコンスタントに2~1.7秒台を記録する強肩捕手で、プロ入り以来リーグ内でトップレベルの盗塁阻止率を残しており、ダイヤモンドを見渡しての状況判断力やインサイドワークにも優れている。一方で改善傾向にはあるが、2007年にリーグワーストの捕逸数を記録した捕球面に難があったが、2009年時点大幅に改善された。反面、アピールポイントであった盗塁阻止率は年々降下させてしまっている。一軍公式戦では同期入団の田中将大や永井怜とバッテリーを組むことが多い。

打撃は大学時代に東都一部リーグで2割8分程度の打率を残しているが、スイングの弱さ等が指摘されている。プロ1年目には打撃難を克服するため一時期バスター打法にしたり流し打ちに取り組むなどした。打球方向は中堅から右翼方向が多く、満塁でセーフティスクイズを決めた事もありバント等の小技は上手い。そのためか2009年5月15日にはプロ野球の捕手としては珍しく2番打者としてスタメン出場した。

走力はそれなりの物があり、塁上でも器用に動ける。

人物
特技は書道で六段の腕前。

趣味は読書。好物は肉じゃが。座右の銘は「愛情」「真心」。口癖は「決定打に欠けるなあ」

尊敬する野球選手は谷繁元信。谷繁が自宅から近い國學院大グラウンドを毎年自主トレ場に使っており、学生時代からその姿に魅了されたという。実戦でも谷繁から直接譲り受けたミットを使用している。

中学時代は野球部の主将に加えて生徒会執行部、体育祭の応援団長を務め、学業でも9教科でオール5の成績だった。

仙台育英高校と東北高校を指揮し27回の甲子園出場経験を持つ竹田監督は「嶋ほど人間性やコミュニケーションに優れた学生や、頭脳、心、洞察力を持った選手は見たことがない」「嶋は相手を見抜く洞察力と投手の力を引き出す能力がある。監督が何を考えているかをくみ取ってゲームメークできる。佐々木主浩の天職がクローザーなら、嶋は捕手が天職」と高く評価している。

試合中に野村監督からベンチに直立させられて説教を受けることが若手選手の中でも特に多い。入団当初はリードの失敗や捕逸などでの説教が多かったが、2008年シーズン中盤以降は投手の失策で失点して投手と一緒に説教を受けたり、出場していない試合で説教を受ける場面も多々見られている。

記録
初出場:2007年3月28日、対福岡ソフトバンクホークス2回戦(福岡Yahoo!JAPANドーム)、6回裏に捕手として出場
初打席・初安打:同上、8回表に杉内俊哉から投手内野安打
初先発出場:2007年4月1日、対オリックス・バファローズ2回戦(フルキャストスタジアム宮城)、9番・捕手として先発出場
初盗塁:2007年4月20日、対千葉ロッテマリーンズ3回戦(フルキャストスタジアム宮城)、7回裏に二盗(投手:藤田宗一、捕手:里崎智也)
初打点:2007年4月24日、対オリックス・バファローズ3回戦(スカイマークスタジアム)、4回表にダン・セラフィニから中前適時打
初本塁打:2007年4月29日、対北海道日本ハムファイターズ8回戦(フルキャストスタジアム宮城)、7回裏に八木智哉から左越ソロ
オールスターゲーム出場:1回(2007年)

背番号
37(2007年 - )

登場曲
『Chaka Dance』:Beenie Man(2007年)

>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.