SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

杉内俊哉

杉内 俊哉(すぎうち としや、1980年10月30日 - )
福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手(投手)。


プレイスタイル
セットポジションからゆったりしたモーションで投球する、バランスのとれた投球フォームが特徴。その綺麗なフォームから、投手の手本として取り上げられることも多い。武器は抜群の制球力により低めコーナーに決まるカーブや、スラーブ、スライダー、サークルチェンジ、無回転のチェンジアップ、高めのストレート(最速は149km/h)を使い、三振を量産する。

成績の良いシーズンと悪いシーズンの差が顕著で、成績の良いシーズンが続いたことが少ないため、「隔年投手」と呼ばれることがあった。本人もそれを気にしていたが、2008年に10勝をあげて自身初の2年連続2桁勝利を達成、最多奪三振のタイトルも獲得し、「隔年投手」の汚名を返上した。

来歴

プロ入り前
福岡県春日市生まれ、大野城市育ち。大野城市立大野小学校、大野城市立大野中学校、鹿児島実業高等学校卒業。小学4年生の時に大野城少年野球に所属し野球を始めた。当時は外野手で、5年生で一塁手。6年生の時に投手に転向し、エースとして全国大会に出場(ベスト16)。中学時代は市の少年硬式野球チーム(大野城ガッツ)のエースで、チームを全国準優勝に導いた。鹿児島実業高等学校時代には3度甲子園に出場。

1998年(高校3年次)第80回全国高等学校野球選手権大会予選鹿児島県大会では47回2/3で64三振を奪って「南国のドクターK」と称された。本戦の1回戦で八戸工大一(青森)相手にノーヒットノーランを達成。同2回戦で松坂大輔らを擁する横浜(東神奈川)と対戦するもカーブをことごとく見極められ、松坂に本塁打を喫するなど8回6失点で敗退。

高校卒業後、三菱重工長崎に就職。2000年には都市対抗野球大会出場に貢献。大会直後にシドニーオリンピック野球日本代表に選出され、オリンピックに出場(4位)。2001年の日本選手権ではチームの初優勝に貢献。同年秋ドラフト会議で福岡ダイエーホークスに3巡目指名され入団。憧れていた工藤公康と同じ背番号47番を与えられる。

プロ入り後
1年目の2002年は、シーズンでは2勝に終わる。制球難の克服のためフォームをノーワインドアップからセットポジションに変更したことが功を奏し、2003年には先発ローテーションに定着し2桁勝利を達成。日本シリーズでも阪神相手に2勝を挙げ日本一に貢献し、シリーズMVPを獲得。胴上げもされた。シーズンオフにはTV番組とべとべホークスのレポーターだった上葉えりかと結婚。

2004年6月1日、ロッテ戦に2回7失点で降板直後、ベンチを殴打し両手を骨折。この行為に対して球団から罰金100万円を科せられた。

2005年、前年の汚名をばねに奮闘。4月、5月と2ヶ月連続で月間MVPを獲得。自己最速で10勝目を挙げ、チームでは杉浦忠以来4人目となるシーズン200奪三振(218)を達成。パ・リーグの左腕では16年ぶりの18勝をあげ、防御率は2.11で初の最多勝・最優秀防御率・沢村賞(パ・リーグの左腕投手の受賞は史上初)のタイトルを獲得。MVPにも選出された。またこのシーズンは死球・暴投・ボーク・失策がいずれも0と好成績を記録した。

2006年、WBC日本代表に選ばれ、2試合に登板し0勝1敗防御率5.40。レギュラーシーズンでは中盤以降失速し、規定投球回数に届かず7勝に終わった。プレーオフでも第2ステージ第1戦で先発し3回2失点で敗戦投手になった。

2007年、2年振りの2桁勝利となる15勝を記録するなど、先発陣の軸として活躍。2008年も2年連続となる2桁勝利を達成。交流戦期間では12球団トップの48個の三振を奪い優勝に貢献。8月の北京オリンピック野球日本代表に選出されシーズン中の登板回数が不利な中、3年振りの200奪三振を達成。奪三振率は9.78で、NPB1位だった。10月1日、京セラDでの清原和博の引退試合に先発登板し、清原の打席では全球ストレートで勝負した。王監督の指揮する最終戦となった10月7日の楽天戦では、9回無失点で11個の三振を奪い、ダルビッシュ有を抜いて最多奪三振のタイトル獲得。しかし試合は杉内降板後にサヨナラ負けを喫し、チームは12年振りの最下位に終わった。

2009年、グラブの位置を上げ、左手が隠れるようにした投球フォームに変更。2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表に選ばれ、5試合にリリーフとして登板し6回1/3を無安打無失点と、日本チームの2連覇に大きく貢献。"陰のMVP"と称された。4月5日、史上122人目、現役では8人目となる通算1000奪三振を歴代4位のスピードで達成。交流戦では12球団最長の44回を投げるなど負けなしの3勝を挙げてチームの交流戦連覇に貢献し、交流戦のMVPに選出された。6月度の月間MVPにも選出され、6度目の月間MVPはパ・リーグ投手部門史上最多となった。8月23日の対日本ハム戦で先発選手全員から三振を奪い、自己最多となる15奪三振。9月20日の対埼玉西武ライオンズ戦で10奪三振し、1993年の野茂英雄以来史上2人目、左腕では史上初の5試合連続2桁奪三振を達成した。二年連続の最多奪三振、ダルビッシュと並ぶ勝率.750で最優秀投手の二冠を獲得し、「日本最強左腕」と称されるようになった。

人物
投球は左投げだが、筆記・食事では右手を使う。
本来は右利きだが、母親が「左利きの人が好きだから」という理由で杉内を左投げにした。
現在チームメイトである本多雄一は、大野城ガッツ、鹿児島実の後輩でもある。
1998年、全国高等学校野球選手権大会の1回戦で八戸工大一を相手にノーヒットノーランを達成しているが、この日は母親の誕生日で、試合前に「20奪三振と完全試合をやる」と宣言したという。宣言通りとは行かなかったが、16奪三振を記録。与えた四球は1つだった。
家族(結婚前は母、姉、祖父母)を非常に大切にし、前述の甲子園のエピソードに表されるように特に母親を大事にしていたことから、同僚の斉藤和巳からは「マザコン」と冷やかされもした。ダイエーとの契約金で母と祖父母のためにマンションをそれぞれ購入し、自分は残った契約金の中から子犬を買った。社会人時代も給料はほとんどを実家へ仕送りしていたという。社会人野球を経験したことから自分で稼ぐことの大変さを学んだと述べている。2004年のベンチ殴打事件に関して杉内の祖父は「俊哉は背負っているもの(家族のこと)が大き過ぎるから」と擁護した。
休みの日は野球好きの長男に付き合い、「実況パワフルプロ野球」で遊んだ後に公園で野球を教えている。
お笑いコンビ平成ノブシコブシの吉村崇に似ていると言われた事がある。
メジャーリーグ志向の強い選手が多い中、杉内は否定的な立場を取っている。本人の弁では「英語がわからないから」。
筋力トレーニングに「加圧トレーニング」という方法を利用している。以前はプロでやっていくには体が小さすぎると言われていた。そのため早急に筋肉量を増やす必要があったからだという。
洞爺湖サミットが開催される2008年7月7日までの一年間、“Cool Earth Ambassador(クール アース アンバサダー)”に就任した。
5月に強く、『ミスター・メイ』の異名をとる。2005年には5勝、2007年も5勝、2008年は4勝でいずれも無敗で月間MVPを獲得している。また、2007年から連勝中。
月曜日にも強く、連勝中である。
各シーズン初登板は、8戦6勝(1完封)で、無敗である。
2009年からイチローと、世界で二人しか使用していない新素材のアンダーシャツを使用。
「杉内基金」を設立し、1勝ごとにAEDを寄贈している。2005年までは車椅子だった。

背番号
47(2002年- )

タイトル
最優秀選手:1回(2005年)
最多勝:1回(2005年)
最優秀防御率:1回(2005年)
最多奪三振:2回(2008年、2009年)
最優秀投手(旧最高勝率):1回(2009年)
沢村賞:1回(2005年)
ベストナイン:1回(2005年)
日本シリーズMVP:1回(2003年)
交流戦MVP:1回(2009年)

表彰

表彰(プロ野球)
月間MVP:6回(2003年8月、2005年4月、2005年5月、2007年5月、2008年5月、2009年6月) ※パ・リーグ投手部門史上最多、3年連続月間MVP受賞パ・リーグ史上3人目
最多奪三振賞:1回(JA全農GO・GO賞 2008年5月度)

表彰(その他)
年間MIP賞【 西日本スポーツ 】:2回(2005年、2008年)
月間MIP賞【 西日本スポーツ 】:2回(2008年5月度、2009年6月度)
ヤナセ・福岡ソフトバンクホークス年間MVP賞【 (株)ヤナセ 】:1回(2005年)
スポーツ日本年間MRP賞:1回(2005年)
ベスト・ファーザー イエローリボン賞 in「プロ野球部門」【 日本メンズファッション協会 】(2009年度)
福岡市スポーツ栄誉賞【 福岡市 】(2006年)
大野城市民スポーツ栄誉賞【 大野城市 】(2003年)
第3回西新勝鷹水神MIP賞【 西新商店街 】:1回(2005年)
大野城市民特別栄誉賞【 大野城市 】(2009年)
MOSTハイアールヒーロー賞【 VIVA!!SPORTAS(九州放送)】 :1回(2009年)
※【】内は主催機関

個人記録

投手記録
初登板・初勝利:2002年4月1日、対千葉ロッテマリーンズ1回戦(福岡ドーム)
初奪三振:同上、1回表にサブローから
初完投・初完封:2003年3月30日、対千葉ロッテマリーンズ3回戦(福岡ドーム)
1000奪三振:2009年4月5日、対オリックス・バファローズ3回戦(福岡Yahoo!Japanドーム)、4回表2死にホセ・フェルナンデスから(史上4位のスピードで達成)
1000投球回数:2009年4月26日、対東北楽天ゴールデンイーグルス6回戦(福岡Yahoo!Japanドーム)、4回表2死に渡辺直人を遊撃ゴロに打ち取り達成

打撃記録
初安打:2005年5月31日、対阪神タイガース4回戦(阪神甲子園球場)、3回表に杉山直久から三塁内野安打
初打点:2009年5月25日、対東京ヤクルトスワローズ2回戦(明治神宮野球場)、2回表に石川雅規から左前適時打

その他の記録
毎回奪三振:2回
2005年8月20日、対埼玉西武ライオンズ14回戦(福岡Yahoo!Japanドーム)、9回完投13奪三振
2008年10月1日、対オリックス・バファローズ22回戦(京セラドーム大阪)、8回完投13奪三振
1イニング4奪三振:2003年4月14日、対千葉ロッテマリーンズ4回戦(千葉マリンスタジアム)
日本シリーズ最少四球(投球回10以上):0個(日本シリーズタイ記録)※史上6人目
1シーズン2桁奪三振11度:2008年 ※史上7人目
5試合連続2桁奪三振:2009年(8月23日-9月23日)※史上2人目(左腕史上初)
スミ1完封勝利:1回
2008年5月10日、対日本ハムファイターズ7回戦(函館オーシャンスタジアム)
3年連続月間MVP受賞:2007-2009年 ※パ・リーグ史上3人目
オールスターゲーム出場:2005年、2007年、2008年、2009年
シドニーオリンピック野球日本代表(2000年)
2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表(2006年)
北京オリンピック野球日本代表(2008年)
2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表(2009年)

登場曲
『every little thing every precious thing』LINDBERG - 2006年
『Torero』Chayanne - 2007年
『SPEED』吉川晃司 - 2009年

>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

suhjhhj@gmail.com

水着 競泳

2013.07.13| URL| ストリングビキニ #EBUSheBA [編集]

zxyuqvxg@gmail.com

時計 ブランド メンズ

2013.09.09| URL| エンポリオアルマーニ 時計 #EBUSheBA [編集]

aasfhls@gmail.com

ブランド 人気

2013.09.09| URL| ブランドバッグ 人気 #EBUSheBA [編集]

rprjqhzfdt@gmail.com

バッグ メンズ

2013.09.10| URL| samantha tiara #EBUSheBA [編集]

ikfdty@gmail.com

時計 メンズ

2013.09.18| URL| プラダ 財布 #EBUSheBA [編集]

eqqohiw@gmail.com

ビジネスバック

2013.09.24| URL| サマンサタバサ ポーチ #EBUSheBA [編集]

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.