SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

亀井義行

亀井 義行(かめい よしゆき、1982年7月28日 - )
読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手(外野手)。奈良県出身

経歴
プロ入り前
小学3年生で野球を始め、中学時代はボーイズリーグ「オール大和」のエースとして全国大会、ボーイズリーグ日本代表として世界大会を制覇。上宮太子高等学校では3年春にセンバツ出場。

中央大学に進学後は内野手(主に遊撃手)に転向し、1年春から4番。東都大学野球リーグでMVP1回・ベストナイン3回を受賞し、4年時には東都通算10人目の通算100安打を達成、主将として秋季リーグで25年ぶりの1部優勝に貢献した。その頃のニックネームは「東都のイチロー」。リーグ通算108試合出場、401打数101安打、打率.252、13本塁打、53打点。ドラフトで読売ジャイアンツから4巡目指名を受け入団。背番号は25。

プロ入り後
2005年~2007年
外野手に転向。2005年は、2軍で打率.320、10本塁打、6盗塁と活躍し、シーズン終盤に1軍昇格。プロ初安打・初打点を記録した。2006年、矢野謙次から開幕スタメンを奪取し、3月31日の横浜ベイスターズとの開幕戦に8番・右翼手で出場。3打数2安打4打点と活躍。6月29日には横浜山口俊からプロ入り初本塁打を放った。シーズン中盤に打撃不振に陥り、矢野にレギュラーを奪回され2軍降格。141打数で四球5、出塁率.233と低迷した。2007年に背番号を35に変更。1番打者候補と期待されたが、プロ入り後最少の1軍出場となった。

2008年
谷佳知の不振により開幕6試合目にスタメンに抜擢されると、1番・高橋由伸、3番・小笠原道大と共にチーム9年ぶりとなる3者連続ホームランを放つ。5月からは1番打者に定着したが、5月26日の日本ハム戦で、右足関節を捻挫。7月25日に1軍復帰するが、谷との併用が続いた。中日ドラゴンズとのクライマックスシリーズでは第1戦で負傷した鈴木尚広に代わり第2戦から1番でスタメン出場。14打数7安打1打点の活躍で日本シリーズ出場に貢献。日本シリーズでも活躍、最終戦では5番を打った。

2009年
開幕前、守備固め要員として第2回WBCの代表に選出される。規定打席に達したことすらなく、他の代表選手に比べ実績で大きく劣る亀井の選出には批判もあったが、これは亀井の守備を高く評価していた、高代延博コーチの強い推薦によるものだった[1]。出場機会は多くなかったが、3試合の出場で1安打1犠打1盗塁を記録し、またムードメーカーとしても日本の優勝に貢献。この経験が、シーズンでの飛躍のきっかけになった。

シーズンでは、背番号を9に変更。1番・右翼手で開幕スタメンの座を得るも、開幕当初はいまひとつ調子が上がらず、5番または6番で右打者の谷と併用された。しかし、4月25日の対中日戦で、左腕の岩瀬仁紀から代打逆転サヨナラ3ランを放つなど、調子を上げるにつれて投手の左右を全く気にしない打撃を見せるようになる。夏場以降は李承の不調により一塁手としても起用されるようになり、不動の5番打者に定着。初の規定打席に到達し、打率.290、25本塁打、12盗塁を記録。王貞治の球団記録に並ぶシーズン3度のサヨナラ本塁打を放ち、守備でも外野と一塁の双方で安定した好守を披露。飛躍のシーズンとなった。

プレースタイル
打撃
思い切りのよい打撃が持ち味で、速球を芯で捕える技術が高く、長打力とバントなどの小技を持ち合わせる。やや好不調の波が激しいのが課題だが、好調時には難しい球も難なく打ち返す。5番で起用されるようになってからは「自分はクリーンナップの一員ではなく、自分の前後にクリーンナップがあるんです」とインタビューで語っており、「つなぐバッティング」を心がけている。
守備・走塁
遠投110m・50m6秒3。強肩であり、送球も正確。さらに守備範囲も広く、高い守備力に定評のある外野手。主にライト・センターを守るが、他の選手との兼ね合いでファーストも守る。また、俊足であり、相手の守備陣形を見て意表を突くセーフティバントを試みることもある。さらに、相手守備の僅かな隙を突く走塁技術やファイト溢れるヘッドスライディングなど、状況判断能力も兼ね備えている。
人物・概要
2005年シーズンオフに夫人と入籍。2006年8月11日に長男を授かる。
チーム内では坂本勇人、鶴岡一成と仲が良い。
中央大学の先輩の阿部慎之助、堀田一郎(現チーム二軍マネージャー)と、「ズームイン!!サタデー」で「中3トリオ」を結成。亀井は「三男」という位置づけ。
入団時の背番号25番は尊敬する高橋由伸の24番の次の番号を自分で要求したものだったが、2007年、李承の背番号変更に伴い、同じ右投左打の清水隆行や淡口憲治の出世番号でもある35番に変更。2009年からは9番に変更。清水隆行と同じコースを辿る事となった。
WBC準決勝アメリカ戦で「亀井やすゆき」と名前を間違ってコールされた。
球場に来るファンで、(ジャイアンツの)オレンジカラーのTシャツにバックプリントに大きい亀の字が入っているドラゴンボールの亀仙流Tシャツを着てくる人が多数いる。また本人も2009年のリーグ優勝のビールかけの際に、孫悟空達が試合のときに着ている亀仙流のユニフォームと同じものを着て参加した。
個人記録
初出場・初先発出場:2005年7月9日、対広島東洋カープ11回戦(広島市民球場)、7番・右翼手として先発出場、4打数1安打
初安打:同上、6回表にマイク・ロマノから右前安打
初打点:2005年7月13日、対中日ドラゴンズ10回戦(札幌ドーム) 、8回裏に鈴木義広から右中間へ適時二塁打
初盗塁:2006年4月8日、対中日ドラゴンズ2回戦(ナゴヤドーム)、9回表に三盗(投手:岡本真也、捕手:谷繁元信)
初本塁打:2006年6月29日、対横浜ベイスターズ9回戦(横浜スタジアム)、5回表に山口俊から右越ソロ
獲得タイトル・表彰
サヨナラ賞(2009年)
背番号
25 (2005年 - 2006年)
35 (2007年 - 2008年)
9 (2009年 - )
登場曲
FYA『Must Be Love feat. Smujji』(2005年)
Eminem『Without Me』(2006年3-6月)
MONKEY MAJIK『thank you』(2006年7月-2006年終了まで)
FUNKY MONKEY BABYS『そのまんま東へ』(2007年)、『ちっぽけな勇気』(2009年9月1日の対横浜戦から)
湘南乃風『黄金魂』(2008年-2009年8月)




>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.