SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

野間口貴彦

野間口 貴彦(のまぐち たかひこ、1983年5月31日 - )
兵庫県尼崎市出身のプロ野球選手(現役期間2005年 - )。
読売ジャイアンツ所属の投手。


経歴

プロ入り
シニアリーグ時代に所属した伊丹シニアで世界大会に出場。
2001年関西創価高校から春の甲子園に出場。選抜初出場の同高でベスト4まで進出。2回戦では高井雄平と投げ合い1失点で完投勝利。最終的に準決勝まで進出するが優勝した常総学院に敗退。常総学院の横川史学にサヨナラ打を浴びて惜敗。この時点でプロからの誘いもあったが大学進学を表明したことで指名回避された。
2002年4月創価大学に進学し1年時から春のリーグ戦に登板するも、9月に退部、退学。その理由として、「一発勝負の高校野球に比べ、リーグ戦の続く大学野球にあまり魅力を感じなかった」と雑誌(「グランドスラム」23号)のインタビューで語った。
その年の秋、シダックスに入社。監督の野村克也から英才教育を受け、才能が開花した。2003年の都市対抗野球ではMAX150km/h超のストレートを武器にエースとして活躍し、準優勝に貢献。若獅子賞を獲得して、大会優秀選手に選出された。またIBAFワールドカップに出場し、社会人ベストナインにも選ばれている。2004年もエースとして活躍、チームは都市対抗野球に連続出場したものの準々決勝で敗退。第22回ハーレムベースボールウィークに日本代表として出場した。

ドラフト前後
ドラフトの前年にあたる2003年には、巨人、阪神、西武の3球団が野間口の獲得を目指した。阪神は2003年ドラフトでシダックスの庄田隆弘を指名しており、小関順二はこの戦略を「野間口獲得のためであるとするならば、阪神もドラフト巧者になった」と論評した。また巨人は、阪神のカツノリを金銭トレードで獲得。シダックスの監督・野村から「もともとジャイアンツファン」とのコメントを引き出した。
野間口本人はセリーグ希望であると報道がなされ、野間口サイドもそれを否定しなかったことから、西武が獲得戦線から離脱。7月20日にシダックス側から西武と阪神に正式に断りの連絡が入り、事実上争奪戦は終結した。
2004年都市対抗野球の準々決勝でシダックスが敗れた後、野間口本人の口から巨人に入団したい旨の発言がなされた。その秋の日本選手権終了後、野間口は正式に巨人の自由獲得枠にて入団の意思表示を行い、同年のドラフト会議で入団した。

プロ入り後
2005年
ファームの開幕戦に先発したが、7回4失点で敗戦投手。その後一軍に昇格し、5月1日の広島戦(広島)で5回4失点ながら、雨天5回コールドになったため完投扱いで、プロ初登板初勝利初完投を達成した。その後2連勝するが失点が多く、初登板から4試合連続途中交代となって二軍降格。故障もあって最終的に4勝3敗、防御率6.61の成績で終わった。
2006年
中盤に一軍に上がり、先発を務めるものの結果が出ず、原辰徳から「彼を先発で起用した私が間違っていました」との発言があった。シーズン後半は主に中継ぎとして好投し、最終的に26試合に登板している。
2007年
故障で出遅れ、シーズン中盤に一軍に昇格するものの結果を残せず再び二軍降格となる。9月に入り、先発ローテーションが回らなくなったため、一軍に再昇格。
9月12日に神宮のクラブハウス前で、原から「思い切って投げろ。オレが守ってやる」と直接言葉をかけられ、「吹っ切れました。健太朗(西村)も疲れてるだろうし、毎日、どんな場面でも投げたい。腹をくくって」と一念奮起し、以降活躍をみせた。
9月16日の広島戦で6回無失点、シーズン初勝利。9月22日の対横浜戦ではプロ初となる9回を投げての完投勝利を、1失点の好投で挙げた。さらには中3日の9月26日対中日戦で4回のロングリリーフを無失点でこなし3勝目。10月2日の対ヤクルトとの優勝決定をかけた試合でも、9回表を1回無失点に抑えた。その裏チームが逆転勝ちしたことから勝利投手となり、わずか17日の間に4勝を挙げ、久保裕也とともにチームを救った。先発・リリーフの両面でチームを助けることになり、5年ぶりの優勝につながる貢献と、オフの契約更改などでも評価されている。
2008年
メジャー移籍が確実な上原浩治にかわる若手先発育成の年と目され、その1番手候補として期待されたが、栂野雅史との競争に敗れ開幕当初は中継ぎ起用が主となった。さらに上原や高橋尚成など殆どの先発投手が不調となったことでローテーションを少ない人数で回すことになり、序盤は先発機会も失った。リリーフが確立した5月の交流戦頃から2ヶ月ほど先発ローテーションに入り、前半戦の手薄な先発投手陣をカバーするが、彼自身は前年のように長いイニングを投げることが出来ず2軍降格となった。9月に再昇格したが、上原の復調や東野峻、久保の活躍などもあり中継ぎとして起用にとどまった

日本代表キャリア
第35回IBAFワールドカップ(2003年)
第22回ハーレムベースボールウィーク(2004年)

プレースタイル
最速156km/hのキレのあるストレートを中心に、鋭いスライダーやフォークボールなどを武器とする。制球力・球威・球のキレなど、巨人投手陣で一番の潜在能力と目されている。
気魄・闘志を前面に打ち出してピッチングすることをモットーとしている。

エピソード
ズームイン!!サタデーの「プロ野球熱ケツ情報」では登場すると恋のマイアヒが流れる。理由は「野間」口だから。
同期入団の星孝典と相性が良く、2軍戦では野間口の先発時は星がスタメン出場することが多い。ちなみに星の一軍初出場初スタメン時の先発は野間口であり、その試合で野間口は勝利投手になった。
野間口は二軍で打たれた試合後、たまたま視察に来てた清武英利球団本部長に「俺は今でもあの時お前を獲ったことは間違いじゃなかったと思っているから」と言われた事がある。
そして、2007年シーズン終盤に昇格した際には原辰徳監督から「もう何も心配することはない。俺は我慢強くお前を使うからお前も我慢強く投げてくれ。全ての責任は俺がとる」と言われた。 野間口は「そう言ってもらった後、自分でも信じられないくらい球が走りだした」と語っている。 そして、救世主的活躍で優勝に貢献し、清武から「あの時お前を獲って本当によかったよ」と言われた時は言葉では言い表わすことができないほど感謝の気持ちで一杯になり、来季(2008年シーズン)は今まで球団に迷惑をかけたのに見捨てないでくれた監督、コーチ、代表へ恩返しするため今オフは徹底的に体をいじめて絶対に飛躍の年にすると目標を語った。
大学中退後はシダックスに入社を誘われるまで工事現場でアルバイトをしていた。その頃は、「二度と野球はできないだろう」と腹を括っていた。楽天野村監督には恩義を感じており、楽天監督就任直後の戦力が手薄な頃には、「呼ばれたら(無償トレードで放出されたら)すぐにでも行く」と公言していた。
2008年シーズン中に、モデルの押切もえとの交際が報道され話題を集めた。オフに二人で旅行中、空港で原辰徳監督と遭遇し、気づかないフリをするも、原辰徳監督にはしっかり目撃されていたらしい。また熱愛報道があった時、「野間口て誰?二軍の選手?格差婚になるのかな?」と言うようなことを耳にしたといい、そう言われないようにならないといけないと誓ったという。
しかし、2009年ジャイアンツのリーグ優勝と同時にマスコミで破局が報道。野間口側、押切側、両サイドともこれを認めている。2009年10月3日放送の「プロ野球熱ケツ情報」では押切(野間口の言葉では「前の彼女」)からリーグ優勝後、お祝いメールが届いたことを話した。
牛乳は嫌いだがチーズケーキは好きである。

個人記録
初登板・初勝利・初完投勝利:2005年5月1日、対広島東洋カープ6回戦(広島市民球場)、5回2失点(雨天コールド)
初奪三振:同上、1回裏に尾形佳紀から
初ホールド:2006年4月14日、対横浜ベイスターズ4回戦(横浜スタジアム)
初セーブ:2009年7月10日、対阪神タイガース7回戦(阪神甲子園球場)

背番号
13 (2005年 - 2006年)
33 (2007年 - )



>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.