SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

相川亮二

相川 亮二(あいかわ りょうじ、1976年7月11日 - )
東京ヤクルトスワローズに所属するプロ野球選手(捕手)。
千葉県市川市出身。
弟はファッションモデルで俳優の寿里。



来歴

プロ入り前
兄の影響で5歳で野球を始め、小学2年生の時に地元市川市のリトルリーグに入る。(このときのチームメイトには西武のG.G.佐藤がいた。)中学校までは投手、東京学館高校に入学後は外野手だったが、2年生の冬、外野守備を見ていた社会人チームの監督から強肩を生かすために捕手への転向を薦められる。足も速く、3年生の春からは「1番・捕手」として活躍した。

高校時代は通算152安打をマークし、夏の千葉県大会はベスト8。捕手経験は浅かったが、地肩の強さとバッティングセンスを買われ、1994年のドラフト5位で横浜ベイスターズに入団。

横浜時代
一軍公式戦の初出場は入団5年目、1999年8月21日のヤクルト戦。9月3日の阪神戦で初安打を放つ。翌2000年は当時の正捕手、谷繁元信が戦線離脱していた8月25日の巨人戦で桑田真澄からサヨナラ安打を打つなど、徐々に頭角を現す。2001年も谷繁の控えながら代打などで活躍を見せた。この年の5月3日に東京学館高校の1年後輩でバッテリーを組んだこともあるヤクルトの石井弘寿から初本塁打を放つ。

2002年は谷繁が移籍したことで正捕手候補と期待されたが、足の故障もあり、谷繁と入れ替わるように移籍してきた中村武志がレギュラーに就いた。2003年は中村と併用されたが、5割近い盗塁阻止率を記録した。2004年はアテネオリンピックの野球日本代表の一員として銅メダルを獲得。中村の不振もあり、初めて100試合以上(102試合)に出場した。

2005年は全試合でスタメン出場を果たし、正捕手の座を不動のものとした。2006年はワールド・ベースボール・クラシックの日本代表に選出される。同年から2008年まで横浜の選手会長を3年間務め、名実ともにチームの顔となった。2007年は開幕から高打率をキープ。プロ13年目にしてオールスターゲームに初出場し、シーズンでも初の打率3割をマークした(打率.302は球団の歴代捕手では最高)。

2008年は故障で試合を欠場することも多く、チーム成績の低迷もあり、若手捕手に出場機会を譲ることもあった。持病の腰痛の再発もあって101試合出場の打率.254にとどまった。同年オフ、メジャーリーグへの移籍をめざしてFA権を行使した。

ヤクルト時代
メジャーリーグの複数の球団と交渉するも契約がまとまらず、2009年1月16日、唯一オファーしていた東京ヤクルトスワローズへの入団が内定。これは、ヤクルト球団史上初のFA補強となった。なおFA補償については、戦力などの検討の結果、金銭補償となったため、ヤクルトからの移籍選手は無かった。 2009年開幕からマスクをかぶり、女房役としてチームの好調を支えオールスターにも選出された。CS争いが激しい攻防の最中、9月28日に左脇腹肉離れで登録抹消。残り試合のマスクは川本良平に託すことになった。ケガをおしてクライマックスシリーズに出場するもチームは敗戦。移籍1年目のシーズンとして打率.247・5HR・43打点と結果を残した。

人物・エピソード
入団当時の目標は「佐々木主浩の球を受けること」であったが、相川が1軍定着する前に佐々木はメジャーリーグに移籍してしまう。しかし2004年に日本球界に復帰したため、佐々木が引退するまでの2年間バッテリーを組み、入団当時の目標を9年越しで達成している。
敬虔なクリスチャンであるため伊勢山皇大神宮で毎年行われる球団の必勝祈願に選手会長の公務として出席していいものか悩んだこともあったが、行われた必勝祈願にはいずれも参加している。
2006年は開幕からヘルメットとマスクが一体となったアイスホッケー風のキャッチャーマスク(米国プロ野球で使用例あり)を着用していたが、夏場以降は使わなくなった。
ヒップホップ音楽をたいへん好み、自身の登場テーマにアイス・キューブの「YOU CAN DO IT」やZEEBRAの「Oh Yeah(公式にはタイプライターと表記されていた)」を使用していた。
日本代表に対する思い入れが強く、2004年のアテネ五輪では出場機会があまり無かったが、そのぶん裏方に徹し、城島健司が中心となってチームメイトから相川に感謝の寄せ書きが贈られた。その際には「選出されたことは最初は嫌だったが今ではお願いしてでも出たい」と語っている。2007年10月に北京五輪の代表候補に選ばれた際にはシーズン中に肩を痛め手術をしなくてはいけない状態で星野仙一監督も相川の招集を見送るつもりだったが、手術を先送りしてまで代表入りを熱望し、ギリギリまで代表の合同自主トレに参加していた。
また代表つながりで球界では宮本慎也、和田一浩を兄のように慕っており、新井貴浩とも仲が良い。
かつてのチームメイトであった多村仁志とはプロ入りした頃からの親友同士で、若手時代から共に励まし合ってきた仲である。プライベートでも仲が良く、多村の愛娘は相川の大ファンである。
子供の頃は大洋とヤクルトのファンで、憧れていたプロ野球選手は屋鋪要と池山隆寛である。プロ野球選手以外の憧れの職業はラーメン屋だったがメンマが嫌いなためラーメンそのものが好きなわけではなく、ラーメン屋の職人気質なところに憧れていた。
2007年シーズン終盤では1軍首脳陣も相川の打率を維持(この時は規定打席到達)する為に2番スタメンで出場する事もあった。
2007年オフ、相川は契約更改で球団の提示額に不満を持っていたが、同時期に開催したクリスマスパーティーには女性を中心とする200人以上のファンが集まった。当初は20人集まれば良いとされていたイベントであったが、予想以上の人気により球団も考えを変え推定年俸1億円の大台に乗せ、「イケメン査定」として話題となった。

個人記録
初出場・初打席:1999年8月21日、ヤクルト戦(神宮) 7回より出場、9回高津の前に凡打
初安打:1999年9月3日、阪神戦(横浜) 8回清原雄一投手から単打
初打点:2000年8月20日、阪神戦(横浜) 1回湯舟敏郎投手から内野ゴロの間で
初本塁打:2001年5月3日、ヤクルト戦(神宮) 7回石井弘寿投手から代打3ラン
初盗塁:2003年9月19日、中日戦(横浜) 4回二盗
セリーグ史上27人目の1イニング2三振(2005年4月3日中日戦)
オールスターゲーム出場:2回(2007年、2009年)

表彰
県知事賞(2004年) - 千葉県より
市民栄誉賞(2004年) - 千葉県市川市より
アテネオリンピック野球日本代表メンバーとしての銅メダル獲得を称えて

背番号
59 (1995年 - 2003年)
8 (2004年 - 2008年)
2 (2009年 - )
注※2004年のアテネオリンピック及び2006年の2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表では、59番をつけた。

※2001年オフに一度25番への変更が決定し発表されたが、「変更するなら一ケタ」という相川本人の強い希望から25番のユニフォームを着ることなく59番に戻った。




>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.