SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

片岡易之

片岡 易之(かたおか やすゆき、本名:保幸(読み同じ)、1983年2月17日 - )
埼玉西武ライオンズに所属するプロ野球選手(内野手)。
ファンからの愛称はヤス。


経歴

アマチュア時代
3人兄弟の末っ子。小学生の頃は作新ヤンキースの4番打者&投手として活躍。中学校に入学すると学校の軟式野球部には在籍せず、千葉北シニアリーグ(OBには五十嵐亮太もいる)に所属。2年の頃からレギュラーで活躍。3年時には1番打者・三塁手・主将としてチームを全国大会に導くが、怪我に苦しんだ時期が長かった。

中学校卒業後、栃木県の宇都宮学園高校(現・文星芸大付高)に進学。2人の兄がそれぞれ同校で活躍し有名であったことから、片岡が入学後「片岡3兄弟」としてさらに知名度が増す。高校3年の時には3番・遊撃手として自らのサヨナラヒットで甲子園へ出場するが、甲子園では2回戦敗退(2回戦は腰痛で欠場)。甲子園出場当時、肺に穴が空いていたという逸話もある。この時のチームメイトに2学年下の泉正義がいる。また、兄も宇都宮学園時代に甲子園出場あり。観音寺中央戦でも活躍した。高校の同期にプロバスケットボール選手の荒井尚光がいる。

2001年に東京ガスに入社。怪我が多かったため、登録名を「片岡 易之」(読み同じ)にした。

プロ入り後
2005年、ドラフト3巡目で西武ライオンズに入団。石毛宏典、ダリン・ジャクソン、松井稼頭央のつけていた背番号7を入団時にいきなり与えられたことからも、球団の期待の大きさが窺い知れる。その期待に応え、2005年5月1日に9番二塁手で初スタメン出場。その後も安定した結果を残し、シーズン途中からは栗山巧と1・2番コンビを組んだ。1年目から一軍に定着して81試合に出場。4本塁打・6盗塁と結果を残した。

2006年、5月に高木浩之から二塁手のレギュラーを奪うと、打率.292を記録して2番・二塁手のレギュラーをほぼ不動のものにした。中島裕之の故障で8月からは遊撃手に回った。ロッテ戦では1試合3盗塁を2試合連続で決めるなど走塁技術も向上し、1番・右翼手の福地寿樹とのコンビで2人合わせて53個の盗塁を決めた。またバントの技術にも優れ、リーグ2位の33犠打を記録した。

2007年、2番・二塁手で初の開幕スタメンをつかんだが、4月18日の日本ハム戦で右翼手のG.G.佐藤と接触して右ひざと胸部を打撲し途中退場。翌日の試合ではケガを押して代打に出て安打を放ったものの、状態が悪く登録を抹消された。5月30日に復帰したが、しばらくはケガの影響で2割台前半の低打率にあえいだ。8月に.353・13盗塁の大活躍で打率を急上昇させたが、最終的に打率.256に終わった。しかし盗塁技術は格段に向上し、38盗塁を記録。本多雄一との激しい争いを制して自身初の盗塁王のタイトルを獲得した。守備でも失策が前年の13個から5個と大幅に減り、守備率.993は二塁手部門でリーグトップの数字であった。犠打も前年より増やし、リーグ2位の35個を記録した。

2008年、初めて1番打者に定着。選手間投票で選出されオールスターゲームに初出場した。中島が北京オリンピック出場のため不在の期間は遊撃手に回ることもあった。リーグ最多打数を記録しながら前年より打率を大きく上げ、2番を打った栗山とともに167安打で最多安打のタイトルを獲得した。盗塁は前半戦だけで前年を上回り、12個増やし50盗塁を記録。2位の渡辺直人を16個引き離し2年連続の盗塁王となった(パ・リーグの50盗塁以上は1997年の松井稼頭央以来)。打率は3割に満たず、四球が少ないことから出塁率も.322と、やや物足りない面はあったが、リーグトップの得点圏打率.382と勝負強さを見せた。日本シリーズでは7試合で5盗塁(成功率10割)と大暴れし、その足を活かしたギャンブルスタートで日本一に貢献した(下記「走塁・盗塁」を参照)。アジアシリーズ初戦のSK戦では風邪のため欠場したが、決勝までの3試合に1番遊撃手で出場、チームのAS制覇に大きく貢献した。

2009年、WBC日本代表に選出された。片岡を選出した理由として日本代表監督の原辰徳は「足(走塁)で代表に選んだ」という程、片岡の走塁技術の高さが評価された形になった。その際、片岡をトランプの「JOKER」と例えた。一次ラウンドこそ出番はなかったが、キューバ戦から主に先発が左投手時にスタメンに。大会通じて打率.308、盗塁は1位タイの4盗塁を挙げて監督の期待に応えた。慣れぬ三塁手の守備も手堅くこなしてWBC2連覇へと大きく貢献した。

一方シーズンでは1番二塁のレギュラーとして起用されたがなかなか打率が上がらず、4打数以上無安打の試合は29回とリーグ最多で出塁率の落ち込みがチーム失速の一因と言われることもあった。前半戦は打率.282で折り返したが、結局最後まで不調で打率.260と物足りない数字に終わった。一方で13本塁打・58打点は自己最高と長打率は上がり二塁手部門でパ・リーグトップの守備率を記録したが、時折緩慢なプレーでピンチを招くこともあった。盗塁数もあまり上がらず9月までは本多・川宗則にリードを許していたが、9月20日から6試合で10盗塁を決めて抜き去り、自己最多の51盗塁を記録、三年連続となる盗塁王に輝いた。

走塁・盗塁
盗塁の多さから片岡は俊足と思われがちだが、実際は赤星憲広や鈴木尚広のような圧倒的な走力を持っているわけではなく、チーム一の俊足というわけでもない。にも関わらず盗塁を量産しているのは、その高い走塁技術に要因があるという。「盗塁成功率が高い」、それは相手投手のモーションを盗むのがうまいからである。2005年のシーズン終了後、片岡は盗塁増加のため色々なトレーニングを試みるが結果が出ず、それに加え盗塁に必要不可欠な足の遅さを技術で補おうと、陸上競技を取り入れた。結果トレーニングによって倍以上に盗塁数が増加した。この走塁技術にはイチローも高評価しており、練習中お互いに走塁技術について語る場面も見られた。これだけ増加したのにはスタートの向上と、プロ入り前からの独特なスライディング法にあるという。すなわち、低いスタート姿勢によって素早くトップスピードに入り、「ベースを吹っ飛ばすつもりでやる」というベースの近くギリギリからのスライディングを行うことにより、スピードのロスを防いだまま次塁に到達することができるのである。

走塁における思い切りのよさも評価が高い。2008年の日本シリーズの第7戦において、8回表先頭バッターとして越智大祐から死球を受け出塁したが、続く栗山巧の打席の初球でいきなり盗塁を敢行(監督の渡辺久信は、死球の際に片岡がガッツポーズをしたのを見て彼の盗塁意欲を感じ取り、初球でのバント指示をやめたという)。その後改めてバントで3塁に進み1死3塁で3番中島裕之を迎えた。1回表の同様の場面では「ゴロゴー(ゴロと判断したらスタート)」でホームに突入して本塁タッチアウトになり先制点を逃していたが、この場面では「ギャンブルスタート」指示によりバットに当った瞬間にスタートを決行。中島のサードゴロの間にホームへ突入して同点に追いつき、劇的な逆転日本一の足がかりを作り『片岡一人で奪った一点』と評価されるほどだった。

WBC2009の決勝・韓国戦では、同点の7回表、先頭打者としてレフト前ヒットで出塁すると続くイチローの打席では1ボールからの2球目で盗塁に成功。さらにイチローのバントヒット、中島裕之のレフト前ヒットと続き、片岡が貴重な勝ち越しのホームを踏んだ。


タイトル・表彰
盗塁王:3回(2007 - 2009年)
ベストナイン:1回(二塁手部門・2008年)
最多安打:1回(2008年)
オールスターゲーム出場:1回

個人記録
初出場:2005年3月26日、対オリックス・バファローズ1回戦(インボイスSEIBUドーム)、8回裏に貝塚政秀の代打として出場
初安打:2005年3月29日、対北海道日本ハムファイターズ2回戦(札幌ドーム)、8回表にMICHEALから中前安打
初先発出場:2005年5月1日、対東北楽天ゴールデンイーグルス8回戦(フルキャストスタジアム宮城)、9番・二塁手
初本塁打・初打点:同上、2回表に一場靖弘から左越ソロ
初盗塁:2005年5月17日、対阪神タイガース1回戦(西京極球場)、6回表に二盗(投手:福原忍、捕手:野口寿浩)

背番号
7(2005年 - )

>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.