SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

平田良介

平田 良介(ひらた りょうすけ、1988年3月23日 - )
中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手(外野手)。


経歴

プロ入り前
中学時代はボーイズリーグ「大阪北」を経て、「大阪都島」(大東畷ボーイズという説もある)に所属、部活は陸上部で、中1で走り幅跳びで6m近く跳んで驚かれた。その強肩からか、投手を務めたこともある。常に全力プレーで、振りが違っていたという。中3の大会の決勝では二打席連続ホームランを打った。家ではバット型の肩叩き棒でイメージトレーニングをしていたという。

大阪桐蔭高では1年夏から6番でレギュラー、秋から4番を任され、落合博満ばりの神主打法で高校通算70本塁打を放つ。高校時代は辻内崇伸(現・巨人)と同期で、2学年後輩に中田翔(現・日本ハム)がいた。また、平田、辻内に加えて近大附の鶴直人(現・阪神)、履正社の岡田貴弘(現・オリックス)らの4人は「浪速の四天王」とも呼ばれ、全員がドラフトの目玉として注目された。

2005年の夏の甲子園大会準々決勝・東北(宮城)戦で、PL学園・清原和博以来の1試合3本塁打で球史にその名を刻んだ。甲子園通算5本塁打は史上4位の快挙である。その後、チームは準決勝で駒大苫小牧戦で延長戦の末敗れた。(平田はこの試合で最後のバッターとなった)。駒大苫小牧はそのまま前年度に続き、夏の甲子園2連覇を果たした。

高校生ドラフトで中日ドラゴンズに1巡目で指名される。ちなみに平田を含む「浪速の四天王」は4人とも1巡目指名でプロ入りした。

9月頃にアジアAAA選手権における韓国戦で右肩を亜脱臼したため手術する予定だったが、予想以上に急速に右肩が良化してきたのを受け回避する事が決まった。2006年シーズンはリハビリに励み、2007年シーズンでの大暴れを誓う。2006年1月9日に中日ドラゴンズ選手寮に入所。

プロ入り後
ルーキーイヤーの2006年は、8月26日に初の一軍昇格を果たし、同日の横浜戦(ナゴヤドーム)の9回裏に英智に替わる代打でプロ初出場を果たすも、木塚敦志の前に三塁ゴロに倒れ、この試合最後の打者となった。

2007年は、10月4日にプロ初スタメン出場。延長戦11回裏の満塁の場面で死球を受け、思わぬ形でプロ初打点を挙げる。また、10月6日の対ヤクルト戦で、プロ初安打を放つ。翌7日の対横浜戦では3安打を放ち、初の猛打賞を記録する。終盤の活躍とセンターの堅実な守備が買われ、同年のクライマックスシリーズにおいては全試合スタメンで起用される。続く日本シリーズでもホーム試合ではスタメン起用され、第3戦では10代では立浪和義以来となる安打を、第5戦においてはダルビッシュ有から犠飛を打ち、10代では清原以来となる打点をあげた。なおこの試合に1-0で勝ち、この打点は日本一を決める決勝点となった。ちなみにこの犠飛はストレートを打ったのだが、「スライダーを投げられていたら打てなかった」と語っており、外角への変化球の対応が現在の課題である。日本シリーズでの活躍が認められ、12月の球団主催によるハワイへの優勝旅行にも参加する予定だったが、出発前日の練習中に足を捻挫してしまい、急遽参加を取りやめることになってしまった。

2008年の春季キャンプは前述の足の捻挫もあって二軍スタートだったものの、第4クールで一軍に合流。森野将彦が故障で離脱したこともあり、ほとんどのオープン戦にセンターでスタメン出場。森野の代わりとして開幕スタメン入りも確実視されたが、森野が開幕までに回復したこともあり、またオープン戦での不本意な成績も相まって、開幕一軍スタートとはならなかった。5月16日、森野の怪我による離脱で、二軍で83打数15安打、打率.181、2本塁打と、調子が上がらない中、今季初の一軍昇格、その日の対横浜戦で即スタメン起用された。しかし、思うような活躍は見られず5月26日に再び二軍に降格した。しかし、6月11日に再昇格。9月7日、対横浜戦の9回裏一死の場面に代打で登場し、横山道哉から一軍でのプロ初本塁打を放つ。これが同時にサヨナラの殊勲打となった。その後もシーズン終了まで一軍に定着。主に代打での起用が多かった。シーズン終了後の秋季キャンプでは故障離脱してしまい春季キャンプの二軍スタートが決まる。

2009年は、前述の通り春季キャンプは二軍スタートとなり、一軍に合流することなくキャンプは終了し教育リーグに向かうことになったが3月17日の阪神との練習試合で一軍に合流。そして、プロ4年目にして初の開幕一軍入りを果たす。今後は、藤井淳志、小池正晃、ルーキーの野本圭と外野のポジションを競うことになると思われたが、シーズンが始まると代打でも結果が残せず、4月15日に二軍に降格した。その後8月に一度登録されるが、勝負どころでのゲッツーや三振を繰り返し、9月に再び抹消された。

人物
大の漫画好きで、少年漫画だけでなく少女漫画も読む。大阪市の自宅には約900冊のコレクションがあるほど。その中から、ドカベン、涼風をはじめ、手放せない愛読書を約200冊厳選して寮に持参した。各種アンケートでは必ず趣味を「読書」と答えているが、恐らく漫画のことを指していると思われる。

よく同期の辻内崇伸と比較されるが、全く性格は逆で、幼少のころから野球を愛して止まなかったと言う。小1から地元の野球チームで野球を始める。パワフルで常に何かに打ち込んでいる子で、野球しか頭になかったという。夢はプロ野球選手。父の帰宅後、自宅前の公園で父と練習をし、夜は素振りをした。父の日などの記念日にはホームランを打つなど、特別な日には必ず何かをする少年だった。

ドラフト指名直後の名古屋のマスコミの取材に対して「好物は焼きそば」と答えた(高校時代にヤキソバ好きということが有名になった際、自らも出場していた第87回の夏の高校野球・全国大会では、ヤキソバ好きと聞いた食品会社から大量のカップ焼きそばが届いたこともあった)。

妹がいるそうだが好きな女性のタイプで年下は妹より下は恋愛対象として見られない、30歳以上でも年上の人がタイプである。

落合博満監督は「今年(2005年)のドラフトで俺が認めたのは平田だけ。そういう選手がいない年だってある。あれだけ振れる選手はそうはいない。鍛えれば俺以上の打者になる」と平田を評価している。またこの時のドラフトでは中日は岡田貴弘(履正社高→オリックス)を指名する予定であったが、落合が平田の甲子園での本塁打のVTRを見て「あれだけライト方向へ飛ばせる打者はそうそういない」と平田の指名を直々にスカウトに命じたともいわれる。

その神主打法は独特の美しさを持ち、「燃えよドラゴンズ!」2006では「ときめく平田のあの構え」と歌われている。ただし現在は打法改良中でフォームも変更中。

落合博満やタフィ・ローズを思わせる、目深にヘルメットを被るのもトレードマーク。

2007年シーズン後に金本明博が戦力外通告を受けて引退し、さらに春田剛が任意引退。2008年シーズン後には高江洲拓哉が戦力外通告を受けて引退。これにより2005年高校生ドラフトで入団した選手は平田のみになってしまった。

2009年の自主トレで、同じ大阪桐蔭高校出身の千葉ロッテマリーンズの西岡剛、北海道日本ハムファイターズの中田翔とトリオ「好奇心」結成。この時に中田が「開幕一軍」という目標を書こうとしたところ、開幕の字を度忘れした。平田はマスコミの質疑に西岡とまったく同じ答えを出して照れた。また、自主トレの数日前に西岡がクイズ!ヘキサゴンIIで「おバカキャラ」と位置づけされたのを踏まえて、「西岡はおバカキャラというか天然なんで…。羞恥心じゃなく好奇心でいきますよ」ここから好奇心が結成した(ちなみに3人の共通点はいずれも高校時代4番を担い、高卒でプロに入り、さらにドラフト1位指名で入団している)。

CBCのサンデードラゴンズ内の「優子の野球相談室」で小倉優子から平田りんというあだ名をつけられている。

初出場 2006年8月26日横浜戦(ナゴヤD) 9回英智の代打、木塚の前に三ゴロ
初打点 2006年10月4日広島戦(ナゴヤD) 11回林から押し出し死球
初安打 2007年10月6日ヤクルト戦(神宮) 1回松井から2点適時打
初本塁打 2008年9月7日横浜戦(ナゴヤD) 9回横山からサヨナラ本塁打

背番号
8(2006年 - )



>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.