SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

本日のトラ記事

☆松坂予言!城島さんは虎を変える!☆

 ジョーが猛虎を変える-。今年3月のWBCで阪神・城島健司捕手(33)とバッテリーを組んだ米大リーグ・ボストン・レッドソックスの松坂大輔投手(29)がデイリースポーツの取材に応え、攻守の両面からジョーを解析。対戦相手として、女房役として城島と接した独特の目で、虎にもたらす効果を“予言”した。

  ◇  ◇

 信ぴょう性、具体性に富んだナマの声だった。対戦相手としてダイエー、マリナーズのジョーと戦い、またバッテリーを組んだ松坂ならではの言葉だからこそ説得力がある。来季、猛虎の扇の要と打線の主軸を担う城島がいかなる活躍でチームに貢献するのか。球界最高レベルに君臨する右腕の分析は、虎党の想像力を大いにかきたてる内容だった。

 「捕手と投手はまず、信頼関係を築くことが大事。ジョーさんは積極的に(阪神投手陣と)コミュニケーションを取ると思いますよ。僕がWBCで組んだ経験からいえば、ジョーさんの人柄なら(信頼関係を築くまでに)そんなに時間はかからないと思う。投手としては早い段階から、安心して投げられるようになると思います」

 松坂が城島に感じたのは視野の広さだ。「とにかく洞察力が高い人。細かいところをみて味方投手のこと、相手打者の色んなことに気付いてくれる。阪神の投手はどんどんジョーさんに聞きにいけばいいし、注文しても応えてくれると思う」。コミュニケーションの積み重ねが、どんどんプラス方向へ向かうという考えだ。

 城島といえば経験、実力ともに備わった捕手だが、決して自分の意見を押しつけるタイプでもないという。「ジョーさんの意見にはしっかりした考えがある。感覚でモノを言うような人じゃない。投手と意見が合わないことがあっても、こういう理由でこうしたと、そういうやりとりを多くする人」と、ここでもコミュニケーション能力の高さを指摘した。

 打撃面に関しても松坂は城島に“期待”している。「ここ2年くらいメジャーではおとなしかったけど(笑)。日本にいたころのように戻って大暴れしてほしい。メジャーでは右に強い打球を打つ意識が高く、打撃を崩していたようにみえていた。でも(メジャー球より軽い)日本のボールならかってに飛んでいってくれると思うし」と、日本球界復帰で打棒も復活すると踏んでいる。

 「捕手としての繊細なジョーさんと、打者として豪快なジョーさんが見たいですね」。松坂の言葉は虎党の思いを代弁しているかのようだった。




☆藤本FA!虎と惜別…最後に交渉☆

 阪神・藤本敦士内野手(32)が16日、今季取得した国内FA権行使の手続きをとった。甲子園の球団事務所で会見した藤本は、悩み抜いた末に、9年間のタテジマ人生に区切りをつける決断を下したことを表明した。あくまでFA残留も選択肢に入れるが、今後は野球人・藤本敦士を最も必要とする球団を探す。ヤクルトが獲得に乗り出すのは確実で、19日にも交渉に入る。

  ◇  ◇

 悩みに悩み、揺れ動いた末にたどり着いた結論だ。「もう一度、チャレンジしたい」。たとえ、慣れ親しんだタテジマを脱ぐことになっても、ゼロからの出発がしたい。虎への愛着、未練を断ち切り、藤本がFA権行使を表明した。

 「本当にきょうまで悩み抜きましたが、今は何の迷いもなく、すっきりした気分です」

 球団事務所で権利行使の書類を提出し、新たな挑戦が始まった。

 虎からは必要戦力として残留を求められた。これまでチームへの思い、応援してくれたファンへの恩義もあり、迷い続けた。

 「家族全員にも相談しました。人生最大の分岐点と考えていると言ったら、どこでもついていくと。それで踏ん切りがつきましたね」

 今後は他球団との交渉解禁となる19日以降、オファーを待つ。あくまでFA残留も“移籍先”とし、他球団の話をすべて聞いた最後に、もう一度、阪神と連絡をとる。

 最も重視するのは、金銭的条件でも、球団の立地場所でもない。「最も自分を必要としてくれるチームです。出場機会も自分で奪うものですし。子供も小さいし、家も借家なんで、必要としてくれるならどこでもです」と藤本は断言した。

 「権利行使した以上、今はタイガースの名前のない、藤本敦士という一野球人として、野球に励んでいきます」

 「人生最大の博打(ばくち)」と銘打ったチャレンジが幕を開けた。




金本 スクワット180キログイッ

 阪神・金本知憲外野手(41)が12日、広島の自主トレ拠点「アスリート」で昨年11月の左ひざ手術後では最重量となる180キロの負荷を下半身にかける本格的な筋力強化に取り組んだ。

 ひざに負担の少ないセーフティースクワットながら、負荷は180キロに及んだ。本来のスクワットに換算すれば150キロ。この日は10回を2セットこなし、続けて別の器具で下半身をいじめ抜いた。この時期に同重量をかつぎ上げることは3年ぶり。左ひざにメスを入れた07、08年のオフはリハビリ専念を余儀なくされ、年内の筋力強化は上半身に制限された。スクワット後「酸欠…」と息をあげて倒れ込んだ金本にも充実感がにじんだ。

 介助したジムの平岡洋二代表も「本当にうれしい。2年続けてまともにできなかったから。これがトレーニングだよ」と目尻を下げた。プロ19年目の来季へ向けた始動は、リミッターを設けない金本本来のウエート強化になった。




真弓阪神、春キャンプで“付き人制度”

 阪神は高知県安芸市で行っていた秋季キャンプを16日、打ち上げた。真弓明信監督(56)は若手の成長を実感し、実りの秋になったことを強調。その上で来春の沖縄・宜野座キャンプでは金本、新井ら実績組に若手選手を組ませる“付き人制度”を導入するプランを明かした。

  ◇  ◇

 真弓監督の笑顔が、この秋の収穫を物語っていた。投打ともに目に見えるレベルアップを果たし、確かな手応えをつかんだ。“MVP”には今季、1軍で見る機会がなかった野原将と上本を挙げ「この力だったら来年が楽しみというのが見えた」と声を弾ませた。

 若手が一定のレベルに達したからこそ、次なる育成プランも生まれる。中でも来春の沖縄・宜野座キャンプで、金本、新井ら実績組の選手に対し若手を組ませる“付き人制度”について、指揮官は「たぶんそうなるでしょう。先輩のプレーを見てても勉強になるし、(レベルも)そこまで来ている。一緒にやれるくらいのところまで来ている」と語った。

 もちろん体育会の寮生活にあるような身の回りの世話や、使いパシリをするわけではない。一緒に練習する機会を設けることで、若手に何が足りないかを把握させ、見習うべき点を学ばせようという考えだ。現時点で沖縄キャンプの参加メンバーは決まっていないが、例えば三塁の新井に野原将を付けたり、赤星と柴田がともに中堅のポジションでシートノックを受ける。また上本に関しては関本、平野らの二塁レギュラー争いに投入することで、競争を激化させる狙いもある。

 真弓監督は「実績という点では実際に数字に表れている。(若手は)それを埋めるくらいの勢い、練習量でやってほしい」と実力以外の面でもアピールするよう求めた。さらに秋季キャンプに参加した選手には、各コーチからオフの“宿題”を課すよう指示している。打撃、守備など選手個別で内容は違ってくるが、秋季キャンプで伸びてきた若き力を2カ月半のオフで一層レベルアップさせることが狙いだ。

 「来年の春のメンバーを見てもらうと分かるんじゃないかな。ポジション争いとか、層の厚さを感じてもらえると思う。メンバーを決めるのも悩まないといけない」と苦笑いを浮かべながらも、手応えを強調した指揮官。Bクラスからの逆襲へ向け、土台はしっかりと作ることができた。果たして若手がどこまで伸びてくるか-。今は球春の到来が待ち遠しくて仕方がない。





阪神「話なければ戻ってこい」

 阪神・藤本敦士内野手(32)が16日、今季取得した国内FA権行使の手続きをとった。

  ◇  ◇

 阪神は、藤本のFA権行使を選手の権利と尊重しながら、あくまで必要戦力としてFA残留を求める。

 16日、沼沢球団本部長は、藤本の権利行使を受け「本人が悩んだ末に出した結論ですから。必要戦力に変わりはない。他球団の話を聞いて考えてほしい」と話した。

 今後も藤本に球団施設を練習場所として提供し、黒田編成部長からは藤本に「万が一(他からの)オファーがなければ戻ってこい」との球団の意向も伝えた。

 他球団との交渉解禁となる19日以降は、まずは藤本に他球団との交渉を優先させ、最後に連絡をとって再度、残留交渉を行いたい考えだ。すでに通常契約更改の形で、藤本に来季条件提示を行っているが、条件面の見直しも含め、再交渉に臨む。




TG2軍戦 来春那覇で開催

 那覇市に建設中の市営奥武山野球場(仮称)について、翁長雄志市長は12日、同球場が来年4月にオープンし、こけら落としとして巨人-阪神の2軍交流戦が行われる、と発表した。翁長市長は「2軍とはいえ伝統の巨人-阪神戦が沖縄で行われるのは初めて」とし、「将来はオールスターもやってもらいたい。多くの子どもたちに夢と希望を与える球場にしたい」と語った。




安芸ブルペン改良!よく見えるジョー

 阪神がキャンプを行っている高知・安芸市の安芸タイガース球場のブルペンが、観客に見やすくなるように改良されるプランがあることが16日、分かった。現在、外側からは見えない緑色のシートが張られている所を、透明のシートに変えるというもの。城島を迎える準備は、キャンプ地でも着々と進んでいる。

  ◇  ◇

 ジョー入団は、キャンプ地をも動かしている。毎年2月に阪神がキャンプを行っている高知・安芸市の安芸タイガース球場。城島が使用するブルペンは、例年以上に多くの虎ファンが訪れることが予想される。そのため、今よりもブルペンを見やすくするという計画が進められている。

 「捕手側もしっかりと見えるかはまだ分かりませんが、今のグリーンシートを取っ払って、ブルペンの壁面を透明にしようというのはあります」と球場関係者。現在は虎党がブルペンを訪れても、緑のシートが張られている捕手側や投手の両サイドは見づらくなっている。これを透明のものにして、見えやすくするのが狙いだ。この秋季キャンプ中も、球団関係者が観客スペースのあらゆる場所からブルペンをチェックした。

 球場関係者は「見るところを増やすのは難しい。お客さんに近くまで来てもらっても、限られた人しか見ることができない」と現状を説明。観客スペースの増加が難しいため、透明シートで最大限に城島の姿を披露し、ファンサービスを行うつもりだ。

 「(透明に変えて)投手に風の影響がないかとかも話し合っていく」と球場関係者。今後も球団側と話し合いを行い、来春キャンプでの設置を目指していく。

 城島入団で視界良好になったのは戦力だけではない。安芸のブルペンも虎党にとっては視界良好になる。




野原将は「1軍レベル」真弓監督太鼓判

 阪神の野原将志内野手(21)が16日、真弓監督から“キャンプMVP”に選出された。打撃では飛距離が格段にアップするなど、攻守に成長著しく、同監督は「(1軍の)試合で活躍できるレベルまできている」と太鼓判を押した。

 若虎の背中をネット越しに見つめ、指揮官は満面の笑みを浮かべた。打撃ケージからは白球が、次々とスタンドへ着弾する。視線の先にはプロ3年目の内野手。飛躍の可能性を感じ取っていた。

 「1軍で見ていなかった選手で言えば、野原将と上本。この力だったら、来年が楽しみだね」

 指揮官はキャンプ序盤から、野原将に熱視線を送ってきた。打撃指導だけでなく、キャッチボールなど基本動作からアドバイス。成長の兆しを感じているからこその指導で、本人には「強化指定選手や」とゲキを飛ばした。攻守に課題を与え、キャンプ終了後も鳴尾浜での継続練習を命じた。

 指揮官の評価を伝え聞いた野原将は、表情を緩めず「『何としても1軍に行くんだ』という気持ちで頑張りたい」と前を向いた。坂本(巨人)に田中(楽天)ら同級生組に負けてはいられない。来春の開幕1軍切符を目標に、21歳の若虎はオフも野球漬けの日々を過ごす。




走れ!真弓監督、ダッシュ革命や

 阪神・真弓監督が16日、投手陣にシーズン中もダッシュを積極的に行うことを求めた。「ここにきて体が切れてきている選手もいる。シーズン中に(やっていれば)ちょっと違うところがあったのかな」と話した。

 今キャンプ中、投手陣はウオーミングアップ後に、スパイクを履いて40メートルから60メートルのダッシュを連日行った。そのことで体のキレがアップ。指揮官も「ピッチングで迫力が出てきた投手もいる」と効果を実感していた。

 また、安藤や能見らシーズンでフル稼働した主力投手は、ランニングとウエートを徹底。真弓監督は「安藤は(体が)引き締まったよ」と変ぼうに表情を緩めた。

 長いシーズンを戦い抜く上で体力強化は必須条件。「まだ過程だと思う。今日で終わりじゃない。関西に帰っても続けていく」と安藤。オフもさらなる身体強化を目指す。すべては今季の悔しい思いを来季にぶつけるため。虎の投手陣はオフもシーズンも走り続ける。




しっかり走った能見、オフも走るぞ

 キャンプで体力強化を中心に行ってきた阪神・能見は、オフもその姿勢を崩さないつもりだ。「しっかり走ることができた。僕は肩がすぐにできるんで、(オフは)走り込み、ウエートを中心にやります」と16日、話した。今季13勝の活躍だったが「来年は来年。最初から結果が残せるようにしたい」と話した。

>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.