SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

斉藤和巳

斉藤 和巳(さいとう かずみ、1977年11月30日 - )
福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手(投手)。
1996年から1999年までの登録名は「カズミ」。
2006年からはソフトバンク選手会長も務める。


プレイスタイル・特筆
最高球速 152km の角度のある重い直球と緩やかなカーブ、スライダー、2種類のフォーク(フォーク、SFF)が武器で、決め球のSFFは最高時速 146km である。前に大きく踏み込んで投げる。

気持ちを全面に押し出した投球で、初回からでもアウト一つにグラブを叩き、吼える。2009年シーズン終了時点で通算79勝23敗、勝率 .775 で、「負けないピッチャー」とも言われる先発投手である。

交流戦に強く、2006年終了時点での通算成績は12試合に登板して10勝1敗、防御率1.89。逆にポストシーズン(日本シリーズ・プレーオフ)では10試合に登板し未勝利である(0勝6敗)。

経歴
1995年、南京都高からドラフト1位で福岡ダイエーホークスに入団。当時は広島・長谷川昌幸、西武・星野智樹とともに「ビッグ3」と呼ばれていた。

1997年、一軍初登板を果たすが、ルーズショルダー(肩関節不安定症)のため故障も多く伸び悩み、一時は球団から打者転向を打診された。二軍戦では代打で打席に立ち、レフトの守備についたこともあるが、投手にこだわり転向を固辞した。

1998年、右肩を手術し長期離脱。

2000年、プロ初勝利を含む5勝を挙げて頭角を現す。史上7人目となる1イニング4奪三振も記録した。うち4勝は後半戦に挙げたが、日本シリーズでの先発としての登板はなかった。

2001年、エース候補に上がったが、原因不明の右肩痛で再び戦線離脱し勝利を挙げられなかった。

2002年、8月10日近鉄戦で2年ぶりに白星を挙げ、シーズン4勝。野球評論家・若菜嘉晴は「打たれても粘る、大人のピッチングをできるようになった」と語っている。

2003年、王貞治監督ら首脳陣は2003年1月に「エースは斉藤か寺原(現横浜)」と明言。3月28日、対ロッテ戦で初の開幕投手を務め、勝利。その後プロ野球新記録となる先発16連勝を記録するなど、シーズン20勝(3敗)を記録。最多勝、最優秀防御率、最高勝率、ベストナイン、沢村賞のタイトルを獲得した。前年まで通算9勝ながら、エースとして大きく成長。チームは日本一に輝いた。

この年同じく20勝を挙げてセ・リーグ優勝に貢献した阪神タイガースの井川慶とともに、史上初めてセ・パ両リーグから同時に沢村賞投手が選出された。パ・リーグの20勝は1985年佐藤義則(阪急)以来、またセ・パ両リーグから20勝投手が出たのは1982年の北別府学(広島)と工藤幹夫(日本ハム)以来のことであった。また、投球回、自責点とも松坂大輔(現レッドソックス)と全く同じでこちらも史上初の最優秀防御率同時受賞となった。また、優勝争いの最大のライバルとしていた西武からこの年6勝を上げている。当時西武に在籍していた松坂大輔との投げ合いでは3勝無敗とエース対決での強さも見せた。この年は和田も西武から5勝を挙げており、対西武22年連続負け越しをストップし、リーグ優勝の一因にもなった。ちなみに松坂との通算対戦成績は6勝3敗だった。

2004年、2年連続の開幕投手となったが、前年から一転して調子は上がらず、4月中旬には二軍落ちとなった。その後再昇格し10勝は挙げたが、防御率は6.26であった。これはチーム順位、個人記録とも1年2シーズン制を採っていた1937年の秋シーズンに、重松通雄が7.20を記録した例を別とすれば、規定投球回に達した選手ではプロ野球ワースト記録である。

2005年、キャンプ中に既に開幕投手に指名されていたものの、開幕直前に右肩痛で離脱し、開幕投手を和田に譲った。4月27日の日本ハム戦(札幌ドーム)に初登板し勝利。その後も破竹の勢いで勝ち星を重ね、8月24日の千葉ロッテ戦(千葉マリン)で自身2度目の14連勝を達成。プロ野球史上初めて14連勝以上を複数回達成した投手となった。8月31日の千葉ロッテ戦(ヤフードーム)では1981年の間柴茂有(日本ハム)以来となる開幕15連勝を記録。9月7日のオリックス戦(大阪ドーム)で敗戦投手となり連勝は止まったが、16勝1敗で2度目の最高勝率のタイトルに輝く。しかしプレーオフではまたも中盤に打ち込まれ、チームはリーグ優勝を逃した。交流戦では5勝無敗と12球団トップタイの成績だった。

同年12月24日、ホークスの投手としては初の複数年となる3年7億5000万円+出来高で契約。

2006年、2段モーションの規制が厳しくなり、WBCの選考から外れて調整に努め、これに抵触しないフォームに変更。3月26日の対ロッテ戦で3度目の開幕投手を務め、勝利投手となった。5月26日の中日戦(ヤフードーム)で完封勝利を挙げ、交流戦で対戦した他リーグの全6球団から勝利した最初の投手となった。

6月8日の巨人戦(ヤフードーム)では、脇谷亮太に投手内野安打を許したのみの自身初の無四球1安打完封勝利。しかも脇谷を牽制でアウトにしたため打者27人で終了させる準完全試合を達成。王監督に「投手の神様が降臨しているようだった」と言わしめた。

8月には2連続完封も含め5勝を挙げ、月間MVPを受賞。レギュラーシーズンでチームは3位に終わったが、斉藤は勝利数、防御率、奪三振、勝率の四冠を獲得。完封数もリーグトップで1981年江川卓以来となる投手五冠を達成した。2度目のベストナインに選ばれ、MVP投票でも1位票数では受賞した小笠原道大を上回った。満場一致で2度目の沢村賞に選ばれ、パ・リーグで初めて沢村賞を複数回獲得した投手となった。防御率1点台(1.75)はパ・リーグでは1992年の赤堀元之(近鉄)、石井丈裕(西武)以来14年ぶり。またこの年黒田博樹(広島)も防御率1.85を記録し、セ・パ両リーグから防御率1点台の投手が出たのは1969年江夏豊(阪神)、木樽正明(ロッテ)以来37年ぶりのことであった。

同年のプレーオフでは、10月7日の西武との第1ステージ第1戦、10月12日の北海道日本ハムファイターズとの第2ステージ第2戦に先発。右肩に不安を抱える斉藤の中4日登板は2000年以来のことである。好投を見せるも、チームはそれぞれ松坂、八木智哉に完封負け。2試合16回2/3で2失点(防御率1.08)という内容ながらいずれも0-1で完投敗戦した。また、ファイターズ戦では悔しさのあまりマウンド上で号泣してしまった。この年の日米野球には監督推薦で出場予定だったが、右肩の炎症のために辞退した。

2007年、3月24日のオリックス戦(ヤフードーム)、昨年に続き2年連続4度目の開幕投手を務めるも勝敗つかず。チームは敗れた。その後も調子が上がらず、4月26日右肩の筋疲労を理由に一軍出場選手登録を抹消される。その後7月10日に一軍復帰、楽天戦に登板するも敗戦投手となった。7月24日対千葉ロッテ戦にて後半戦開幕投手として登板、勝利投手となる。この試合以降、先発登板後再び登録抹消、中10日、球数100前後の特別ローテーションで先発した。10月8日のクライマックスシリーズ第1戦に先発したが、またも中盤でつかまり敗戦投手に。ポストシーズン10試合目の登板だったが初勝利はならず、チームも千葉ロッテの前に第1ステージで敗退した。

2008年、1月に渡米して蓄積疲労による右肩腱板修復手術を行う。経過を診察した結果、リハビリに専念することが決まりシーズンは全休となった。9月に米から日本に帰国しベンチ入りをしてチームを裏から支え、シーズン終了後来年の開幕投手を狙うと宣言した。しかし肩の回復は思わしくなく、開幕投手は和田が務めることになった。自身は開幕投手どころか実戦復帰の目処も立っていないという状況であった。

2009年も引き続き右肩の治療に専念したため、実戦復帰はならなかった。

タイトル・表彰
最多勝利:2回(2003年、2006年)
最優秀防御率:2回(2003年、2006年)
最優秀投手(旧最高勝率):3回(2003年、2005年、2006年)
最多奪三振:1回 (2006年)
沢村賞:2回(2003年、2006年)
ベストナイン:2回(2003年、2006年)
最優秀バッテリー賞:2回(城島健司と2003年、的場直樹と2006年)

記録
初登板:1997年10月5日対西武ライオンズ 26回戦(西武ライオンズ球場)、4回裏から救援登板
初奪三振:同上、4回裏にドミンゴ・マルティネスから
初勝利:2000年6月24日対千葉ロッテマリーンズ12回戦(福岡ドーム)、先発登板
初完投勝利:2003年4月4日対日本ハムファイターズ1回戦(東京ドーム)
初完封勝利:2003年8月13日対千葉ロッテマリーンズ19回戦(福岡ドーム)
1イニング4奪三振(プロ野球タイ記録):2000年9月3日対オリックス・ブルーウェーブ戦
先発登板16連勝(プロ野球記録):2003年
開幕15連勝(プロ野球タイ記録):2005年

背番号
66(1996年 - )

エピソード
カズミ時代の英語表記は「KAZUMI」、2000年9月に行われた試合にも「KAZUMI」のユニフォームを着用した。
ドラフト1位入団で、エースと呼ばれ主力投手であるが背番号は入団以来66のままである。これは怪我のために二軍でくすぶっていたころから、当時の妻(※2001年結婚、2006年離婚)とともに自分を支えてくれていた彼女の祖父について、葬儀の際に背番号66のユニフォームを着せてあげたことから「背番号を変えたら天国から見ているじいちゃんが俺だと分からなくなる」ためとしている[要出典]。
右肩の度重なる怪我や野手転向の打診などで苦しんでいた間、同じ時期に肩を手術し隣の病室に入院していた小久保裕紀に助けられ、多くを学んだことからプロ初勝利では共にお立ち台に上がることを希望していた。実際にプロ初勝利をあげた2000年6月24日対千葉ロッテ戦で小久保は先制本塁打を放ち、これを実現した。
2003年に16連勝、2005年には開幕15連勝を記録。15連勝以上を2度達成したのはプロ野球史上唯一の記録である。
2006年、特に中盤以降山崎勝己の台頭で的場は先発を外れることが多くなったが、斉藤は自分の先発する試合に的場を指名した。斉藤の活躍もあって同年最優秀バッテリー賞に選ばれた。
的場直樹と斉藤とは同学年で、プロ入り前から親交があり、斉藤のプロ初勝利の時にマスクを被っていたのが的場であるなど、浅からぬ縁がある。
的場はキャンプ恒例の声出しで笑いをとる事で有名で、斉藤が誰よりも大声で笑い転げてる姿や声が映像から確認できる。
体格に見合って非常に大食漢。好物は手羽先で的場と食事に行った際に10人前平らげたあと更におかわりを要求し的場を驚かせた。
中日ドラゴンズの落合博満監督から非常に高い評価を受けている。落合は評論家時代から著書で「ホークスの斉藤和巳という投手は非常に高い能力を持ちながら、故障や制球難でなかなか一軍に上がれないでいる。こういう場合は殻を破らせるよう、トレードをするなどして環境を変えてあげたほうがいいと思う」と、二軍の斉藤の能力に気付き、気にかけていた。その後斉藤が一軍に定着し、球界を代表するエースに成長した姿を見て、「斉藤こそが球界で最も優秀な投手」と賛辞を惜しまない。また、近年メジャー志望が多い日本投手陣に触れ、「斉藤和巳がいる限り、日本球界はなんとか持つ」とも語っている。
2008年、北海道日本ハムファイターズのダルビッシュ有投手が契約更改の席で「今年は個人的には戦って面白い投手がいなかった。でも来年はソフトバンクの斉藤さんが帰ってくるから、今から非常に楽しみ」と言われる。
同じ京都会に属するモデルの鈴木えみと仲が良い。

>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.