SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

川崎宗則

川 宗則(かわさき むねのり、1981年6月3日 - )
福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手(内野手)。


経歴

アマチュア時代
兄の影響で野球を始める、小、中、高校生と遊撃手。鹿児島工業高校時代は中央球界では無名だったが、50m走5秒8の俊足で左打ち・安打数の多さから「サツロー(薩摩のイチロー)」とも呼ばれた。

1999年のドラフトで福岡ダイエーホークスに4位指名され入団。

プロ入り後
ルーキーの年から2軍で遊撃手のレギュラーに定着し、2000年ウェスタン・リーグ5位(チームトップ)の打率.300を記録。2001年はウェスタン・リーグ2位の29盗塁を記録し、シーズン終盤の10月3日にプロ初出場。2002年には規定打席不足ながら打率.367を残し、認定でウェスタン・リーグの首位打者になり、9月には井口資仁の離脱で1軍の二塁手として起用された。インターコンチネンタル杯日本代表に選出。

2003年、鳥越裕介の故障により2番遊撃手で初の開幕スタメン出場。鳥越の復帰後は小久保裕紀の長期離脱で空いた三塁手にまわり、1番村松有人・3番井口とともに盗塁を量産。足でダイハード打線に貢献した。初の規定打席到達で打率.294、2本塁打、51打点、30盗塁の好成績を残し、チームの日本一に貢献した。

2004年、遊撃手のレギュラーに定着し、全試合出場と打率3割を記録。松中信彦と並び最多安打(174本)、盗塁王(42個)・ベストナイン・ゴールデングラブ賞を獲得。

2006年、WBC日本代表に選出され、遊撃手として優勝に貢献。決勝のキューバ戦では、1点差に迫られた9回表にイチローのライト前ヒットで二塁からホームへ生還。その際、捕手のブロックのわずかなすき間から右手をねじ込んで生還し「神の右手」として話題になったが、このプレーで右肘を負傷。シーズン復帰は4月中旬までずれ込んだ。レギュラーシーズンでは2年ぶりの打率3割を記録。2度目となるベストナイン、ゴールデングラブ賞を獲得。

2007年は2度の長期離脱があり、レギュラー定着後はじめて規定打席に到達しなかったが、打率.329を記録した。

2008年、交流戦で全体のトップとなる37安打、チームトップの打率.366を記録。ソフトバンクの交流戦初優勝に貢献し、野手としては初の交流戦MVPに選出された。8月、北京オリンピック野球日本代表に選出されたが、シーズン中から痛めていた左足のケガを押して出場したため骨膜炎を発症。帰国後、左足第二中足骨の疲労骨折が判明。王貞治監督の最終試合となる楽天戦で復帰した。

2009年、第2回ワールドベースボールクラシック日本代表に前回に続いて選出。遊撃手・三塁手として全試合に出場。準決勝のアメリカ戦では9番遊撃手で先発出場、4打数2安打1打点1盗塁により勝利に貢献した。シーズンでは自己最低の打率.259に終わったが、盗塁はリーグ2位で自己最多の44個、犠打はリーグトップで球団記録を塗り替える43個をマークした。

プレースタイル
2008年現在までに盗塁王、最多安打、ゴールデングラブ賞を獲得。走攻守に秀でた内野手。元気溌剌なプレーでムードメーカーとしてもチームに貢献。投手が打ち込まれた際などに自らタイムを取って声をかけに行く光景などがよく見られ、首脳陣からも次期チームリーダーとしても期待されていたが、2010年シーズンより斉藤和巳の後を引き継ぎホークスの選手会長となった。

タイトル・表彰・記録
盗塁王:1回(2004年)
最多安打:1回(2004年)
ベストナイン:2回(2004年、2006年)
ゴールデングラブ賞:2回(2004年、2006年)
オールスターゲーム出場:6回(2004年 - 2009年)
交流戦最優秀選手:1回(2008年)
月間MIP賞(2008年6月)

個人記録
初出場:2001年10月3日、対オリックスブルーウェーブ28回戦(グリーンスタジアム神戸)、2番・遊撃手として先発出場
初打点:同上、6回表にエド・ヤーナルから
初安打:2002年6月15日、対大阪近鉄バファローズ11回戦(大阪ドーム)、6回表にジェレミー・パウエルから
初本塁打:2003年7月28日、対大阪近鉄バファローズ17回戦(福岡ドーム)、3回裏に門倉健から
初盗塁:2002年6月19日、対西武ライオンズ11回戦(西武ドーム)、5回表に二盗

背番号
52(2000年 - )

人物
ニックネームは名前よりムネリン。チームメイトからは「ムネ」「ムネさん」と呼ばれている。また、入団時は公称179cm・62kgと華奢で、太れ(筋肉をつけろ)と監督命令されたことから岡本克道から「ヒヨコ」とあだ名されていた。
実家は川崎電気工事という父が開業した電気工務店で、自身も高校時代に第2種電気工事士の資格を取得している。『東京フレンドパーク2』出演時、電気事業者を答えるクイズで「川崎電気」と回答し、関口に「ノイズが入らなかったか?」と突っ込まれ、渡辺正行が「CMが入りました」とフォローした。
2004年から盗塁数と同数の車椅子を寄贈する「走れ!川崎プロジェクト」を立ち上げ、2006年末に吉武真太郎や吉本亮、山崎勝己、井手正太郎らをメンバーに、自身がオーナーを務めて「宗rin's」という軟式野球チームを作って小・中学生と交流するなどメセナ活動も行っている。
背番号52にはこだわりを持っており、入団以来何度も背番号変更を打診されているが断り続け、WBCでも52番をつけた。これは彼がイチローをして「イチローマニアですね」と言わせるほどの大ファンである為で、イチロー(背番号51)のひとつ後の番号という思い入れから。
アリゾナにあるイチローの別宅に招待された際、「どちらがイチローさんの車の助手席に乗るか」を巡るジャンケンで今江敏晃(ロッテ)に敗北した(『ジャンクSPORTS』内での今江の発言)。2007年はヤフードームの登場曲もイチローと同じ楽曲(矢沢永吉の『止まらないHa~Ha』)を使用した。
青木宣親(ヤクルト)とは同学年で出身が近い(鹿児島と宮崎「ただし姶良郡姶良町と日向市は100キロ近く離れており必ずしも近いとは言えず、単なる隣県という程度の話である。」)こともあって旧知の間柄。高校時代に練習試合で対戦している。他、馬原孝浩ら同学年の選手や、WBCで二遊間を組んだ西岡剛(ロッテ)と交友が深い。芸能関係では他にラッパーのMCU(KICK THE CAN CREW)と交流があり、2007年のオープン戦で打席に入る際のテーマソングに、MCUの提供した『サヨナラ』を使用した。
2006年、母校の鹿児島工業高校が夏の甲子園に初出場した際、紫の刺繍で校名を縫い取ったスポーツバックを贈った(同校はベスト4に進出)。同年春、川崎は自主トレーニングでこの母校の野球部の後輩たちと一緒に練習をしていた(公式HPの日記より)。
2008年7月23日、オールスター第2戦でマーク・クルーンより死球を受ける。このときの球速は160km/hで、日本球界最速の死球である。

FMラジオ
2004年1月より福岡市のCROSS FMでナビゲーターを務め、『川崎宗則の今日もヨロシコ』を毎年1月から3月の期間限定で放送している。近況報告や裏話、ファンからの質問が中心で人気企画となっている。

入場テーマ(出囃子)
ケツメイシ「夏の思い出」(2005年夏場まで)
Soul Camp「Big Mama」(2005年夏以降)
ウルフルズ「バンザイ~好きでよかった~」(2006年開幕~5月頭頃)
Def Tech「Catch The Wave」(2006年5月のみ)
BENNIE K「サンライズ」(2006年6月~7月頃)
HOME MADE 家族「サルビアのつぼみ」(2006年9月以降)
MCU「サヨナラ」(2007年オープン戦のみ)
矢沢永吉「止まらないHa~Ha」(2007年開幕以降、6月下旬より第1打席目に使用)
GReeeeN「道」(2007年6月下旬より第2打席目以降に使用)
Natural Radio Station「福岡WALKER」(2008年開幕~)
Natural Radio Station「LIFE STYLE」(2008年4月~、第2打席のみ使用)
Memphis Bleek「LIKE THAT」(2008年6月3日のみ?)




>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.