SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

馬原孝浩

馬原 孝浩(まはら たかひろ、1981年12月8日 - )
福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手(投手)。
妻は元アナウンサーの畑野優理子。


プレースタイル
MAX158km/h(WBCで計測)を計時する直球と落差の大きなフォークボールが武器の、ソフトバンク不動のクローザー。変化球は他にカーブ、2種類のスライダーを投げる。先発時代にはカットボールやチェンジアップも用いていた。

来歴・人物
小学校時代には、熊本市の選抜チームのエースとして同市の姉妹都市であるサンアントニオ市(アメリカ合衆国テキサス州)の選抜チームと試合をした経験がある。

九州共立大では1学年年上の新垣渚と共にエースとして活躍。大学通算30勝5敗の成績を残す。日米大学野球選手権大会(2002年、2003年)、世界大学野球選手権大会(第1回:2002年イタリアで開催、日本は銅メダル獲得)の代表にも選ばれ、2003年のドラフト自由獲得枠で福岡ダイエーホークスに入団。

プロ入り後
1年目の2004年新人王有力候補と期待され開幕一軍入りし、開幕4戦目の対西武戦で初先発初勝利を挙げたが、その後は体調を崩しわずか3勝。2005年には開幕3戦目で初完投勝利を挙げたが、その後3連敗して二軍落ち。しかし交流戦からリリーフとして一軍に復帰すると、三瀬幸司の不調により抑えに定着した。6月以降だけでリーグ2位タイの22セーブを記録し、王貞治監督に翌年のクローザーに指名された。

石井弘寿の故障のため、2次リーグから2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表に選出されたが、代表に選出された選手では久保田智之とともに出場機会がなかった。

2006年のシーズンでは初めて年間通して抑えを務め、防御率1.65で29セーブの数字を残した。8月23日のオリックス戦では自己最速の156km/hを記録。被本塁打は9月2日の楽天戦でホセ・フェルナンデスに打たれた1本のみだった。シーズンオフには日米野球の抑え投手部門にファン投票1位で選出され、第2戦、第5戦に登板し計3イニングを無失点。第5戦では4試合で4本塁打していたライアン・ハワードに全球ストレートで勝負し、空振り三振に仕留めた。

2007年は前半から好調で、オールスター以前の自責点は2で防御率0点台の快投を見せた。後半疲れからか3敗を喫したが、2年連続の防御率1点台に球団記録となるシーズン38セーブを記録し、初の最多セーブ投手のタイトルを獲得。またその活躍により「2007 ヤナセ・福岡ソフトバンクホークス MVP賞」を受賞。メルセデスベンツA200 TURBO AVANTGARDEが贈られた。私生活では、元テレビ西日本のアナウンサー畑野優理子と結婚した(入籍12月3日、挙式12月16日)。

2008年開幕直前に右肩炎症を発症し長期離脱。7月25日に一軍登録され、翌26日対ロッテ14回戦(ヤフーD)でシーズン初セーブ。10月6日の楽天戦で、日本人選手では最速となる178試合目での通算100セーブを達成した。シーズン最終戦の楽天戦で登板したがサヨナラ負けとなり、王政権ホークスでの最後に登板した投手となった。

2009年7月21日の楽天戦で球団新記録となる通算118セーブ目を達成した。

エピソード
趣味は釣り、買い物。またキャンプでは本を数冊持参するなど読書家でもある。
国立ハンセン病療養所・菊池恵楓園(熊本県合志市)を入団以来毎年訪問し、交流を続けている。入団壮行会の激励金の一部を同園に寄付し、園内グラウンドでトレーニングをした。
2006年12月1日福岡県警察早良警察署一日署長を務めた。 小学生の時の試合でピッチャーだった馬原は、当時野球をやっていた女子プロゴルファーの古閑美保に本塁打を打たれたことがあり、大変ショックだったとラジオ、ジャンクSPORTSで語っている。
チームメイトで数少ない同学年の川宗則とは仲が良く、「まーくん」「ムネ」と呼ぶ間柄。独身時代は寮の部屋を行き来したり、運転の得意でない川崎の代わりに車庫入れを手伝わされていた。
新垣渚、佐藤誠にかなりの天然と言われた。
福岡では佐々木主浩の愛称・大魔神と馬原自身の名字にちなみ、「大馬神」というあだ名を持つ。あだ名は他に「まー君」「ぅまー君」など。
スカイマークスタジアムが苦手であるとされ、2007年は5度の登板で3度セーブに失敗。またシーズン14失点のうち7点を同球場で失っている。
オールスターゲームでは出場した2006年・2007年のいずれも敗戦投手になっている。2004年に出場したフレッシュオールスターゲームでも敗戦投手になった。
経済学部に籍を置いていたが、大学は卒業していない。

個人記録

投手記録
初登板・初先発・初勝利:2004年3月30日、対西武ライオンズ2回戦(福岡ドーム)、8回8安打2失点
初奪三振:同上、2回表に後藤武敏から
初完投勝利:2005年4月3日、対千葉ロッテマリーンズ3回戦(千葉マリンスタジアム)
初セーブ:2005年6月4日、対読売ジャイアンツ5回戦(東京ドーム)
100セーブ:2008年10月6日、対東北楽天ゴールデンイーグルス 23回戦(クリネックススタジアム宮城)

打撃記録
初安打・初打点:2005年6月8日、対広島東洋カープ5回戦(広島市民球場)、9回表にマイク・ロマノから右越決勝適時二塁打

タイトル・表彰
最多セーブ投手:1回(2007年)
オールスターゲーム出場:2回(2006年、2007年)
熊本県スポーツ優秀大賞特別賞(2006年)

背番号
14(2004年 - )

>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.