SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

中村剛也

中村 剛也(なかむら たけや、1983年8月15日 - )
埼玉西武ライオンズ所属のプロ野球選手(内野手)。
妻は元タレントの村上麻里恵。
愛称は「おかわり君」。


経歴
高校時代は大阪桐蔭高校の4番打者として活躍、高校時代の通算本塁打83本は中田翔、大島裕行についで史上3位。3年夏は歴代2位となる大阪府予選6本塁打を放った(1位は福留孝介の7本)。「浪速のカブレラ」と呼ばれドラフトの目玉となり、2001年ライオンズに入団。持ち味の長打力で、力任せではなく柔軟なバットコントロールで本塁打を量産している。

阪神タイガースの岩田稔は大阪桐蔭高校時代の同期。 また、千葉ロッテマリーンズの西岡剛は一年後輩。

プロでの経歴
2002年
二軍で満塁本塁打3本を含む7本塁打を打った。
2003年
二軍で22本塁打を打ち、イースタン・リーグ本塁打王を獲得。しかし打率は規定打席到達者中ワースト2位の.249で、三振数はリーグワーストだった。9月28日の日本ハム戦でアレックス・カブレラに代わって4番に座り一軍初出場、初打席で初安打となる二塁打を放ち、初打点も記録した。
2004年
指名打者や代打として28試合に出場し、プロ初本塁打を放ったが、三振が多く粗い打撃が目立った。二軍では二年連続20本塁打を記録した。
2005年
5月5日の対日本ハム戦(インボイスSEIBUドーム)で4打数4安打2本塁打の活躍、初のお立ち台にあがった。
ホセ・フェルナンデスを指名打者に追いやり、三塁手のレギュラーとなった。セ・パ交流試合では12球団最多の12本塁打を放ち優秀選手賞(日本生命賞)を受賞。三塁手のレギュラーに定着して一気に80試合に出場し、自己最多の22本塁打を打った。長打率は6割を越えた。
2006年
ホセ・フェルナンデスが楽天へ移籍し、三塁手のレギュラーを獲得する最大のチャンスとなった。オープン戦で本塁打王になる活躍で、5番三塁手で開幕試合にスタメン出場した。
自己最多の100試合に出場したが、本塁打は半減し9本に終わった。
三塁手のポジションを石井義人・平尾博嗣らと争う結果となり、特に左投手が先発するときはサードのスタメンは平尾博嗣になるのが恒例となってしまった。またチャンスに打てなかった(得点圏打率.205)。
2007年
8番三塁手で2年連続の開幕スタメン。打撃不振で5月に二軍落ちしたが、6月に復帰。
三塁手のレギュラーで起用され続けたが打撃が上向くことはなく、レギュラー定着以降最低の成績に終わった。アレックス・カブレラの守備難から一塁手でも10試合にスタメン起用された。
2008年
守備では主に捕球における不安定さが目立ち、リーグ最多の22失策を記録。打撃では打率は昨年よりわずかに上回ったものリーグワースト3位、得点圏打率も.231と勝負弱さも課題となった。三振は162個とリーグ最多で、シーズン記録としては歴代7位、日本人右打者では最多(2008年終了時)。
しかしこの年から打撃コーチに就任した大久保博元からミートポイントを前にするようアドバイスされ、三振の多さと引き替えに本塁打を量産。「西武」日本人選手の本塁打記録(43本、秋山幸二、田淵幸一)、25歳の本塁打記録(44本、大杉勝男、岩村明憲)を塗り替える46本塁打、自身初としては、規定打席、本塁打王、100打点(101打点、リーグ3位)、サヨナラ本塁打、オールスターゲーム出場(三塁手、ファン投票1位)。
埼玉西武の日本人選手で年間40本以上の本塁打を放ったのは1987年の秋山幸二以来21年ぶり。同球団での達成経験者としては、田淵、秋山に次いで3人目。また、日本プロ野球において、初の規定打席到達で年間40本以上の本塁打を記録したのは1985年の秋山幸二、2004年の多村仁に次ぎ日本人選手では3人目となった。
日本シリーズでは、3安打3本塁打7打点。アジアシリーズの予選、天津ライオンズ戦では東京ドームの三階席まで飛ばす特大ホームランを放っている。
2009年
5月13日の対オリックス戦で通算100号本塁打を達成。9月20日の対ソフトバンク戦で40号を放ち、西武の日本人選手では秋山幸二以来となる二年連続40本塁打を達成した。
シーズン長打86本(本塁打48本、三塁打1本、二塁打37本)は松井稼頭央の88本に次いで歴代2位。この年はケガでの離脱もあったが開幕から打ち続け、48本塁打122打点を記録し2年連続本塁打王となり、打率も.285と前年に比べて大きく上がった。打点王は自身初。2年連続の本塁打王はライオンズ日本人打者としては1953年-1956年の中西太以来53年ぶりで、打点は球団最多記録を更新した。一方で154三振・15失策で二年連続最多三振・最多失策だった。また、OPSは両リーグ唯一の10割越えを記録した。

エピソード
愛称の「おかわり君」は、先輩に好きな言葉は?と聞かれ「おかわり」と答え、またキャンプの声出しでも「好きな言葉は『おかわり』です」とアピールしたことから。一部テレビ中継では座右の銘として「おかわり」と紹介された。スポーツニュースでも「おかわりホームラン」「打点おかわり」のような使われ方をしている。ちなみに、好きな食べ物は麻里恵夫人が作るハンバーグだという。
ある番組で、昼食を終えた中村に局が用意した中華丼を出し、本当に”おかわり”するのか、という試みが行われた。しかし中村は「初めから聞いてなかったし、さっきおかわりしたから」と一口しか口にせず、すげない対応であっけなく終わった。
埼玉西武の応援では通常、選手にその試合2本目の本塁打を期待する場合「○○、○○もう一本」とコールするが、中村に対しては「おかわり、おかわりもう一杯」とコールし、大飯のイラストのプラカードも存在する。1本本塁打が出た後は、応援歌での「GO! GO! Let's Go 中村」の部分も「おかわり、おかわりもう一杯」に変わる。
チームメートからは「さんぺい」と呼ばれる(芸人の三瓶に似ていることから)。
高校時代は大阪桐蔭高校の1年後輩である西岡剛より足が速いと言われていた。見かけによらず50m走は6秒3と俊足であり、かつての笘篠誠治コーチは、「打撃センスはともかく、走塁のセンスには非常にずば抜けているものがある」「走塁に興味を持てば、球界を代表するものを持っている」と評価している。実際2008年には右打者でありながらリーグ5位の4三塁打を記録するなどその走塁センスを発揮した。しかし本人はあまり興味がないせいか、盗塁には積極的ではない。
守備では遠投も110mと肩も強く打球反応もそこそこ優れているが、捕球が不安定な上、送球のコントロールにやや難があり失策は多い。本塁打王となった08・09年は同時にリーグ最多失策も記録している。
2006年シーズンの目標として「3割30本3盗塁」を公言していたが、そのうち達成できたのは「3盗塁」だけだった。
2007年シーズンは松坂大輔のメジャー移籍によるチーム人気の低下を防ぐために、「チームの顔がいなくなるので、来年は面白い事をします」と公言。若い女性ファンの担当は中島裕之や片岡易之、栗山巧に任せ、愛嬌のあるキャラクターを生かして主に主婦層をターゲットにファンを開拓していくと宣言している。
2008年の春季キャンプ、すぽるとで中村と共に出演していた大久保博元コーチが「40本いってもらおうかな」と発言したら、本当に達成し本塁打王にも輝いた。
2009年のオールスターで渡辺監督に「50本打ちます」と宣言したが、惜しくも48本塁打に終わった。
2008年5月のオリックス戦で、金子千尋から顔面右側に死球を受け頬骨を骨折するも、スタメン出場を続けた。翌ホークスとのカードではホームランを記録するなど、非常に怪我に強い選手である。このとき大久保博元コーチが「もしライオンが近付いてきたらどうするか」と質問したところ(それでも動けないほど痛い、と答えたら休ませるつもりだった)、中村は「食べちゃいます」と答えたため「これは大丈夫だ」と翌日の出場を決めたという。
2009年現在、日本人選手で公称体重が100kgを超えているのは山崎武司と中村の2人だけである。
極端に長いスランプがなく、コンスタントに本塁打を量産している。そのため、王貞治らの持つ「シーズン55本塁打」の記録を破る最有力者と目されている。またホームランバッターでありながら前述の通り走力と肩力も平均以上である。
2009年8月1日のオリックス戦後のヒーローインタビューの際、オリックスファンから飲み物を掛けられるハプニングがあった。しかし中村はインタビューでの言及に「知りません」と対応して大きな問題にはならなかった。

タイトル・表彰
本塁打王:2回(2008年 - 2009年)
打点王:1回(2009年)
ベストナイン:1回(三塁手部門・2008年)
オールスターゲーム出場:2回(2008年 - 2009年)

背番号
60(2002年 - )

個人記録
初出場・初先発出場:2003年9月28日、対日本ハムファイターズ28回戦(東京ドーム)、4番・一塁手として先発出場
初安打・初打点:同上、1回表にカルロス・ミラバルから
初盗塁:2003年10月1日、対オリックス・ブルーウェーブ28回戦(Yahoo!BBスタジアム)、8回表に二盗
初本塁打:2004年7月24日、対大阪近鉄バファローズ18回戦(西武ドーム)、7回裏に山村宏樹から
100本塁打:2009年5月13日、対オリックス・バファローズ8回戦(スカイマークスタジアム)、3回表に山本省吾から右越2ラン




>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.