SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

新井良太

新井 良太(あらい りょうた、1983年8月16日 - )
中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手(内野手)。
阪神タイガースの新井貴浩は実兄。


経歴

プロ入り前
小学5年時からソフトボールを始め、五月が丘中学2年時には軟式野球で中国大会3位に輝く。

広陵高等学校に進み、広陵3年の時、四番・主将で春の選抜大会出場。主にファーストを守っていたが、ピッチャーとして甲子園のマウンドに上がり、自身は3回を無失点に抑えたものの、吉村裕基(現・横浜)が二年で四番を打っていた東福岡に4-8で敗れ初戦敗退した(巨人・西村健太朗、広島・白濱裕太は2学年後輩)。

卒業後は駒澤大学へ進学し入学まもなく4番に座る。東都大学リーグで歴代7位タイの通算14本塁打を放った。

その後、2005年のドラフトで中日ドラゴンズから4位指名を受け入団。ドラフト順位でも分かるように、プロの評価は決して高くはなかったことや体格など、兄と共通の部分がある。

プロ入り後
プロ入り後は兄を上回る素質があると評価され、ルーキーイヤーの2006年は、ファームでもルーキーながらほぼ毎試合4番で出場していた。しかし打率.254、3本塁打と、パワーはあるものの粗い打撃と拙守のためシーズン前半は2軍暮らしを送る。7月17日にプロ初の一軍昇格。同日の横浜戦で代打として待機するが、降雨コールドとなり初打席はお預けとなってしまった。

その後一軍再昇格し、同年9月10日広島戦でプロ初ヒットを記録。その後4度の代打機会にてすべてヒットを放ち、右の代打として存在をアピール。10月12日対阪神戦では6番・一塁手でプロ初スタメンを飾った。

2007年は、二軍で打率.286、6本塁打(チームトップ)と打撃が向上し、一軍でも打率.280を記録、プロ初打点も上げた。

10月7日横浜戦で「3番・左翼手」でスタメン出場するも死球を受け、打席で悶絶。途中交代となった。これに関しては立浪和義から「痛がるなら一塁へ行ってからじゃないのか」と叱咤された(せっかく与えてもらったチャンスを不意にしてしまった事への戒めである)。この言葉に新井は「今度は顔に当たっても塁へでます」と教訓を得たようであった。事実、スタメン出場したアジアシリーズ第1戦では試合中の一塁守備時に手の指を負傷(後に骨折と判明)していたがそれを痛がるそぶりもなく引き続きプレーした(第2戦以降は欠場)。このシーズンから私設応援団による選手別応援歌が作られたが、新井のみ1番・2番の構成になっている。

2008年のキャンプは一軍スタートだったものの、中盤に二軍に降格。そのまま二軍で開幕を迎えたが、ファームでは好成績をおさめ、5月14日に一軍に合流。5月15日に負傷した森野将彦に代わって一軍に昇格した。しかし、わずか3日で再び二軍に降格したが、二軍で3割の活躍をみせて、6月7日に二度目の一軍昇格となった。また、このシーズンは二軍で規定打席に4打席達しないながらも、認定ルールにより、打率.332で首位打者、出塁率.418で最高出塁率のタイトルを獲得した。

オフにはドミニカ・ウィンターリーグに派遣され、Leones del Escogido(レオネス・デル・エスコヒード)に所属した。しかし、結局選手登録はされず、アリゾナ・ダイヤモンドバックスのアカデミーでの練習試合に出場して通算8打数3安打4四死球と、選手登録されて出場した藤井や前田に比べて低いものであった。しかし、派遣されている間にタイロン・ウッズが退団、さらに、来季一塁手最有力候補の中村紀洋もFAで東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍し、定位置である一塁が空いたため、開幕スタメンのチャンスができた。

2009年春季キャンプは一軍スタートでそのまま完走。3月1日の中日対日本ハムのオープン戦で6回表無死、日本ハムの3番手江尻慎太郎から中越えに1軍初本塁打を放った。その後は不調となり二軍に降格されたが、初の開幕一軍入りを果たす。しかし代打で結果が出せず、4月20日に降格した。二軍では4番・一塁のレギュラーとして打率.299、9本塁打、55打点(リーグ3位)。出塁率.426、最多四死球(60個)で二年連続となるウェスタン・リーグ最高出塁率のタイトルを獲得した。

人物
書道は特技の一つ。その腕前は、一説にはチームメートで同じく書道が得意な井上一樹より上とも言われている。

2008年のドラフトにて中日に1位指名された野本圭は駒大時代の1学年後輩。大学時代野本が3番、新井が4番とクリーンアップを担っていた。

ベンチ内では声を出すなど、ムードメーカー的な存在となっている。

2006年7月25日の阪神戦にて代打として初登場するも空振り三振に倒れた。その時レフトを守っていた金本知憲は兄(貴浩)に「似すぎやろ」と吹いてたらしい(中日スポーツのドラ番記者に掲載)。実際、空振り三振に倒れたり軸を傾けながらスイングする所は兄と瓜二つである。

2006年9月10日の対広島戦の7回表、2度目の代打でプロ初安打を放った。同時に兄弟が別球団同士で顔合わせをしたケースは偶然ながら、1998年7月16日の山田勉(広島)、山田洋(中日)以来8年ぶりのことである。この時、敵地である広島市民球場のスコアボードには「中日ドラゴンズ25新井良太選手 広島市民球場 初登場!」と表示する演出が行なわれた。

2006年10月16日の広島-中日最終戦(広島市民球場)ではヒットを打って一塁に出塁した兄・貴浩と一塁守備に付く弟・良太の初ツーショットが実現した。これまでは良太は代打ばかりで守備に付く事があまりなく、レギュラーのウッズが足を痛めていたこともあっての出場であった。逆に三塁・貴浩と三塁走者・良太のツーショットは2006年中には実現しなかった。

2006年の秋季キャンプでは強化選手に選ばれ、連日ハードな練習メニューをこなした。初日は見逃せば罰金を取られるマシン打撃を行った。しかも通常の2倍のテンポで投げ出される。両足がつり、グロッキー状態になりながらも1時間のメニューをこなした。しかし、強化選手に選ばれているため、さらに1時間このメニューを続けた。(そのスイング数は1500回とにもなった)終わった後は立つことも出来ず、バットから指も離せなくなった。練習後、記者の質問に対して「ヘタクソは練習あるのみです!」と語っている。2日目は落合博満監督からじきじきにノックをうけた。ただのノックではなく、チームメイトの森野将彦と共に50球連続で捕球できたら終了という練習を行った。一見、簡単そうであるが落合監督のノックは強さ、方向を微妙に変えたりしているので意外と難しいらしい。エラーをするとファンからは野次られたり、励まされたりされていた。意識が朦朧としてくるとバケツに入った水を頭からかぶった。結局、終わったのは1時間40分後である。練習後に新井自身は「強化選手に選ばれるのは光栄なこと。人より多く練習できるので、その期待に応えたい。」と語った。

同期の藤井淳志と仲がよい。

2007年7月31日の広島戦(広島市民球場)の延長10回表、初めての決勝タイムリーを放った(この時、一塁コーチの川相昌弘にかなり強いグータッチを行なった為、川相は相当痛がった)が、その翌日には兄・貴浩が9回裏にサヨナラタイムリーを放っている。地元出身の兄弟が2試合連続で互いに敵チームの選手として決勝打を放つと言うのもまた珍しいことである。

番組サンデードラゴンズの企画で春田剛、吉見一起、平田良介らと旅行し、豪華料理を食べ、グルメリポーター風にリポートした時に「知多半島の産業革命や!!」と言ったが、ほかの面子をしらけさせ、すぐに「すいません」と謝った。

また同番組の中で、ラスベガスへの優勝旅行でメジャーリーグのグッズを扱うショップに入った際、レッドソックスのジャンパーを見つけて「今流行りの松坂だろ!」と言っているが、松坂は新井の3歳年上である。さらに店員に値引き交渉しようとした際には「ディスカウント・カモン!」という珍発言をしている。

2006年オフに広島の実家に帰った際、兄・貴浩がかつて本塁打王獲得時に使用していた(後に父の会社に預けていたという)自家用車を「出世カーだ!」と目をつけ兄に無断で名古屋まで乗って持ち帰ってきた(両親の承諾は得ていたという)。となっているが実際は自分で車を買おうとしたところ両親に「1軍半の奴が車を買うな」といわれ親がこれをもっていけといったので持ち帰ってきたらしい。

2007年の日本シリーズ祝勝会ではお笑いコンビ・藤崎マーケットが着用する白いタンクトップを身につけてビールかけに参加していた。兄である貴浩も2006年にチームメートにこのモノマネを披露している。

2007年シーズン終盤より外野守備へ挑戦。本職の内野守備(ファースト・サード)になかなか向上が見られない事に加え、地肩の強さ、まずまずの脚力(駒澤大学4年春には7盗塁をするなど意外に足は速い。また、2006年には内野安打も記録している)を考えた上で首脳陣からもコンバートの打診があった。新井本人も「試合に出られるなら」と積極的に外野守備練習に励んでおり、2007年シーズン終盤からは試合前のノックでも、内野守備練習に加えレフト等の外野でも練習する姿が多く見られた。10月7日横浜戦では「3番・左翼手」でスタメン出場している。

月刊ドラゴンズ2月号のインタビューで清水昭信、高橋聡文、佐藤亮太、前田章宏、2007年まで育成選手として所属した竹下哲史の6人で集まる「昭和58年会」を行っていると語っている。

2009年4月の練習で1軍控え組で測定された10メートル走でトップになり、宮前岳巳トレーニングコーチに「今年からすごく早くなった。チームの5本の指に入るかもしれない」といわれた。
在日韓国人の家系出身である。

背番号
25(2006年 - )

個人記録
初出場:2006年7月25日、阪神タイガース8回戦(ナゴヤD) 7回中田の代打、能見の前に三振
初安打:2006年9月10日、広島東洋カープ17回戦(広島) 7回デニーの代打、林から右前安打
初打点:2007年4月21日、東京ヤクルトスワローズ5回戦(神宮) 7回立浪の代走、遠藤から適時二塁打



>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.