SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

クリス・アギーラ

クリス・アギーラ(Christopher Louis Aguila, 1979年2月23日 - )
NPB福岡ソフトバンクホークス所属の外野手。
アメリカ合衆国カリフォルニア州レッドウッドシティ出身。
右投右打。


経歴

米国時代
アギーラは高校時代はリノにあるマックイーン高校でプレーし、同校の1シーズン最多本塁打記録を作った。3年時には高校の全米ファーストチームの指名打者に選出された。

1997年のドラフト3巡目でフロリダ・マーリンズがアギーラを三塁手として指名。入団当初は若手有望株と期待されていたが、2シーズンをルーキーリーグ、2シーズン半を1Aで過ごすことになった。1999年途中には外野手にコンバートされた。プロ入りして5シーズン目となった2001年は2Aのポートランド・シードッグスでプレーし、64試合で打率.257という成績だった。2002年も引き続きポートランドでプレーし、打率.294という結果だった。2003年はマーリンズが提携先を変えたため、引き続き2Aの所属となったもののチームはカロライナ・マッドキャッツに変更。この年は93試合で打率.320という結果を残し、実力を証明したアギーラは翌年の2004年にはマーリンズの春季キャンプに招待された。

アギーラは2004年の開幕メジャー入りは逃したものの、監督のジャック・マキーオンに印象を与えることになった。3Aのアルバカーキでは打率.312を残し、マーリンズでメジャー昇格を果たす。この年は29試合の出場にとどまったものの、2005年は開幕メジャー入りを果たした。

2005年のアギーラはミゲル・カブレラ、フアン・ピエール、フアン・エンカルナシオン、ジェフ・コーナインに続く5番手の外野手としてプレー、しかし主な役割は代打となった。始めの2か月ではわずか16打数しか立てず、5月27日には3Aに降格した。3Aアルバカーキでは正中堅手として起用され、35試合で打率.351・7本塁打・25打点と活躍し、7月7日にはジョシュ・ウィリンガムが故障者リスト入りしたことに伴いメジャーへ復帰した。この年の残りはマーリンズでプレーしたものの、引き続き代打としての起用が主で先発出場は12試合に終わり、そのほとんどが怪我のエンカルナシオンの代役としてのものだった。結局78打数で打率.244、本塁打ゼロ、4打点という結果でシーズンを終えたアギーラはこのオフはドミニカウインターリーグでプレーをした.。

アギーラは2006年により多くの出場機会が与えられる予兆がいくつかあった。2005年シーズンの終わり頃、A.J.バーネットは監督のジャック・マキーオンに対し、いくつかの理由で批判した。その一つとしてマキーオンはアギーラ、ウィリンガム、そしてジェレミー・ハーミダのようなマイナーで既に実力を証明している若手ではなく、衰えを見せているベテランを重用していることをあげた。またエンカルナシオンがフリーエージェントで移籍し、ピエールがシカゴ・カブスへトレードされたこともアギーラが2006年のマーリンズで正外野手として起用される後押しとなった。さらにマキーオンは2005年シーズン終了後に監督勇退を表明し、その後任としてジョー・ジラルディが就任した。

アギーラは2006年も開幕メジャー入りを果たした。ハーミダが控えの間、マーリンズがジョー・ボーチャードと契約するまでは右翼手として出場。ボーチャードと契約後はエリック・リードやレジー・アバークロンビーと中堅手を争うことになった(ウィリンガムは時々捕手として出場したものの、ほとんどは左翼手として出場)。リードは35打数4安打と不調だったために3Aへ降格したものの、その間にアバークロンビーは11試合連続安打を放ち、アギーラは出場機会を奪われ、5月3日以降の16試合で先発はわずか3試合だった。5月26日にはシンシナティ・レッズからコーディ・ロスをトレードで獲得、そのためアギーラは3Aへ降格することになった。3Aアルバカーキでは打率.383(47打数18安打)・1本塁打・13得点を記録し、ウィリンガムが故障者リスト入りしたためにマーリンズへ昇格した。その後再び3Aに降格したがマイナーのシーズン終了後は再び昇格し、8試合で9打数3安打という内容だった。先発出場は1試合も無かったものの、フィラデルフィア・フィリーズ戦では二塁打を含む3打数2安打と活躍し、このシーズン最後の勝利に貢献した。

2006年10月13日、マーリンズはアギーラのメジャー契約を解除した。12月10日にピッツバーグ・パイレーツとキャンプ招待選手としてマイナー契約を結んだ。しかし開幕メジャー入りは果たせず、この年は3Aのインディアナポリス・インディアンズで過ごすことになった。2008年は3月にニューヨーク・メッツとマイナー契約し、3Aのニューオーリンズ・ゼファーズでプレーした。6月11日にエイブラハム・ヌニェスが戦力外になったことに伴い、メジャー昇格。しかし3試合に出場しただけで戦力外となった。再びメジャー昇格するものの、7月11日にまたも戦力外となり、7月15日にはそのまま3Aに降格した。シーズン終了後にフリーエージェントとなり、11月23日に福岡ソフトバンクホークスがアギーラの獲得を発表した。

日本時代
2009年2月5日、春季キャンプを張っていたチームに合流し、同日に入団会見も行った。キャンプでは走攻守3拍子揃ったところを見せて首脳陣から大きく期待され、その後右膝を痛めてやや出遅れたが、オープン戦終盤に2本塁打を打つなど、シーズンに向けて調子を上げているかに見えた。

ところが、シーズンに入ると極度の打撃不振に陥り、松田宣浩が離脱して固定できていなかった3番に入る試合もあったが、全く結果を残せずに4月17日に2軍落ち。その後、前年まで千葉ロッテマリーンズに在籍していたホセ・オーティズが加入し一旦外国人枠は埋まったが(この年のソフトバンクの外国人枠は基本的に投手3・野手1である)、アギーラが2軍で好成績を残したこと、開幕当初先発ローテーションに入っていたキャメロン・ローが2軍落ちして枠が1つ空いたことに伴い、5月15日に再昇格した。

だが、ここでも4試合でわずか1安打と不振で、5月21日に再度登録抹消。その後はジャスティン・ジャマーノがローテ入りしたこともあって1軍昇格がないまま、8月31日に帰国。2009年限りでの退団が濃厚になっている。

背番号
4(2009年 - )

個人記録
初出場・初先発出場:2009年4月3日、対オリックス・バファローズ1回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、6番・中堅手として先発出場
初安打:2009年4月4日、対オリックス・バファローズ2回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム、9回裏に加藤大輔から右前安打




>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.