SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

辻内崇伸

辻内 崇伸(つじうち たかのぶ、1987年12月5日 - )
読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手(投手)。


経歴

プロ入りまで
小学校1年生の時、一塁手として野球を始める。中学生時には「郡山シニア」に所属し、投手に転向。
大阪桐蔭高等学校に入学すると、2年時からエースとして活躍し、2005年の夏の甲子園一回戦の春日部共栄戦、5回6失点の乱調で降板したものの、先頭打者への2-2からの外角に外れた速球が国内左腕最速となる156km/hをマーク(ネット裏のオリックス・バファローズスカウトのスピードガンによる計測。甲子園の電光掲示板には152km/hと表示)、日本中の注目の的となる。
二回戦の藤代戦では大会タイ記録となる19奪三振を記録。同校が初出場・初優勝を果たした1991年の夏の甲子園以来の4強入りを果たし、辻内自身も通算史上3位の65奪三振を記録した。
準決勝では駒大苫小牧の田中将大(現・楽天)から本塁打も打っている。
同年のアジアAAA選手権に投手として出場し、日本代表の松坂大輔を擁した1998年大会以来となる優勝に貢献した。

ドラフト前後
2005年のドラフトでは前年から目玉投手として注目を集めており、大物選手には珍しい「12球団OK」という発言もあって、当初は多くの球団が名乗りを上げ激しい争奪戦が予想された。しかし粗削りな点や、抽選を外した場合のリスクを嫌った球団が次々と回避した事もあり、最終的にはオリックス・バファローズと読売ジャイアンツの一騎打ちとなった。
10月3日、高校生ドラフトで辻内はオリックス・巨人の両球団に1巡目で指名され、辻内への交渉権を巡ってクジ引きが行われた。この際、事前の説明不足から外れ抽選券を引いたオリックスの中村勝広GMが当たり外れに関わらず押してあるNPBの印鑑を見て交渉権獲得したと勘違いしてガッツポーズ、「交渉権獲得」の印が押されたくじを持った堀内恒夫監督も中村GMの反応のあまり首をひねりながらも抗議をせず、主催者側も確認を怠ったなど勘違いとミスが重なって、一時はオリックスの選択確定と誤って発表された。
直後の会見で辻内は硬い表情で「オリックスは素晴らしい球団」とオリックスからの指名受諾を表明したが、その後に巨人が交渉権を獲得したことが判明。会見場に巨人が交渉権を得たと伝わると、一転して目を輝かせ右手を掲げてVサイン。異例のやり直しとなった会見では笑顔で「小さい頃から巨人が好きだったんで…」と語り、詰め掛けた同級生や報道陣からも笑みがこぼれた(特に記者陣は辻内のやり直しの会見時に思わず爆笑していた)。本人の「どの球団でも光栄だし好き嫌いを口にすべきでない」という意思から表明を控えていたもので、両親でさえこのとき初めて辻内が巨人ファンだった事を知った。
同ドラフトではチームメイトの平田良介も同じセ・リーグの中日ドラゴンズに1巡目指名され、2人揃って笑顔での会見となった。11月11日に巨人では松井秀喜以来となる、高卒での契約金1億円で仮契約。12月9日に入団発表を行った。また大阪桐蔭からは初の巨人の選手である。
また、辻内、平田と共に「浪速の四天王」と呼ばれ注目されていた近大附の鶴直人、履正社の岡田貴弘も1巡目指名でプロ入りした。

プロ入り後
2006年のキャンプでは1軍キャンプスタートとなるかに注目が集まったが、肩痛もあり2軍スタートとなる。6月に発症した左肩の炎症による離脱でフレッシュオールスターゲーム出場を辞退するなど、ルーキーイヤーはシーズン終了まで2軍で制球力の育成・調整登板が続けられた。イースタンリーグ成績は、登板13、3勝4敗、防御率6.04。オフ、ハワイ・ウィンターリーグ(10月1日~11月21日)に派遣。現地では「ホノルル・シャークス」に所属し、テークバックや体重移動の少ないフォームを目指し、いわゆる「外国人のフォーム」を吸収する。また投球の幅を広げる為スライダーを試投、チェンジアップも習得。先発投手として8試合30イニング、1勝2敗、35奪三振、防御率2.30の成績を残した。
2007年の自主トレではハワイで磨いたスライダーとチェンジアップを軸にするため、井川慶の投球術を手本にしたいと語り、1軍スタート組に抜擢された春季キャンプでは、ストレートなど同一の球種を状況において投げ分けることを目指した。原辰徳監督や尾花高夫投手総合コーチ、ウィンターリーグに帯同した斎藤雅樹投手コーチも彼への期待のコメントを残していたが、2月9日に左肘痛で2軍落ち。ノースロー調整を続け3月中にはキャッチボールをするまでに回復したものの3月24日に再発。精密検査の結果、内側側副靭帯の断裂と診断され、再建手術を行う事となった。4月26日に手術を受け無事に成功したが、手術の特性上再建した靭帯の定着に非常に時間がかかる為、2007年の公式戦出場はなかった。
2008年は2軍でフューチャーズの一員として実戦復帰し速球もMAX150キロを記録するなど復活の兆しを見せたが、公式戦での出場はなかった。同年12月26日に背番号を15から39に変更された。
2009年は2軍の公式戦にも復帰し、木佐貫洋に次ぐ7勝、防御率2.69という成績を残しチームのイースタンリーグ優勝に貢献、2006年に辞退したフレッシュオールスターゲームにも選出された。与四死球49、暴投7はいずれもチーム最多であり、制球力に課題を残す結果となった。

エピソード
趣味は読書。
リトル時代は、足を怪我していたのにランニングホームランを放ったり、手を怪我していたのに投球をしたこともあったほどで、体は頑強である。
本人は地元の高校に進学したかったが、所属していた「郡山シニア」の監督や両親から説得され、大阪桐蔭高等学校への進学を決意した。
高校時代にフォームを崩した際、野球部の監督が工藤公康の投球フォーム連続写真を参考に練習をさせ、フォームの修正に成功した。このこともあり、辻内は工藤を尊敬している。
最高球速は2005年の夏季甲子園大会でオリックスのスカウトが計測した156km/hだが、甲子園球場の球速掲示による公式記録では152km/hである。これは、全国高校野球大会歴代球速ランキング3位である。
高校時代、学校を訪れていたOBの岩田稔(当時関大、現阪神)から指導を受けたことがある。

背番号
15 (2006年 - 2008年)
39 (2009年 - )



>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.