SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

新垣渚

新垣 渚(あらかき なぎさ、1980年5月9日 - )
福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手(投手)。
「渚」の字は正字体(渚、「日」の右上に点がつく)が正しいが、この字がJIS第1・第2水準漢字に含まれていないことから、ウェブサイトをはじめとして略字表記のほうが通行していることが多い。


プレイスタイル・特筆
長身で投げ下ろすゆったりとしたオーバースローから150km/h超(最速155km/h)のストレートと縦横のスライダーを投げ分ける。特に縦スライダーのキレは球界随一とされ、「バニッシュボール(vanish 消える)」とも称される。他にカーブ、シュート、ツーシーム、カットボールも投げる。投球回数に近い数の三振を毎年奪っており、奪三振率も比較的高い。

試合終盤にも150km/hオーバーをマークするスタミナも武器だが、課題は後述の通り制球力。山崎武司(楽天)は、「今まで対戦してきた中で最高のスライダーを投げるピッチャー。彼は強引にスライダーを曲げてくるので暴投が多いが、決めることができれば、伊藤智仁投手や斎藤雅樹投手よりもすごいスライダーを投げる。潜在能力をすべて出し切っていない」と語っている。

来歴

プロ入り前
1998年、沖縄水産高のエースとして春、夏連続で甲子園出場を果たし、横浜高校の松坂大輔とともにマスコミの注目を集めた。高校野球全国大会史上初の151km/hを記録したが、春夏ともに初戦敗退。夏は1学年下の大島裕行(埼玉栄高)に逆転ホームランを喫している。高校の同期にのちにホークスでも同僚となる稲嶺誉がいた。

同年のドラフト会議では、オリックス・ブルーウェーブと福岡ダイエーホークスが1位指名で競合。オリックスが交渉権を獲得したが、新垣は「ダイエー以外なら進学」と決めており、実家を訪れたオリックスの三輪田勝利編成部長(スカウト)を門前払いするなど頑なに拒否の姿勢を見せ、交渉は難航した。その後、三輪田スカウトが飛び降り自殺をする大騒動となったが、入団拒否を貫き九州共立大学へ進学した。新垣は後のインタビューで、「自分が活躍することが最初に評価してくれた三輪田さんへの恩返し」と語っている。

九州共立大では1999年に明治神宮野球大会大学の部で優勝するなど、大学球界を代表する右腕として活躍。大学時代の2年先輩に山村路直、1年先輩に田上秀則、1年後輩に馬原孝浩、2年後輩に高橋秀聡がいる。

2002年のドラフト会議の自由獲得枠で、4年越しに意中の球団のダイエーに入団した。

プロ入り後
2003年、新人ながら先発に定着し、4試合連続2ケタ奪三振を記録するなど7月末までに8勝を挙げるが、8月にくるぶしを痛め長期離脱。阪神タイガースとの日本シリーズには救援で復帰した。契約更改では新人としては異例の保留をしたことも話題となった。

2004年は先発の軸としてチーム最多の11勝をマークし、チームのレギュラーシーズン1位通過に貢献。177奪三振で初のタイトルとなるパ・リーグ最多奪三振。2005年には10勝、2006年には自己最多の13勝を挙げ3年連続の2桁勝利を達成するが、9月29日に虫垂炎による急性腸炎により入院、プレーオフ第2ステージではベンチ入りしたが登板機会はなかった。

2007年には直球とスライダーを生かすためシュートを習得。オープン戦では好投したものの、公式戦が始まると暴投を連発。あまりにも暴投が多いためスポーツ紙などでは「暴投王」と揶揄され、王監督までもが「暴投王」と発言した。以下、暴投に関する主な記録。

4月17日の対楽天戦(フルスタ宮城)でプロ野球タイ(当時)の1試合4暴投。
5月11日の対ロッテ戦(千葉マリン)で2暴投し、スタンカの12暴投(1961年)を上回る13暴投の球団記録。
6月6日の対横浜戦(ヤフーD)で17暴投となり、村田兆治(1990年)、酒井弘樹(1996年)に並ぶパ・リーグ記録。
7月11日の対楽天戦(北九州)では、1998年に石井一久が記録したプロ野球記録の20暴投に並ぶ。
7月17日の対日本ハム戦(札幌D)で2暴投し、シーズン最多暴投のプロ野球記録を更新。
その後、戦線離脱などもあったが、記録は25暴投まで伸びた。

2005年に当時17歳だった女性と交際、破局したが2007年10月に同女性より精神的苦痛を受けたとして訴訟を起こされた。
2008年は昨シーズンオフより新球スラーブの習得と、力まない「7割投法」を目標に掲げ調整をしたが暴投の多さは相変わらずで、8月20日西武戦では、プロ野球タイ記録の1イニング3暴投を含み、プロ野球新の1試合5暴投を記録した。8月28日のオリックス戦でようやく今季初勝利。スラーブやフォーク、シュートなどを封印してストレートとスライダーのみに絞ったことと、藤田学二軍投手コーチの指導で腕の位置をスリークォーター気味に矯正したことが功を奏し、これ以降は安定した投球を見せた。しかしシーズン4勝は自己最低であり、同時に2年連続最多暴投という不名誉な記録を打ち立ててしまった。

背番号
18(2003年 - )

タイトル・表彰
最多奪三振:1回(2004年)
月間MVP:5回 (2003年7月度、2004年7月度、2005年9月度、2006年3・4月度)
4シーズン連続受賞はパ・リーグの投手としては史上初。
JA全農Go・Go賞
「最多奪三振賞」 (King of K) (2007年5月度)

個人記録

初記録
初登板・初先発:2003年3月31日、対大阪近鉄バファローズ1回戦(大阪ドーム)、5 2/3回5失点で敗戦投手
初奪三振:同上、3回裏にタフィ・ローズから
初勝利・初完投勝利:2003年4月15日、対千葉ロッテマリーンズ5回戦(千葉マリンスタジアム)、9回1失点
初完封勝利:2003年6月8日、対日本ハムファイターズ15回戦(東京ドーム)
初安打:2007年6月20日、対横浜ベイスターズ3回戦(横浜スタジアム)、3回表に吉見祐治から右翼へ二塁打

その他の記録
シーズン25暴投(日本記録):2007年
1イニング3暴投(日本タイ記録):2008年8月20日、対埼玉西武18回戦(西武ドーム)
1試合5暴投(日本記録):同上

出囃子(テーマソング)
BEGIN「島人ぬ宝」


>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.