SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

石井一久

石井 一久(いしい かずひさ、1973年9月9日 - )
埼玉西武ライオンズに所属するプロ野球選手(投手)。
千葉県千葉市若葉区出身。
マネージメントは吉本興業スポーツ部。
妻はフリーアナウンサーの木佐彩子。



経歴
1989年、千葉市立みつわ台中学校卒業、東京学館浦安高等学校入学。1991年、ドラフト1位でヤクルトスワローズに入団し1992年の日本シリーズ第3戦で前代未聞の「レギュラーシーズンで未勝利の高卒新人ながら先発登板」。背番号は高卒新人時代から16。1993年、対阪神タイガース戦でプロ初勝利。雨天コールドでの勝利だった。

1997年9月2日、対横浜ベイスターズ戦(横浜スタジアム)で史上65人目となるノーヒットノーランを達成。これは4四球を含むものであったために、横浜の投手コーチであった権藤博は「あんなものはノーヒットノーランじゃない」と言ったが、横浜打撃陣は「早くメジャーに行ってほしい」とコメントした。1998年、セ・リーグ最多奪三振。シーズン三振奪取率11.047は日本新記録。2000年、セ・リーグ最優秀防御率と最多奪三振の二冠となった。

2002年、ポスティングシステム(入札制度)によってメジャーリーグ、ロサンゼルス・ドジャースに移籍。背番号は17。入団会見で「僕の妻はカリフォルニア人」と話し、会場の爆笑を誘った(妻である木佐彩子が、小学2年から中学2年までロサンゼルスに居住していたことを受けてのジョーク)。ペナントレースでは開幕6連勝と好調なスタートを切ったが、9月8日のアストロズ戦で頭部に打球を受け病院に搬送される。診断の結果は「頭蓋骨の亀裂骨折」で、当たった所がボール1個分ずれていたら本当に危なかったという。2005年、ジェイソン・フィリップスとのトレードでニューヨーク・メッツに移籍するが3勝にとどまった。背番号は23。

2006年、盟友・古田敦也が選手兼任監督に就任したヤクルトへ復帰、ローテーションを守り11勝を挙げた。背番号はメジャーリーグ移籍前と同じ16。2007年5月17日、対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)で史上48人目となる日本通算1500奪三振を達成。1413投球回での達成は、江夏豊の1423投球回を抜く日本プロ野球最速。2007年9月23日の対阪神タイガース戦で、2000年9月15日の対中日ドラゴンズ戦以来2564日ぶりの完封勝利(通算7回目)。

2007年11月12日、前年途中に取得していたFA権を行使。ヤクルトから慰留を受けるが、新たな環境を求めて移籍を決意。11月22日に西武ライオンズへの移籍が発表された。背番号は61。

2008年3月29日、対ソフトバンク戦で日本通算100勝を達成した。同シーズンでは序盤は最多勝争いに名を連ねる等好調だったが徐々に調子を落とし最終的には11勝10敗防御率4点台という成績に終わった。 同年の日本シリーズ第3戦、第7戦に登板し、合計8イニングで5失点。

2009年涌井秀章が背番号を18に変更するのに伴い、これまで涌井が付けていた16に変更。 同シーズンでは前年に比べ被打率が下がったが、四球が増えてしまい投球内容も不安定で9勝に終わり規定投球回も満たせなかった。

投球スタイル
上げた右足のひざが胸の前で構えた右肘に当たるという特徴がある。 若い頃は、最速154km/hのストレートと左腕独特の大きなスライダー(スラーブ)で三振の山を築いてきたが、近年は変化球や投球術に長けた技巧派に変わった。

2006年ヤクルトに復帰した際には、これまでの持ち球スライダー、スラーブとフォークに加え、2種類のカットボールとチェンジアップ、ツーシームを身に付けていた。その反面、直球のスピードは平均140km/h程度に落ちているが、奪三振率は未だに高く本人も「三振の取り方は分かっている」と発言している。また昔に比べると制球力も進歩しており、四球は減少傾向にある。

エピソード
ヤクルトの野村克也監督が編成部に球が速い高校生投手を要望していたところ「1人いるけど、ノーコン」という報告があり、ノーコンは矯正できるということでゴーサインを出した。
野村はヤクルト監督9年間のドラフトで石井と伊藤智仁を獲得できたのが最大ヒットだったと語っている。
2001年のリーグ優勝、同年の日本シリーズでの日本一決定時には真っ先にベンチを飛び出し、捕手の古田敦也よりも早く胴上げ投手の高津臣吾に抱きついた。2008年の日本シリーズ最終戦の勝利の瞬間にも、投手のアレックス・グラマンに一番に抱きついた。
2001年リーグ優勝時の若松監督の胴上げでは同僚の石井弘寿と共謀し、小柄な若松の足を高々と突き上げ回転させた。胴上げの時、若松の足を肩に御輿を担ぐように乗せてやる気満々だったと古田が証言している。
2002年ドジャース1年目に与四球数106を記録。101を記録したチームメイトの野茂英雄とメジャー全体での1-2位を占めた。
大きいカーブが武器で、新人時代の松井秀喜はオープン戦で対戦したとき、死球になると思ってのけぞった。
投球に安定感がなく、エースクラスの投手ながらあっさり打たれてしまうことが多いが、開幕戦や日本シリーズ、優勝に関係する試合などでは滅法強い。
「15」という数字が嫌いで、「15勝するなら14勝のほうがいい」と言ったことがある。2009年終了時点での最多勝利数は14。
味方がエラーをすると不満や怒りの感情を表すことが多いが、これは自分の素を出しているだけで「凡ミスをしてなあなあで済ますのが、いいチームワークだと思わない」「チームに緊張感を持たす意味合いもあり、チームが勝つためにはプラスになる」と語っている。
パーソナリティを務めた『石井一久のオールナイトニッポン』において、2005年シーズンの登板時の曲を松平健の大ヒット曲マツケンサンバIIに決めた。また2006年、試合のない月曜日にはニッポン放送の『石井一久のプロ野球バンザイ』のパーソナリティーを務めた。
2008年1月6日、テレビ東京の『メガスポ!』にゲスト出演した楽天イーグルスの野村監督は、同リーグとなった石井との対戦についての感想を求められ、「(石井獲得に)楽天が行けばよかったねぇ。」「うっかりしてたなぁ。(獲得に)手を上げたら良かったよなぁ。そしたら、もう一回再生できたのに。」とコメントした。
石井がパーソナリティーを務める『松本ひでおのショウアップナイターネクスト』によると、石井は家電マニアであり、電化製品のカタログを見るのが趣味と語る。2008年の春季キャンプにはDVDの観賞用に大型の液晶テレビを買い宿舎に持ち込んでいる。
かなりのイタズラ好きで、チームメイトの携帯電話の着信メロディを勝手に変更したり、相手の携帯をGPS登録し、行く先々に現れたり、自宅に帰った途端「いま家に着きましたね」と電話するなど、ストーカーまがいのイタズラもしていると、古田が証言している。
彩子夫人との結婚を発表した記者会見の席上、妻の得意料理を質問され「生野菜ですかね」と答え報道陣に大爆笑されたが、当の彩子夫人からは相当怒られた。
木佐がプロ野球ニュースMCを務めた最後の日00年3月30日石井もVTR出演。翌日ナゴヤドームでの開幕戦において前年リーグチャンピオン中日ドラゴンズ相手に開幕投手として初回先頭打者から6連続奪三振(2番は自身と同じ高卒新人時代日本シリーズ先発出場の実績有す立浪和義)
非常にマイペースな性格。ヤクルト時代の監督である野村監督からは常識を心得ない所があって、人と感覚が違うと評されている。
早期の引退をほのめかす発言も多いが、2009年現在で、MLB時代の4年間を含め、18年間の長いプロ生活を送っている。引退後はテレビ局での仕事を求め、アシスタント・ディレクターになりたいと発言した。一方バンド活動をしたいとの発言もある。。
古田、高津とは私生活でも家族ぐるみの交流があり、シーズンオフには自主トレも兼ねた海外ゴルフを行う。
フジテレビの番組企画の罰ゲームで「一日ヤクルトレディー」を経験し、実際に企業へ営業に行ったこともある。
テレビゲームが好きで試合前に同僚とゲームをすることが多い。ヤクルト時代はウイニングイレブン、西武ではボンバーマンをすることが多いという。WBCに落選した岸らと共にWBC(ワールド・ボンバーマン・クラシック)を開催した。
西武に移籍後は、後輩投手の涌井や岸に美味しい店を紹介してもらう「ぐるなび」扱いされているが、本人は嫌とは思っていない。
2008年の11勝の内、10勝がホームゲームであった。

タイトル
最多奪三振:2回(1998年、2000年)
最優秀防御率:1回(2000年)
最高勝率:1回(1995年) ※タイトルではない
月間MVP:2回(1995年8月、1997年9月)
月間最優秀新人(2002年4月、メジャーリーグ)

記録
ノーヒットノーラン:1997年9月2日、対横浜23回戦(横浜スタジアム) プロ65人目
セ・リーグシーズン最多暴投20個:1998年
通算1000奪三振達成スピード歴代2位
2000年の7月5日に巨人・ダレル・メイから三振を奪い達成。1位は野茂英雄投手。
通算1500奪三振達成スピード歴代1位
2007年5月17日に中日・小笠原孝から三振を奪い達成(メジャー時の記録は含まず)。
シーズン奪三振率(規定投球回以上)歴代1位 11.05:1998年
日本通算100勝:2008年3月29日、対福岡ソフトバンクホークス2回戦(西武ドーム) プロ野球125人目(日米通算では139勝目)
古巣の東京ヤクルトに勝利すれば史上7人目の12球団全球団勝利(オリックスと合併した大阪近鉄バファローズを除く)となる。なお日本シリーズでは2001年近鉄に勝利している。

野手記録
通算本塁打数2本(ヤクルトスワローズ時代1997年のソロホームランと1999年の3ラン、どちらも対横浜戦)


出演
移籍した後も、ヤクルト球団と繋がりのあるフジサンケイグループへの出演が多い。

フジテレビジョン
笑っていいとも!「テレフォンショッキング」(1997年11月7日)
プロ野球ニュース(2000年3月30日、妻・木佐彩子司会最終日VTR出演)
プロ野球珍プレー・好プレー大賞(不定期VTR出演)
ジャンクSPORTS(不定期出演・準レギュラー)
ニッポン放送
石井一久のオールナイトニッポン(単発)
石井一久のプロ野球バンザイ!
松本ひでおと石井一久のショウアップナイターネクスト!
松本ひでおのショウアップナイターGO!GO!
など

映画
ゲゲゲの鬼太郎(2007年) - べとべとさん(声)役

>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.