SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

和田毅

和田 毅(わだ つよし、1981年2月21日 - )
福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手(投手)。


プレースタイル ・特筆
球持ちが良く、打者より左腕が見えない変則的なフォームから繰り出されるストレートはキレがあり、微妙に左右に変化するくせ球でもありMAX146km/h、平均にして140km/h前後ながら三振を量産する。(打者の体感速度は150km/h超とのこと。)変化球はスライダー、サークルチェンジ、カーブを投げる。決してコントロールが悪いというわけではないが、逆球が多いのも特徴の一つ。杉内俊哉、大隣憲司とともにホークス左投手の三本柱と呼ばれ、その中でも和田は5年連続二桁勝利を達成するなど、毎年コンスタントに成績を残している。また、課題とされる被本塁打も年々減少している。

経歴

プロ入りまで
野球を始めたのは、1987年、江南市立藤里小学校1年のとき、地元の「江南団地野球」に入ったのがきっかけ。

1991年、父の故郷島根県出雲市へ転居。浜田高校のエースとして、1997年度の全国高等学校野球選手権大会に2年生エースとして出場。初戦でエース・石川雅規を擁する秋田商と対戦。9回同点から満塁策をとるが、続く打者石川も歩かせてしまいサヨナラ押し出しで敗れる。翌1998年度の全国高等学校野球選手権大会ではベスト8に進出。初戦は富樫和大-加藤健のバッテリーを擁する新発田農に勝利。続く3回戦で森本稀哲を擁する東東京代表帝京高校と対戦、森本に本塁打を打たれるが、試合は3-2で勝利。次の準々決勝では古木克明を擁する豊田大谷高校と対戦、延長10回3-4で敗れた。この前年の秋に上腕三頭筋を断裂していることもあり、この当時は120km/h程度しか出ていなかったが、帝京高校の選手は「150km/hに見えた」と証言している。

早稲田大学人間科学部に進学。1年秋、9月12日の東京大学戦で東京六大学初登板。同級生のトレーナーと試行錯誤を重ねて、フォームにさらに磨きをかけた。それにより高校時代には130km/hにも満たなかった球速が2か月で140km/hを超えるまでになっている。2年春から先発陣に仲間入りし、群を抜くペースで三振を奪い話題を集めた。また、打撃に優れ、高校時代はクリーンナップを打った。

2002年には江川卓の持っていた東京六大学野球連盟奪三振記録443を更新し、通算476奪三振にまで記録を伸ばしている。早稲田の「ドクターK」と呼ばれ、プロ注目の投手として各球団が争奪戦を展開した。なお、この世代には他大学にも好投手が揃っており、法政大学の土居龍太郎・慶應義塾大学の長田秀一郎・立教大学の多田野数人らとしのぎを削っていた。

4年時はエースとして早大52年ぶりの春秋連覇達成に貢献し、2季連続でベストナインに選出。藤井秀悟から継承した背番号18を早大の左投手のエースナンバーとして定着させた。リーグ通算62試合登板27勝13敗、防御率1.35、476奪三振。27勝は、早大の左投手として最多。己に厳しくひたむきな練習姿勢は下級生の鳥谷敬・青木宣親・比嘉寿光・由田慎太郎らに影響を与え、それが早大野球部史上初の4連覇を達成する元となった。

同年の全日本大学野球選手権大会では決勝で木佐貫洋・永川勝浩擁する亜大に敗れ、明治神宮野球大会でも準決勝で東北福祉大に敗れ日本一は果たせなかった。

ドラフトでは自由獲得枠で福岡ダイエーホークスに入団。入団の理由に、秋山幸二の引退試合での、福岡のファンの温かさへの感動を挙げている。また、実際に福岡ドームに試合を観戦しに行き、その熱い声援が早慶戦に似ていたことも挙げている。

プロ入り後
2003年、新人離れした投球術で1年目から先発ローテーションの一角を担い、優勝に貢献。14勝(5敗)を挙げ、新人王を満票で獲得。阪神タイガースとの日本シリーズでは3勝3敗で迎えた第7戦に先発し、史上初めて新人で完投し、日本一の胴上げ投手となった。

2003年末のアジア野球選手権のみならず、2004年のアテネオリンピックでも先発で活躍し、銅メダルに貢献。シーズンでは「2年目のジンクス」がないと言われていたが、相次ぐケガに悩まされ10勝6敗、防御率4.35と不本意な成績となった。それでも、被打率はリーグ最低の.228だった。

2005年、トレーナーと正式に専属契約を結び、ソフトバンクホークスの開幕投手として勝利。その後12勝(8敗)をあげ、ホークスでは1960年の杉浦忠以来となる新人から3年連続の2桁勝利を達成する。同年12月20日には、入団4年目の選手の年俸としては松坂大輔(西武)の1億4000万円を抜いて史上最高額となる、1億4500万円(推定)で契約更改した。

12月10日球団よりタレント・女優の仲根かすみと入籍したことを発表、同年12月14日には出雲大社で挙式・出雲市内の某所で披露宴を行った。翌2006年9月13日には仲根が長女を出産した。

2006年、2007年も連続して二桁勝利を挙げ、石川雅規(ヤクルト)に並び現役選手では2人目となる入団から5年連続の二桁勝利を達成した。ホークスとしては杉浦忠以来45年ぶりの記録となった。

2007年シーズン終了後、米ロサンゼルス市内の病院で内視鏡による左ひじ遊離軟骨の除去手術を受けた。

2008年はオールスター前までに8勝を挙げ、北京オリンピック代表に選出された。6年連続2桁勝利も期待され、チーム復帰後は優勝した埼玉西武相手に10回を1失点以下に抑える試合を2つ数えるなど、復帰後の防御率は3.18と安定した投球を続けたものの、初めて二桁勝利に届かなかった。後輩の面倒見がよく和田との自主トレを志願した藤岡好明、岩崎翔、他チームだが大嶺祐太と一緒に合同自主トレを行った。

2009年4月3日のオリックスとの開幕戦で2度目の開幕投手を務めた。完封勝利を挙げ、プロ野球最多タイでパ・リーグ新である開幕戦14奪三振を記録した。その後肘の炎症で長期離脱を余儀なくされてしまった。

社会福祉活動
2005年シーズンオフから投球数×10本(勝利投手で20本加算、完封で30本加算)のワクチンをNPO法人(特定非営利活動法人)『世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)』を通じて寄付しており、2006年7月から公共広告機構(現:ACジャパン)のワクチン支援キャンペーンに選ばれ、2008年6月までCMが放送されていた(CMコピーは「僕は、続ける」)。また、2005年、2006年の2年間で10万本以上のワクチンを寄付している。この活動を評価され、第8回(2006年)ゴールデンスピリット賞を受賞している。JCV代表の細川佳代子は和田の活動に対して「寄付の革命を起こした」と高く評価している。

タイトル・表彰
新人王 - 2003年
ゴールデンスピリット賞 - 2006年

個人記録

投手記録
初登板・初先発:2003年4月1日、対大阪近鉄バファローズ2回戦(大阪ドーム)、6 2/3回5失点で敗戦投手
初奪三振:同上、1回裏にタフィ・ローズから
初勝利・初先発勝利:2003年4月9日、対西武ライオンズ2回戦(北九州市民球場)、6回5安打無失点
初完投勝利・初完封勝利:2003年4月16日、対千葉ロッテマリーンズ6回戦(千葉マリンスタジアム)

打撃記録
初安打:2005年5月8日、対ヤクルトスワローズ2回戦(明治神宮野球場)、6回表に山本樹から遊撃内野安打

背番号
21(2003年 - )

選手登場曲
川嶋あい「サウスポー」

国際試合
アテネオリンピック野球日本代表として銅メダル獲得。
2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表として優勝に貢献。
北京オリンピック野球日本代表選出。

>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.