SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

堂上剛裕

堂上 剛裕(どのうえ たけひろ、1985年5月27日 - )
日本の中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手(外野手)。
父親はオールスター出場歴もある堂上照、弟は愛工大名電から同じ中日にドラフト1位で入団した堂上直倫(小学校時代には「堂上照の息子」として、弟の直倫とともにサンデードラゴンズに出演したことがある)。
ファンからは弟の直倫と区別するため「(堂上の)お兄ちゃん」と呼ばれることもある。


来歴

プロ入り前
愛工大名電では通算46本塁打を記録し、甲子園に3度出場した期待の若手の1人。初球のストライクはほぼ必ず打ちにいく積極的なバッティングも魅力。兄弟揃って私設応援団による応援歌が作られ、最後のメロディが兄弟で同じ旋律が使われている。 そして2003年のドラフトで中日から6巡目で指名されて入団。かつて父・照の所属した球団に入団した。当時は内野手として入団した。

プロ入り後
ルーキーイヤーの一軍出場はなかった。2005年9月10日のvs巨人戦にて一軍初出場。二軍では主に一塁手としてチーム2位の78試合に出場し、打率.293の好成績を残した。

2006年は二軍でも打率.250と不調で、一軍出場なしに終わった。秋にハワイ・ウィンターリーグに派遣され、二軍で出場したことのない外野手として出場した。その際に肩の強さを買われ、コーチらの指示もあって2007年から本格的に外野手に転向した。

二軍で打率.404と圧倒的な成績を残し、6月19日のvsオリックス戦で「6番・ファースト」で初の一軍スタメン出場。7月27日のvsヤクルト戦においてプロ初安打・初打点を記録、7月29日の同カードではプロ初の決勝打となるプロ初本塁打を放った。さらに8月11日のvs巨人戦では姜建銘から代打サヨナラ本塁打も記録した。

10月27日、日本ハムとの日本シリーズ第1戦で、8回表に代打として日本シリーズ初出場を果たす。ちなみに父・照も1982年の日本シリーズに出場しており、史上初の親子シリーズ出場となった。これは長嶋茂雄・一茂親子、野村克也、克則親子も成し遂げられなかった快挙である。

2008年は二軍暮らしが続き、終盤で一軍出場を果たすもののすぐに降格。前年に比べて大きく下回る結果となった。このシーズンで5年間居た昇竜館を父親と一緒に退寮した。

2009年3月1日の北海道日本ハムファイターズとのオープン戦で兄弟同一イニングでのアベック弾を放つ。

背番号
63(2004年 - )

個人記録
初出場:2005年9月10日、対読売ジャイアンツ18回戦(東京ドーム)、6回表に鈴木義広の代打として出場
初打席:同上、6回表にブライアン・シコースキーから三振を喫する
初安打:2007年7月27日、対東京ヤクルトスワローズ15回戦(明治神宮野球場)、6回表に朝倉健太の代打として出場、吉川昌宏から右中間へ二塁打
初打点:同上、7回表に遠藤政隆から右中間へ2点適時三塁打
初本塁打:2007年7月29日、対東京ヤクルトスワローズ17回戦(明治神宮野球場)、2回表に館山昌平から中越ソロ



>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.