SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

ホセ・オーティズ

ホセ・オーティズ(José Daniel Ortiz, 1977年6月13日 - )
福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手(内野手)。
ドミニカ共和国出身。


経歴
1994年に17歳でオークランド・アスレチックスとメジャー契約を結び、高い身体能力は早くから注目されていた。2000年9月15日にメジャーデビューを果たし、翌年は途中移籍したコロラド・ロッキーズで13本塁打をマークした。

2003年、オリックス・ブルーウェーブに入団。1年目から33本塁打をマークし、長打の面では期待にこたえた。5月3日の西武戦ではサイクル安打を達成している。しかしチャンスには弱く併殺打も多かった。また、二塁の守備では打球処理が雑で状況判断も悪く失策を連発し、24失策はリーグワーストであった。

2004年は、この年から監督に就任した伊原春樹によって一塁手にコンバートされたが、打撃面ではまずまずの数字を残したものの、18失策と結局守備難は解消されなかった。1億円を超える高額な年俸、またこの年チームが近鉄と合併する等の事情も重なり、同年オフに解雇された。

オリックス退団後は、アメリカの独立リーグやメキシカンリーグでプレーした。この間、投手としてのプレーも経験するなど、辛酸をなめた。

2007年6月25日、フリオ・ズレータの故障で右打ちの内野手の補強を目指していた千葉ロッテマリーンズに入団。ロッテでは第1号を満塁ホームランで飾るなど勝負強さが向上しており、またオリックス時代は失格の烙印を押された二塁の守備も堅実で幾度もチームのピンチを救い、毒舌解説で知られる倉持明に絶賛されるほどであった。シーズンのおおよそ半分の出場ではあったが、この年の失策数はわずか2であった。

2008年は後述の「グラブ投げ付け事件」が話題になってしまったが、二塁の守備自体はこの年も安定していた。内野ならどこでも守れ、チーム事情から一塁や三塁を守ることも多かったが、不得手としていた(ちなみに、2007年9月16日のオリックス戦では、守備機会はなかったが9回裏に遊撃手を守った)。一塁や三塁よりも、二塁や遊撃手のように敏捷に動き回る守備の方が得手としていた。打撃の数字自体は外国人としてはやや物足りなく、夏場に約1か月戦線離脱したこともあって規定打席には達しなかったが、この年のロッテ外国人野手の中では一番良い数字を残した。また、この年は1番以外の全打順でスタメン出場したが、故障からの復帰後は2番で起用されることが多かった。他にも、二塁走者時に浅めのレフトフライがあがって、並みの選手ではタッチアップが困難だが、三塁へタッチアップ成功させるなど好走塁も見られた年だった。

12月2日に自由契約公示され、去就は保留となっていたが、2009年1月16日に退団が発表された。

その後、メキシコリーグでプレーしていたが、2009年4月17日、長打力のある打者の補強を目指していた福岡ソフトバンクホークスが獲得を発表。来日初打席となる4月28日の西武戦で来日初打席初本塁打を放った。ソフトバンクでは主に三塁と左翼手の守備に就いている。ロッテ時代は打順を固定されず、本来の長打力も発揮できていなかったが、ホークスにおいてはクリーンナップに固定されたこともあって、本来の長打力を取り戻しつつある。

エピソード
イチローのメジャーデビュー戦で最初の打席に打ったセカンドゴロをとったのはこのオーティズである。
ファーストネームが「ホセ」であることから、千葉ロッテでの応援歌はかつてホセ・フェルナンデス(現・オリックス)の応援歌だったもの(原曲は『リパブリック讃歌』)が使用されていた。
2008年5月4日、千葉マリンスタジアムでの西武戦で二塁守備時に栗山巧が打った一二塁間を抜けようかという打球にグラブを投げて止めたため、野球規則により安全進塁権を3つ与え3塁打にしてしまった。西武の黒江透修ヘッドコーチ(当時)はこのプレーについて「40年以上の野球人生で見たことがない」と発言している。このあと石井義人の犠牲フライにより失点につながっている。このプレーに関して本人は相当ショックを受けたらしく、首脳陣はカウンセリングを受けさせる事すら検討した。
オリックスを退団後、メジャーや日本で生き残るには守備を上達させないといけないと実感し猛練習したという。伊原春樹が守備の細かいことに口出しするのを当時は不快に感じたが、今では彼の言っていることは正しいと思い、指導者として尊敬しているという。
前述のサイクルヒットを達成したときにもらった時計をとても大切にしている。

NPB個人記録
初出場・初先発出場:2003年3月28日、対大阪近鉄バファローズ1回戦(大阪ドーム)、5番・三塁手として先発出場
初打席・初安打・初本塁打・初打点:同上、2回表にジェレミー・パウエルから
初盗塁:2003年3月29日、対大阪近鉄バファローズ2回戦(大阪ドーム)、8回表に二盗
サイクル安打:2003年5月3日、対西武ライオンズ戦(西武ドーム)

背番号
8(2003年 - 2004年)
4(2007年途中 - 2008年)
49(2009年途中 - )



>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.