SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

田中浩康

田中 浩康(たなか ひろやす、1982年5月24日 - )
京都府木津川市出身のプロ野球選手。東京ヤクルトスワローズ所属。
右投右打、ポジションは内野手(主に二塁手、一軍では他に遊撃手、三塁手もつとめる)。ニックネームは「野球学博士」。


経歴

アマチュア時代
小学校2年生のときに野球を始める。中学校時代は木津第二中学校2年時にボーイズリーグのチーム、奈良スターズ(現南京都ニュースターズ)に入団しプレイする。

高校は香川県の尽誠学園高等学校に入学し、1年時と2年時に二塁手として全国高等学校野球選手権大会に出場する。甲子園での成績は12打数2安打1打点。

2001年に早稲田大学に入学。1年春から二塁のレギュラーに定着し、六大学リーグ戦の全試合に出場。3年秋にベストナイン獲得。青木宣親と1・2番、また鳥谷敬(現阪神タイガース)と二遊間を組み、走攻守揃った二塁手として活躍する。4年時にはキャプテンを務め、鳥谷が抜けた後のショートも担った。史上24人目となる大学通算100安打以上(102安打)を放つ。

また、大学時代は1年春の開幕明大1回戦に1番セカンドで出場(ちなみに4打数4三振)して以来、全試合全イニング出場のまま4年秋のシーズンを迎え、「鉄人」とも呼ばれたが、同シーズンの法大戦で左手に死球を受け骨折、その後も試合出場は続けたものの、骨折の影響で全イニング出場はかなわなかった。東京六大学リーグ通算成績は、95試合出場、368打数102安打、打率.277、6本塁打、44打点。2004年のドラフトで、ヤクルトスワローズが自由獲得枠で獲得し入団した。

プロ入り後
2005年は開幕一軍入りを果たすも、出場機会を得られないまま5月限りでファーム落ちとなる。一時不調に陥るが、8月にはイースタン・リーグで月間MVPを獲得。二軍ではルーキーながら打率.286の成績を残した。

2006年はオープン戦で絶好調のためシーズンの活躍が期待され、WBCで怪我をした岩村明憲の不在もあり、2番二塁手で初の開幕スタメンの座をつかんだが、岩村の復帰までに結果を残せず、以降はグレッグ・ラロッカが本来のセカンドに入りポジションが空かず、二軍落ちとなった。しかし、7月に宮本慎也の怪我により空いた遊撃手として一軍へ昇格。その後、宮本が復帰すると一時スタメンから外れるが、今度はラロッカが離脱。結果的に一軍に定着し、公式戦初本塁打を放つなどの活躍を見せ、9月には5番での起用もなされた。最終的に75試合出場、打率.266、5本塁打、22打点と結果を残した。

2007年はラロッカが退団し、開幕からセカンドのレギュラーとして起用される。春先は去年同様にオープン戦絶好調でありながらシーズン開幕後パッタリ当たりが止まり併用になるが、5月ごろには本来の力を発揮しレギュラーに定着した。中盤に2番二塁手として、早稲田大学時代に1・2番を組んだ1年年上の青木と再びスワローズで1・2番を組み、8月25日には自身初のサヨナラタイムリーを放つなど、スワローズに欠かせない戦力となった。3年目にして自身初の規定打席に達し、132試合に出場して、打率.295、5本塁打、51打点、また、リーグ最多の51犠打、8三塁打を記録。初のベストナインにも選出された。

レギュラーを約束された2008年、開幕で3安打猛打賞を記録すると、その後打率が急上昇。4月終了時点で打率4割をキープしていた。夏場でも3割をキープし、後半失速するも.290の高打率を残した。守備に関しても前年の8失策を半減させる4失策で守備率.995リーグトップの堅守を魅せた。一方で、同年監督に就任した高田繁が、足を使う野球を浸透させチームは12球団一の総盗塁数を残すものの、自身は4盗塁7盗塁刺の結果に終わってしまい上位打線を担える選手だけに盗塁技術向上が今後の課題となった。

プレースタイル
打撃は派手さは無いが比較的三振が少なく、しぶとくセンターから右方向にも打ち返す事が出来る。また犠打が非常に上手い。「犠打より打たせるべきでは?」という声もあるが、併殺打が多いという弱点を持つ。そのため、ランナーが詰まった場面では無理にヒッティングする作戦を避けられている。

一試合複数安打、いわゆる固め打ちの多い選手である。2007年7月11日の神宮球場における試合では、自身初の2打席連続本塁打も記録した。驚くほどの俊足ではないが、水準以上の脚力を持つ。また走塁が非常に上手い選手である。三塁打が多い他、隙を突いての盗塁も見せる。しかし、前述の通り走塁の上手さに対して盗塁はやや苦手である。

大学時代は好守をウリにしていたが、2006年はプロの打球の速さに戸惑い、不安定さも目立った。2007年春季キャンプでは古田敦也元監督から「田中の守備はハッキリ言うと下手」と叱責された。しかし同時に「田中はまじめに精一杯取ろうとする姿勢を見せてくれるからそこは評価したい」と一定の評価も得ており、事実2007年シーズン中盤からはプロの打球の速さに慣れて来た事から好判断の守備が見られるようになった。現在はピンチを救う好プレーを連発し球界トップクラスの二塁手として素晴らしい堅守を魅せている。

記録
初出場:2005年4月6日、対中日ドラゴンズ2回戦(明治神宮野球場)、10回裏に代走として途中出場
初安打:2005年5月4日、対中日ドラゴンズ5回戦(ナゴヤドーム)、7回表に朝倉健太から
初盗塁:2005年5月27日、対北海道日本ハムファイターズ4回戦(札幌ドーム)、9回表に二盗(投手:矢野諭、捕手:實松一成)
初打点:2006年6月11日、対福岡ソフトバンクホークス6回戦(福岡Yahoo!Japanドーム)、2回表に神内靖から
初本塁打:2006年8月4日、対中日ドラゴンズ9回戦(明治神宮野球場)、2回裏に佐藤充から

タイトル・表彰
ベストナイン:1回(2007年)

背番号
7 (2005年 - )

>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.