SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

古田敦也

古田 敦也(ふるた あつや、1965年8月6日 - )
兵庫県出身の元プロ野球選手(捕手)。
現在は野球解説者。
ヤクルトスワローズ一筋で現役を過ごし、名捕手として一時代を築いた。
また、2005年シーズン終了後から引退年の2007年まで選手兼任監督を務めた。
妻はフリーアナウンサーの中井美穂。


来歴・人物

少年期・アマチュア時代
小学校3年の時、地元・川西市の少年野球チーム「加茂ブレーブス」に入団。「(当時)太っていたから」という理由で捕手を任される。地元では宝塚市立南ひばりガ丘中学校時代から注目され、高校進学時には私立校から誘いがあったものの、自宅に近い公立の兵庫県立川西明峰高等学校に進学、高校3年間はほぼ無名の存在だった。

その後関西大学の他、立命館大学経営学部(二部;夜間部)の一般入試を受験し、どちらも合格。志望していた関大へ進むことを決め、断るつもりで立命大へ挨拶に出向いたところ、古田を勧誘していた立命大野球部の中尾卓一監督に大喜びされてしまい、成り行きのまま1984年春、立命大に入学した。

3年時にはチームを関西学生リーグ戦春季・秋季連続優勝に導き、また4年時の1987年には大学野球日本代表のメンバーに選出されるなど、その実力はプロ各球団からも注目された。11月のドラフト会議当日には会見用のひな壇が設けられたほどだったが、指名を確約された球団を含めどの球団からも指名されなかった。

卒業後の1988年、トヨタ自動車に入社。入部した同社硬式野球部でも1年目から正捕手を任され、主軸打者として都市対抗野球大会でも活躍。同年8月に行われたソウルオリンピックの野球(公開競技)日本代表に選出され、野茂英雄、潮崎哲也らとバッテリーを組む。決勝戦でアメリカに敗れたものの、銀メダル獲得に貢献した。

1989年、古田のプレーに惚れ込んだヤクルトスカウト部長の片岡宏雄がトヨタを訪れて獲得の意思を本人に伝えた際、古田は「本当ですか?嘘じゃないでしょうね?」と何度も聞き直したという。ヤクルトは同年のドラフト会議で古田を2位指名したが、監督に就任したばかりの野村克也は当初「眼鏡をしているが、ホンマに大丈夫なんか?」と不安を隠せなかったと言われている。なお、野村がドラフト会場で直前になって「古田(の指名)はやめよう。捕手はワシが育てる」と発言したことに片岡は「古田との約束を破ることになるのでそれはできない」と喰い下がり(TBSで放送されたZONEにて告白)、「本当は古田を1位で指名したかった」と後に明かしている。

プロ入り後
入団当初、野村の古田評は「肩は一流だが、打撃は二流、リードは三流や」というものだったが、最大の武器である強肩を活かそうと、捕手としての技術をマンツーマンで教え続けた。当時ヤクルトの正捕手だった秦真司は課題の弱肩を克服できず、途中から古田がその座を奪い106試合に出場。リーグ1位の盗塁阻止率を記録しゴールデングラブ賞も獲得した。2年目の1991年、オールスターゲーム第1戦(東京ドーム)でMVPを受賞。シーズンでは落合博満との競り合いの末、打率.340で首位打者を獲得。首位打者を獲得した捕手は野村以来史上2人目、セントラル・リーグでは史上初であった。

翌1992年のオールスターゲーム第2戦(千葉マリンスタジアム)では、オールスター史上初のサイクルヒットを記録しMVPを受賞。シーズンも打率.316、自己最多の30本塁打、86打点を挙げるなど攻守にわたって活躍し、ヤクルトの1978年以来14年ぶりとなるリーグ優勝に貢献した。日本シリーズでは西武に敗れたが、翌1993年の日本シリーズでは再び対戦した西武を倒して15年ぶりの日本一となり、この年の最優秀選手に選ばれた。1994年4月14日の対広島東洋カープ2回戦、前田智徳のファウルチップを受けて右手人差し指を骨折、シーズン序盤から長期離脱した。結局76試合の出場、打率.238、3本塁打、19打点という成績でチームも4位に終わる。

1995年は公式戦全試合に出場。オリックスブルーウェーブとの日本シリーズではイチローとの対戦が注目を集めた。ミーティングではイチロー対策に多くの時間を割き、試合でも配球を工夫してイチローを抑え、2年ぶりの日本一となった。同年オフ、当時フジテレビのアナウンサーだった中井美穂と結婚。1996年は4位に終わったが、1997年に再び日本シリーズを制覇、捕手として初めてセ・リーグと日本シリーズ両方のMVPを受賞した。

1998年には史上343人目の通算1000試合出場を達成したものの、打撃がやや不調でチームも4位に終わった。同年限りで恩師・野村がヤクルト監督を退任。同年オフにフリーエージェントの権利を行使してヤクルトと5年契約を結び、また労働組合日本プロ野球選手会会長にも就任した(プロ野球再編問題参照)。

若松勉が監督に就任した1999年は5度目の打率3割を達成し、同年行われたシドニーオリンピック野球アジア予選の日本代表にチーム最年長選手として選出される。2000年はヤクルトが優勝争いに絡んだこともあり、五輪の本大会には出場できなかった。ヤクルトは五輪期間を境に上位戦線から脱落し、3シーズン連続の4位。自身は2度目の盗塁阻止率6割を達成。

2001年、首位争いの中で迎えた8月28日の対中日ドラゴンズ戦(神宮)の9回表、左膝後十字靭帯を損傷する全治3週間の重傷を負った。8月30日に出場選手登録を抹消され、9月17日までの19試合を欠場。復帰当初は主に代打での出場だった。9月24日に先発復帰した際には膝の関節が過度に曲がらないよう、後部のベルト部分にパッドの付いた特製のレガースを着用していた。10月6日に4年ぶり、自身5度目のリーグ優勝を果たした。シーズンでは自己2番目となる打率.324を記録し、日本シリーズでは2度目のシリーズMVPを受賞した。

2005年4月24日に通算2000本安打を達成。4月27日の読売ジャイアンツ戦、左睾丸部打撲で全治1週間。これをきっかけに体調を崩し、扁桃腺炎を発症して出場選手登録を抹消された。さらに8月19日にも左大腿部裏を肉離れするなど、このシーズンは2度にわたって戦線を離脱し、小野公誠や米野智人ら後輩捕手に出場機会を譲った。10月5日に通算1000打点を達成。

29年ぶりの選手兼任監督
2005年限りで若松が監督を退任、後任として古田に白羽の矢が立つ。10月18日、かつての恩師である野村克也以来29年ぶりとなる選手兼任監督として、翌2006年シーズンからヤクルトの指揮を執ることで球団と合意した(選手として1年契約、監督としては2年契約)。

またファンサービスの改善策について球団と交渉を続け、球団外部からカカクコム社長(当時)の穐田誉輝らを招聘。「F-Project」を11月1日に発足させ、様々なファンサービス策と地域密着策を次々と展開。古田はこのF-Projectの一環として球団に対し、球団名に都市名を冠することを提案。12月19日のプロ野球実行委員会で新球団名「東京ヤクルトスワローズ」への改称が承認された(プロジェクトの主な概略については東京ヤクルトスワローズ#F-Projectとヤクルトタウンも併せて参照)。

2006年、メディアや評論家はそれまでの堅実なプレースタイルから「手堅い野球をするだろう」と予想していたが、1番青木宣親、2番アダム・リグス、3番岩村明憲、4番アレックス・ラミレス、5番グレッグ・ラロッカという攻撃的な布陣を敷く。同年の総本塁打161はリーグ最多、総得点669も中日ドラゴンズと並ぶリーグ最多タイ。一方投手陣は駒数が揃わず、特にリリーフ陣は石井弘と五十嵐亮太の不調が原因で固定できなかった。

同年は監督として70勝73敗3分、勝率.490でリーグ3位の成績。一方選手としては36試合の出場にとどまり、シーズン成績も自己ワーストに終わった。同年オフの契約更改交渉では選手分年俸の大幅減俸を言い渡され、当時のプロ野球史上最大減俸幅となる1億8000万円減(75%減)の6000万円で契約を更改した。

現役引退、監督退任
2007年、ラミレスと青木がシーズン終盤に首位打者争いを繰り広げ、最終的にラミレスがセ・リーグ最多(プロ野球歴代2位)となる204安打を記録しタイトルを獲得。一方古田は通算2000試合出場こそ達成したものの、前年から抱えていた右肩痛の回復が遅れ8月までに出場した試合はわずか3試合。自身の出場選手登録も2度抹消するなど、ベンチで采配に専念する日々が続いた。

9月17日に東京ヤクルトのBクラスが確定、クライマックスシリーズ進出の可能性がなくなった時点で辞意を固め、9月19日明治神宮外苑にある明治記念館で行われた記者会見で「チームの成績不振の責任を取りたい」として現役引退と監督退任を発表。会見では退任の理由について「社長からは『もう一年(やったら)どうだ』とも言われたが、誰かに責任を負わすわけにもいかない」と語った。引退・退任を表明した後、「辞めないで」「ご苦労様」「ありがとう」などの声がスワローズファンのみならず、ビジター球団のファンからも飛び交った。

神宮球場における最後の出場となった10月7日の対広島24回戦。8回裏の第4打席では、前日広島市民球場で引退セレモニーを行ったばかりの佐々岡真司が登板(前日、佐々岡が自ら登板を志願していた)、遊ゴロに終わった。8回には石井一、また9回には高津とバッテリーを組んで現役最後のマスクを被った。引退試合となった翌々日の10月9日ヤクルトのシーズン最終戦(横浜スタジアム)、アダム・リグスの代打として最後のバッターボックスに立ち、吉見祐治からレフト前に現役通算2097本目のヒットを放って有終の美を飾った。

10月11日、監督として最後の仕事であるシーズン終了報告のためヤクルト本社を訪れ、堀オーナーと会談。その席上で背番号「27」を球団初の「名誉番号」とする提案を受け快諾した(ファンの間では「永久欠番にしてもいいのでは」という声も上がっていた)。また球団からは功労金として5000万円が贈られた。一方、前日の10月10日、球団が高津に対し突如戦力外を通告した件について、球団からの事前通告や話し合いの機会が一切なかった事などに言及するなど、最後までフロントとの間にしこりが残った。

ヤクルト退団後
2007年11月21日付で任意引退が公示されヤクルトを退団。11月23日のファン感謝デーには高津同様不参加だったが、11月25日の「新報道プレミアA」にコメンテーターとして復帰。11月28日放送の「トリビアの泉2007秋SP」に出演。その後はコメンテーターとしてテレビ出演。解説者としての初出演は2007年アジア野球選手権大会・野球日本代表の試合(テレビ朝日)。2008年の北京オリンピックではジャパンコンソーシアムの野球の解説ではなくフジテレビジョンの中継総合キャスターとして出演。(なお、プロ野球中継解説者としては特定局との専属契約はせず、フリーでの出演)

なお、ファン感謝デー後には一部ファンから「古田さんを選手会終身名誉会長に!」という署名運動が神宮球場周辺にて行われていた。

評価
かつて日本の野球界には「眼鏡を掛けた捕手は大成しない」という固定観念があり、古田も眼鏡を着用していたことから、大学時代には首位打者を獲得しながらドラフト指名から漏れ、社会人からプロ入りする際にも「最大の欠点」と評された。プロ入り後は野村監督によるマンツーマンの指導などで日本球界を代表する捕手となった。

捕手としては、蓄積された緻密な計算に基づく頭脳的なリードから「ID野球の申し子」と評された。投手には初球からウイニングショットや、逆に決め球にはど真ん中の直球を要求するなどの配球術で打者の裏をかいた。またボールと判定されてもおかしくない球をストライクに見せるキャッチング技術も持っていた。こうした高い技術は『打者は投手ではなく、古田と勝負している』などと揶揄されたほどであった。その一方、打者の身体を起こす内角高めの球が死球になることも多々あり、乱闘や口論などトラブルを招いたこともあった。さらに古田も歴代9位の通算111死球を喫しており、これは打者に対する報復死球が含まれているのではないかと言われている。

持ち前の強肩と堅守に加え、ワンバウンドなどを無理な体勢で捕球し即座に送球動作へと移る技術を磨き、盗塁阻止率リーグ1位を通算10回記録。また1993年と2000年には阻止率6割以上という数字を残す。

かつて「捕手は捕球の際、脇を締めて構える」というセオリーがあったが、敢えて両腕をルーズにして構えた。新人時代にそれを見た野村が「お前、もういっぺんやってみい」と再度構えさせ「ほう。お前、そうやるんか。なるほどな、勉強になったわ」と言ったという。もっとも、この構え方が原因で1994年に右手人差し指を骨折している。また「捕手のミットは小さいほどいい」と言われた当時、敢えて大きなミットを使用した。これも変化球に対応し、より確実な捕球を目指すためであった。

打者として
通算8回のシーズン打率3割を記録。特に走者を得点圏に置いた場面では勝負強さを発揮し、主に4番を任された1997年には本塁打9本ながら86打点を挙げ、犠打や進塁打などケース打撃も厭わない活躍から「バントもする4番打者」と言われた。また通算打率.294は7000打数以上の選手の中では歴代8位の記録である。

2000本安打達成時、「GET SPORTS」(テレビ朝日系)で「打者・古田敦也」が特集された。新人の頃落合博満の打撃を捕手側からみて参考にし、自分の打撃に取り入れたことを明かしている。また独自の打撃理論を持ち、「2ストライク」になると三振があるため打率がグッと下がることから初球の重要性を挙げている。

タイトル・表彰・記録

アマチュア時代
ソウルオリンピック:銀メダル(1988年)

プロ野球時代
MVP:2回(1993年、1997年)
首位打者:1回(1991年)
ベストナイン:9回(1991年 - 1993年、1995年、1997年、1999年 - 2001年、2004年)
ゴールデングラブ賞:10回(1990年 - 1993年、1995年、1997年、1999年 - 2001年、2004年)
正力松太郎賞:1回(1997年)
日本シリーズMVP:2回(1997年、2001年)
月間MVP:4回(1991年5月、1993年8月、1997年5月・9月)
最優秀JCB・MEP賞:1回(1993年)
最優秀バッテリー賞:6回(1991年、1992年、1995年、1997年、2000年、2001年)※6回選出は歴代最多タイ記録。
最優秀バッテリー特別賞:1回(1993年)
セ・リーグ会長特別賞:1回(2003年)
セ・リーグ特別功労賞:1回(2007年)
24試合連続安打(1992年6月6日 - 7月11日)
1試合4本塁打(2003年6月28日)※日本タイ記録。
4打数連続本塁打(2003年6月28日)※日本タイ記録。
シーズン盗塁阻止率.644(1993年)※日本記録。
通算盗塁阻止率.462 (捕手出場500試合以上の選手のみ) ※日本記録
オールスター出場:17回(1990年 - 2006年)
オールスター連続出場17 (1990年 - 2006年) ※日本記録
オールスターMVP:2回(1991年第1戦、1992年第2戦)
1991年のオールスター第1戦で1試合3盗塁刺
1992年のオールスター第2戦でサイクルヒット(オールスターでは史上初)
通算打率.292 (7000打数以上) ※捕手日本記録
通算1000試合出場 1998年6月2日(343人目)

個人記録
初出場:1990年4月11日 対中日ドラゴンズ2回戦(明治神宮野球場)
初安打・初打点:1990年4月30日 対読売ジャイアンツ5回戦(明治神宮野球場)
2回裏、一死一、二塁の場面で木田優夫から左中間適時二塁打で2打点を挙げて記録。
初本塁打:1990年6月6日 対広島東洋カープ8回戦(広島市民球場)
6回表、北別府学から。
通算2000本安打達成:2005年4月24日 対広島東洋カープ5回戦(松山中央公園野球場)
6回裏、大竹寛から三塁強襲二塁打を放って達成。史上32人目。捕手としては野村克也に次いで歴代2人目、大学・社会人野球を経た選手としては史上初。
通算1000打点達成:2005年10月5日 対中日ドラゴンズ21回戦(明治神宮野球場)
8回裏に代打出場、二死一、三塁の場面で高橋聡文から左前適時打で1打点を挙げて達成。史上27人目。大学・社会人野球を経た選手としては史上初。
通算1000得点達成:2006年6月4日 対オリックス・バファローズ6回戦(明治神宮野球場)
7回裏に安打で出塁、その後アダム・リグスの16号3点本塁打で生還し達成。史上33人目。
通算2000試合出場:2007年4月19日 対横浜ベイスターズ3回戦(明治神宮野球場)
史上37人目、捕手登録の選手としては5人目。大学・社会人野球を経た選手としては史上初。なお、古田はこの試合で退場処分を受けている。

エピソード

野球に関する話題
野村克也監督のもとでの現役時代、ベンチではルーキー時から常に監督の傍にいた。野村はこれについて「『お前はキャッチングとスローイングは出来上がっとるから、あとは配球を覚えろ。試合が始まったらずっと俺の傍にいろ。俺がブツブツ言うのを聞いとれ』と言ったんです。彼は忠実に(私の傍に)いましたよ」と述べている(ジャンクSPORTS)。しかし野村が現役時代得意とした「ささやき戦術」だけは行わなかった。
野村は常々インタビューや著書で「世間では、古田は私の筆頭の弟子であるように考える方も多いだろうが、古田自身はそうは考えてはいないだろう。恩知らずというか、そういう奴なんです。年賀状もよこさない。」と語っている。2009年の楽天キャンプに古田が訪れた際、野村は「講演ではお前、俺の悪口ばっか言っているらしいな」と言い、これに対して古田は「監督も"講演では悪口を言ってこそ観客に受ける"と僕に言ってらしたじゃないですか」と対応し、野村も「俺もお前の悪口をダシにしているからな」と笑いながら返した。また楽天の捕手陣を視察し、現役を退いても見事なキャッチング技術を楽天捕手に披露した。その際「あの人の下でうまく捕手をやるコツは、反論しないでへこへこしていることだね」と楽天捕手陣に語ったという。
東京ヤクルトに入団する投手の中には「古田さんに受けてもらいたい」と発言する選手も少なくなかった。石川雅規も、大学時にシドニーオリンピックで古田とバッテリーを組んだことがきっかけでヤクルト入団を決意したひとりである。また古田の活躍に憧れて捕手になった若手選手も多く、他球団でも入団時に古田を目標として挙げる若い捕手も多い。
現役時代に行われたあるインタビューで「これまでバッテリーを組んだ投手の中で、最も印象に残る投手は?」という質問に対し「伊藤智仁です」と即答。「全盛期は直球が速く、高速スライダーも持っていた。あれ以上の投手はなかなか現れないでしょう」と語っている。
2005年、2000本安打を達成した際、報道ステーションでのインタビュー内で、「最も印象に残るヒットは?」という栗山英樹の質問に対し「荒木大輔の復活を劇的に演出したサヨナラホームラン」と答えている(1992年9月24日広島東洋カープ22回戦(神宮)望月から打った逆転2ラン、実際はサヨナラではない)。
球界屈指の頭脳派捕手として活躍したが、一方で熱くなりやすい性格でもあり、現役時代の18年間、退場処分を受けた事が2度ある。
1996年6月29日の阪神タイガース14回戦(神宮)、この回から登板した阪神投手嶋田哲也は古田に対し3球続けて頭部付近に投球した。これに激高した古田がマウンドに歩み寄り、制止しようとした阪神捕手山田勝彦を首投げした。結局、古田・山田両者共に暴力行為として退場処分を受けた。
2007年4月19日の横浜ベイスターズ3回戦(神宮)、横浜投手加藤武治はヤクルトに3死球、さらに7回、11点リードしている場面で石川が盗塁。これに対しヤクルト投手遠藤政隆が打者内川に死球、続く村田修一への頭部死球が危険球とみなされ退場。ボールが変化する方向へ村田が頭を動かした形であったため、古田は「(村田は)自分から当たりに行ったのではないか」と抗議するが認められず、審判の判定を不服とし暴言を吐いた古田も退場処分を受けた。
退場にはならなかったが1993年には対巨人戦で巨人投手の橋本清がヤクルト金森栄治の打席の時橋本の失投(投げたボールが金森の背部を通過)により金森が激怒し両軍乱闘騒ぎになり、乱闘の輪に入った野球界の大先輩である堀内恒夫に対し頬をつねり、腹部を殴ったことがあった。堀内はこの1件を「やったのは(殴ったのは)古田だな」と笑いながら語っている。
選手兼任監督時代、代打出場する際に球審とアイコンタクトを取って自らを指差す「代打・オレ」のポーズは話題となった。
プロ入り後一貫してスワローズに在籍し、また古田自身とともにチームも隆盛したことからミスタースワローズと呼ばれるようになった(若松勉、池山隆寛に次ぐ3代目)。
福田功は「古田は足裏全面を地面に付けたまま同じ足の膝を地面に付くことが出来た」と古田の足首の関節の驚異的な柔軟さについてスターキャットチャンネルの番組内でコメントし、それが古田の送球へと移行する動作の素早さに影響していると語った。
足は速くないため、盗塁は無警戒の場面が多かった。
ヤクルト球団はフジサンケイグループ傘下にもかかわらず、同グループの夕刊フジから批判される事が多く、なかでも労組選手会の会長を務めていた古田は槍玉に挙げられる事が多かった。一方スポーツ報知、日刊スポーツなどは2007年頃から東京ヤクルト球団幹部の手際の悪さを度々指摘し、古田を擁護する姿勢をとっていた。
眼鏡を掛け、飄々とした風貌からプロ入り当初は「のび太」と呼ばれ、マスコミにもそのニックネームでしばしば取り上げられた。2006年・2007年には前述の「F-Project」のデーイベントの企画として、古田自らによるプロデュース企画「メガネDay」が実施された。当日は眼鏡(伊達眼鏡も可)を着用して入場したファンには景品が進呈された他、場内には古田がこれまで着用していた歴代の眼鏡を展示。さらに試合前・イニング間には「面白メガネコンテスト」などのイベントも実施した。また選手・コーチや球団職員、マスコットも眼鏡を掛けてファンサービスに務め、報道関係者も便乗して眼鏡を掛けた。ちなみに、あだ名の由来である野比のび太の誕生日と一日違いである。(古田8月6日、のび太8月7日)
2001年のリーグ優勝の時、ウイニングボールをキャッチし、高津臣吾を抱擁し、喜びを分かち合うはずだったが、石井一久に先を越され、結果、古田はマウンド上で独りになってしまった。日本シリーズでも同様のことが繰り返され、オフシーズンに出演した番組でネタにされた。
出場数は少ないながらも、一塁手、左翼手での出場もある。

その他
阪急ブレーブス少年野球クラブに所属していた。
大学時代は家庭教師などのバイトをしていた。
従兄にはタレントの大木凡人がいる。また血縁ではないが、同じ東京ヤクルトスワローズの城石憲之とは縁戚関係(互いの従兄弟同士が夫婦)にある。
1993年には母校立命館大学のイメージキャラクターに選ばれた。その際のキャッチコピーは「うちのチームも大したもんだが、うちの母校も大したもんだ」。2008年には、京都の龍安寺にて同学の川口清史総長と語り合う、という内容の同学の広告に再登場した。
1994年にシングルCD「Xeno 〜見知らぬ人〜」を発売している(現在は廃盤)。
2005年1月5日、故郷である兵庫県川西市から同市第1号の「名誉市民」に選ばれ、同日の記念講演で「子どもたちが大きな夢を持って育てるような環境づくりに貢献していきたい」と語った。
2005年から、公式ブログを開設。トラックバック数1位を誇る「ブログの女王」眞鍋かをりのブログを意識しており、「打倒眞鍋かをり」を宣言している。なお眞鍋がブログを書籍化した際は古田が宣伝用の帯を担当し、古田が書籍化した際は眞鍋が宣伝用の帯を書いている。公式ブログを開設する以前、試験的に「吉田淳也」という偽名でブログを数回書いていた。写真も載せていたのにもかかわらず閲覧数はとても少なかったが、古田敦也の公式ブログで紹介すると一気に閲覧数が増えたという。
2006年11月21日、男性誌GQ JAPANの読者投票により『GQ JAPAN Men of the Year 2006』のスポーツ部門で選出された(⇒参照)。
2009年3月22日、東京マラソンで完走した。
趣味は将棋、ゴルフ、読書、映画鑑賞など。音楽ではU2の大ファン。書道は有段者。特に将棋では日本将棋連盟から1995年8月に初段、2004年11月には三段の免状を受けている。また、妻の中井美穂はNHKテレビの将棋講座のアシスタントをつとめたことがある。
トヨタ自動車在社時代、社内では人事部に配属され、野球部の練習が無い時間帯には従業員のトラブル処理や社内レクリエーションの企画・運営などに従事していた。プロ入り後も愛車は一貫してトヨタ車を愛用している(クラウン→アリスト→セルシオ→レクサス・LS)。



>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

imfvzpkt@gmail.com

リング エンゲージ 婚約 指輪

2013.08.30| URL| 財布 財布 #EBUSheBA [編集]

qkdnnaldhdn@gmail.com

コーチ カバン

2013.09.22| URL| サングラス 人気 #EBUSheBA [編集]

wcrwki@gmail.com

ミズノプロ

2013.10.09| URL| ミネトンカジャパン #EBUSheBA [編集]

vuwhgwztvp@gmail.com

エルメス カレーシュ

2013.10.24| URL| エルメス バッグ エブリン #EBUSheBA [編集]

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.