SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

川本良平

川本 良平(かわもと りょうへい、1982年4月28日 -)
東京ヤクルトスワローズ所属のプロ野球選手。
ポジションは捕手(左翼手、一塁手もこなす)。
背番号は28。


経歴

アマチュア時代
中学1年でシニアで捕手を始め、高校は崇徳高校に進学。高校通算打率4割超、25本塁打と強打の捕手として大活躍したが、県大会はベスト8止まりで甲子園出場はならなかった。亜細亜大学では2年上に小山良男(元中日)がいたため、2年までは一塁手と外野を主に守っていた。2年生の時には亜大の春秋連覇に貢献し、内野手として日米大学野球選手権大会代表にも選ばれている。その後小山の卒業後に正捕手に定着した。東都大学リーグ通算82試合出場、262打数56安打、打率.214、3本塁打、19打点。ベストナイン1回。大学では打撃の確実性に苦しんだが、2004年のドラフト会議では、早くから川本をマークしていたヤクルトスワローズから指名を受けた。4巡目ながら推定契約金が上限の1億円と、自由枠待遇の契約でプロ入りしている。背番号も古田敦也(当時27)の「次」である「28」を与えられるなど、入団当初からポスト古田として期待されている。

プロ入り後
2005年
ルーキーながら一軍キャンプスタートを勝ち取り、古田から打撃のアドバイスを受けるなど貴重な経験を積んだ。早くから一軍を経験させるため、4月19日に登録枠が空いた際には、ごく短期間ながら一軍にも登録されたが、選手としての出場はならなかった。ファームでは早くから起用され、フレッシュオールスターにも捕手として内定していた。しかし左手首を故障して、出場を辞退することになってしまった。結局8月には手首の手術を決断し、残りのシーズンはリハビリに当てることになった。

2006年
故障明けであることから二軍スタートも、ファームで正捕手の座を確保。チーム最多の66試合に捕手として出場している。打率.216、2本塁打ながら、プロのスピードに慣れてきた。

2007年
この年も二軍スタートとなったが、開幕から好調を維持し、俊足を活かして外野にも挑戦。打撃もファームでは力上位と言いうる存在になってきており、シーズンも半ばを終えた7月頭には、打率・打点・本塁打・盗塁・得点の5部門でチームトップの成績を残し、その事が評価され一軍に昇格した。7月7日の対巨人戦で一軍初出場初スタメンを果たし、5回に深田拓也から放った初安打がプロ初本塁打(3点本塁打)となり、さらにその試合で投手陣を好リードして完封リレーに導くなど、鮮烈なデビューを飾った。7月19日には、2年前に辞退したフレッシュオールスターに5番一塁手で出場。その後8月半ばから一軍捕手のスタメンに定着し、打率も.208と低いものの、最終的に51試合出場、7本塁打、6盗塁、19打点の活躍を見せた。また二軍では打率.315、6本塁打、12盗塁を記録した。

2008年
3年ぶりの一軍キャンプでの始動となったが、2月8日に全治一ヶ月の左太股の肉離れを発症し出遅れることとなった。ファームでは前年同様に力上位のところを見せ、5月29日に一軍に昇格した。6月半ばまでは打率3割をキープするなど、このまま正捕手定着となるかと思わせたが、捕球のミスなどで信頼を掴みきるにはいたらず、打撃成績も徐々に低下した。7月から8月にかけてはベンチスタートの機会も増え、盗塁阻止率リーグ1位を記録した福川将和との併用が続くなど、前年の勢いを逸する形となった。

2009年
横浜からFAにより新加入した相川亮二により、捕手争いが激化。結果として第二・第三捕手としてベンチを暖めることが多かったが、CS争いが激しく繰り広げられていた最中に相川がわき腹の肉離れにより離脱。残り試合のマスクをかぶることになり、10月6日からの6連勝、およびCS出場にに貢献した。10月8日の阪神戦では大きな追加点となる3号2ランを叩きこむなどシーズン終盤で大きな働きをみせた。

プレイスタイル
練習時の送球では、本塁から二塁までは1.9秒。遠投100m。いわゆる鉄砲肩の強肩ではないが、取ってから投げるまでが早いといわれる。反面二軍の試合では思わぬエラーも見せ、守備では確実性の向上が課題。捕手としては、八重樫幸雄タイプと評されている。
本塁から一塁まで4.0秒で到達する。右打者としては俊足の部類に入る脚力があり、積極的に盗塁も見せる。一軍初出場の2007年は6回盗塁を企画して6度とも成功させた。
打撃はその積極性が持ち味で、初球から打って出る場面も見られる。長打力もあり、近年の捕手としては珍しい攻撃的な側面の強い打者である。
攻撃的で強気なリードを行う。制球ミスを恐れず、積極的に内角を攻めてストライクを取りに行くのが特徴である。スタメンに定着した2007年9月には、13日に石川雅規のプロ6年目で初の完封勝利、23日に石井一久の日本では7年ぶりの完封、25日に再度石川の完封と、先発完投自体が少ないチームで立て続けに完封を記録。打たれる時は滅多打ちになる事もあるが、その荒削りな側面も含めて魅力の多い若手捕手である。

エピソード
2007年1月23日に一般人の女性との結婚を発表している。
古田敦也が現役引退を決意したとコメントしている、2007年6月以後に川本は一軍で初出場している。2007年現在、結果として古田が一軍の同僚捕手としてではなく、監督として接した東京ヤクルト唯一の選手ともなった。スタメン出場の試合後に、古田から厳しい指導を受け、時にはその叱咤で川本が涙を流す場面もあったという。同年のシーズン終盤にはその甲斐あって古田から好リードを褒められる試合もあったが、これらは米野や福川には無かった事である。
2007年9月11日、対巨人戦で、抑えの上原浩治のカットボールをライトスタンドに運んだ。プロ入り後から変化球を反対方向に強く打てるように意識しており、はじめて一軍で実践できたことから、試合は負けてしまったものの嬉しくて眠れなかったという。

背番号
28 (2005年 - )

個人記録
初出場・初先発出場:2007年7月7日、対読売ジャイアンツ11回戦(明治神宮野球場)、7番・捕手として先発出場
初安打・初本塁打・初打点:同上、5回裏に深田拓也から左越3ラン
初盗塁:2007年7月10日、対広島東洋カープ9回戦(明治神宮野球場)、2回裏に二盗(投手:佐々岡真司、捕手:石原慶幸)




>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.