SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

辻武史

辻 武史(つじ たけし、1979年6月12日 - )
福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手(外野手)。


プレースタイル
主な守備位置は中堅手。最大の武器は守備力。守備範囲の広さと、グラブの先でも捕球できる球際の強さが持ち味。

走塁センスやここ一番での打力も高く、スーパーサブとして存在感を見せる。

来歴
星稜高校では、1997年に春の甲子園2回戦敗退。同年夏の石川県野球大会では4回戦敗退。同年のドラフト会議で5位指名を受け福岡ダイエーホークスに入団した。

二軍では主力選手として毎年のように好成績を残し、強肩・俊足を生かした守備力には定評があるが、打撃に難があり長らく一軍定着には至らなかった。

2005年は二軍でチームトップの75試合に出場して打率.273・4本塁打・15盗塁、2006年は打率.281・7本塁打・13盗塁、2007年は打率.304・1本塁打・9盗塁と好成績を残している。

2006年に一軍初本塁打・初盗塁を記録。2007年には多村仁や大村直之の故障などで自己最多の54試合に出場。しかし打率.200とチャンスを生かせなかった。

しかし、2008年には再び多村・大村や井手正太郎が故障したため、5月頃から中西健太・長谷川勇也らとともに外野の一角を担うようになった。課題だった打撃成績も向上し、特に対戦投手が左のときに先発出場することが多くなった。最終的に87試合出場、打率.274、打点13という成績を残している。

人物
元チームメイトの大村を師と仰ぎ、ベンチで座る位置は隣同士、プライベートでも一緒に食事に行くなど大変仲が良い(大村曰く「辻は僕の税金対策」)。

エピソード
プロ入り後10年経っても、一軍で安定した活躍をできずに、自信をなくすこともあったが、王貞治監督から「プロで10年プレーするのは、よほど能力がある人しか無理、もっと自信をもて」と言われたことで、自信がつき、思い切ったプレーができるようになったという。
2008年7月26日4回裏、走者二塁の場面で、辻は二遊間を抜けるタイムリー性の当たりを放ったが、内野手を越える前に二塁審佐藤純一に当たっていた為、「内野手を越える前に打球が審判に当たった場合はボールデッド」という規定により、協議の結果二塁内野安打(1つの安全進塁権)と裁定され、既にホームインしていた二塁ランナーも三塁に戻されるという珍事が起きた。これについて辻はヒーローインタビューで「審判に1点邪魔された」と暗に批判をしている。
奇しくも、星陵高の先輩にあたる松井秀喜と誕生日が同じである。

背番号
58 (1998年 - )

記録
初出場 2002年9月11日対西武ライオンズ24回戦(西武ドーム)・8回に代打で出場
初安打 2002年9月22日対日本ハムファイターズ27回戦(東京ドーム)・3回に下柳剛から
初本塁打 2006年7月25日対千葉ロッテマリーンズ(福岡Yahoo! JAPANドーム)・小林宏之から

入場テーマ(出囃子)
影山ヒロノブ「CHA-LA HEAD-CHA-LA」

>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.