SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

高橋信二

高橋 信二(たかはし しんじ、1978年8月7日 - )
北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手。ポジションは主に捕手だが、一塁手も務める。

来歴・人物
岡山県立津山工業高校から日本ハムにドラフト7位で指名され捕手として入団。4年目の2000年、最終戦でプロ初出場、初打席で初安打(二塁打)・初打点を記録した。

2003年、同じ捕手である實松一成と山田勝彦がキャンプ開始直後に故障したため開幕戦で捕手として先発出場。そのまま正捕手に定着した。この年は規定打席には到達しなかったが、パシフィック・リーグ捕手としてはリーグ2位の12本塁打を記録した。翌2004年に初の規定打席に到達。日本ハムの捕手として歴代最多の26本塁打、84打点を記録。オールスターゲームにも選出された。この年の得点圏打率はリーグ3位(満塁ではリーグ1位)。

2005年4月、試合中に一塁へスライディングした際に左膝の靭帯を断裂。復帰後、8月22日のオリックス・バファローズ戦に捕手として出場中、クリフ・ブランボーのタックルを受けて再度戦線を離脱し、54試合の出場に留まった。2006年は開幕戦で先発マスクを被るも打撃が不振で、この年台頭した鶴岡慎也との併用が多くなった。

「レギュラー奪還・リード向上・本塁打20本以上」を目標として掲げた2007年は、前半戦で打率3割を残し、監督推薦で2度目のオールスターゲーム出場。またシーズンでは自身2番目の出場試合数を記録し、本塁打も3年振りに2ケタを記録した。長打力を考慮され捕手以外に指名打者として出場することもあった。2008年、4月1日の試合で四番・一塁手で先発出場してからは[2]、この年のチームの右の強打者不足もあって、捕手・指名打者以外に一塁手としての出場も増える[3]。

新人の大野奨太が加わった2009年は、右膝を痛めたこともあって、捕手としてではなく一塁手としての出場が殆どとなる[4]。その一方で打撃は好調であり、特にこの年のセ・パ交流戦で首位打者(期間中の打率.412)を獲得、シーズンでも2004年以来の規定打席に到達、かつ自身初の打率3割を達成、チーム内で最も高い打率を残した。また、状況によっては送りバントを行ったり、本塁打狙いではなく[5]安打や四球で次の打者に繋ぐことを心がけたりするなど、「繋ぎ」に徹するタイプながらも半シーズン以上四番打者として定着した。クライマックスシリーズ第2ステージでも、第2戦で岩隈久志から決勝の2点タイムリーを放つなどで活躍した。

夫人は元読売ジャイアンツのマスコットガール(チームジャビッツ21)のメンバーであり、2002年度のヴェルディガールズでもある。

趣味はミュージカル鑑賞。

表彰
オールスターゲーム出場 - 3回(2004年、2007年、2009年)
背番号字
62(1997年~2002年)
30(2003年~2007年)
2(2008年~)



>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.