SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

本日のトラ記事

☆モリーヨ“無理~ヨ”楽天に取られた~☆

 阪神が来季新外国人候補として獲得交渉を進めていた米大ツインズのフアン・モリーヨ投手(26)が、楽天に入団することが17日、明らかになった。要するに虎が絶品の獲物をイヌワシにさらわれたわけで、真弓監督が「クルーンの(球速)記録も抜くかも」と入団を心待ちにしていた160キロ超右腕獲得は“無理~ヨ”とダジャレにしても笑えません。いったい、どないなってんねん!?

  ◇  ◇

 人間は耳を疑う話を聞いた時、思わず笑い声が出てしまうもの。そんなたぐいのお話です。

 猛虎史に残りそうなBAD!NEWS!!その報は、虎がモリーヨの獲得交渉を進める米国からではなく、なぜか仙台から入ってきた。

 モリーヨ楽天入り-。

 阪神が獲得に乗り出していた剛速球投手。今ごろは条件面をめぐって最後の折衝かと思いきや、なぜ楽天?奪われた相手が米国球団ならまだしも、国内球団とは…。どこからともなく、笑い声が聞こえてきそうな話だ。

 当然、阪神球団もすでに事態を把握している。この日、球団幹部は「その情報は聞いています。ということは、そういうことなんでしょう」と痛恨の表情で話した。

 関係者の話を総合すると、楽天のモリーヨ獲得は、ブラウン新監督の独自ルートから生まれたものだという。確かに楽天球団もつい先日、今後の助っ人獲得に「ブラウンルート」を使うと公言したばかり。結果として、あれが“略奪宣言”になった格好だ。

 しかし過去、数々の虎のドタバタ劇を見てきたオールドファンにも、今回のパターンは極めてレアケース。モリーヨをめぐっては、真弓監督までもが「(獲得候補として)見てる。球が速いというのが第一印象。クルーンの(162キロの球速)記録も抜くかもしれない」と語り、入団した場合の一部プランも明かしていた。ここまできて国内他球団に奪われたのは前代未聞だ。

 一方で、モリーヨには謎の動きもあった。阪神が獲得に乗り出した直後の米国時間9日に、ツインズが実質マイナー級のモリーヨを、メジャー40人枠に入れてプロテクト。年俸約40万ドル(約3600万円)の右腕獲得に、ツ軍への高額なトレードマネーが発生する展開となっていた。思えば、あれがケチのつき始めだった。

 坂井オーナーからの獲得ルートの見直し指示を受けて臨んだ今オフ外国人補強も、いきなりハプニング続き。もっとも、モリーヨについては米国で制球難の指摘が飛んでいただけに…もう一度、よく検討せよとの“神のお告げ”と受け止めるべきなのか。しかし、アカンなあ…。




☆城島マニフェスト、3タテさせない!☆

 「WBC表彰式」(17日、赤坂サカス)

 3月に開催されたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で連覇を果たした侍ジャパンの表彰式が17日、東京都内で行われた。阪神に加入した城島健司捕手(33)は、原辰徳監督から「セ・リーグを一緒に盛り上げていこう」とゲキを飛ばされ、“ジョーの公約”として来季は同一カード3連敗だけは阻止すると誓った。

  ◇  ◇

 過酷な戦いを勝ち抜いた仲間たちが会場で待っていた。阪神加入後、初めて他球団の選手らと顔を合わせた城島。巨人・原監督からは「セ・リーグを一緒に盛り上げていこう」と声をかけられ、阿部には「虎だ!虎だ!」とからかわれた。

 4位からの逆襲を目指す来季は、一緒に優勝リングを手にした仲間たちが敵として向かってくる。「ここにいる選手はチームの中心ですし、来季は戦うメンバーになる。楽しみだけど、彼らを投手と一緒になって抑えていかないといけない」と城島は力を込めた。

 特にリーグ3連覇を果たした原巨人は最大のライバル。「恐れ多いですよ。チャンピオンチームですから」と多くを語らなかったが、王者を倒すための1つの指針として「同一カード3連敗だけは阻止しないといけない」と語気を強めた。

 今季も4月は5割で通過したものの、5月15日からのヤクルト3連戦(神宮)で同一カード3連敗を喫し、借金は雪だるま式に膨らんでいった。そのまま下位に低迷する結果となり「例え1勝2敗で5カード連続の負け越しでも借金は5。まだ返せるし、同一カード3連敗をさせないことが捕手としての仕事」と城島は言い切る。

 それを阻止するために城島は自ら心を開き、投手陣とコミュニケーションを図っていく。相手打者の特徴など、最初は投手から教えを請うつもりだ。さらに「監督、コーチの了解を得て」と前置きした上で「内角が苦手だとしても外を使わないと意味がない。試してみることはあるでしょうね」と負け試合では“餌をまく”考えも明かした。

 負ければ終わりのWBCと違い、リーグ戦は黒星が許される。逆に1つの負けを糧として、2つの白星へ結びつけなければならない。

 日米15年の経験に裏打ちされた“ジョー理論”。「ここが最後の公の場。これからトレーニングします。今は体を大きくすることが先」と言ったその目は、もう2010年のシーズンを見据えている。





岩田4年後はエース!飛躍誓った

 「WBC表彰式」(17日、赤坂サカス)

 WBCの表彰式を終えた阪神・岩田稔投手(26)が、久々に再会した城島とのやりとりを振り返った。

 「『球場が(改装して)広くなったんよな』って。『そういうこともしっかり知っとかないといかんから』って言ってました」

 歓喜の連覇から8カ月。あの日のジャパンの司令塔は、同じタテジマで覇権奪回を目指すチームメートとなった。

 WBCでは中継ぎで2試合に登板。「経験したことのない独特の重圧」との闘いから、国際舞台の恐ろしさを肌で学んだ。さらには大会期間中に左肩痛を発症し、ペナント開幕を目前に戦線離脱。連覇の歓喜とともに手にした得難い教訓。シーズン終了後に参加した秋季キャンプでは徹底的に下半身を強化。さらなる飛躍への準備を、着々と整えた。

 この日は、今季自主トレから行動をともにしたソフトバンク・杉内とも再会。来季も自主トレをともにしたいと志願し、快諾を得た。

 「しっかり練習して、体を作っているからこそああいう投球ができる。どうやったらそうなれるのかを一から聞いてみたい」

 日の丸の重さに戸惑ったWBC舞台。あの日からさらに成長した姿で、深紅のカーペットを歩いた。「次(4年後)は主戦で投げたいですね」。阪神の5年ぶり覇権奪回の先には必ず、さらなる成長を遂げた左腕の姿がある。




新井、野原よ思い切りぶつかってこい

 阪神・新井貴浩内野手(32)が17日、自身を脅かす若手台頭に歓迎の意を表した。前日、真弓監督が、秋季キャンプのMVPに挙げた野原将志内野手(21)ら若手野手を来春沖縄キャンプでレギュラー組と競わせる方針を示唆。新井も「思い切ってぶつかってくればいい」と野原将の挑戦をガチンコで受けとめる構えだ。

  ◇  ◇

 新井は1軍経験のない若武者の挑戦を「当然」と受け止めた。真弓監督が前日、野原将と上本を秋季キャンプのMVPに指名。将来の大砲候補と惚(ほ)れ込む野原には「試合で活躍するところまできている。(レギュラーとの差を)埋めるくらいの勢い、練習量を見せてほしい」とハッパをかけ、暗に新井との定位置争いをあおった。

 「真弓監督の発言?新聞で見ましたよ。いいことじゃないですか。プロ野球の世界は、ベテランだから、中堅だから、若手だからというものはない。1年1年が勝負で、その積み重ね。野原も思い切ってぶつかってくればいい」

 相手は11歳下(学年は12年下)の高卒3年目の三塁手。1軍実績のない21歳でも、そこは「力」だけが基準となるプロの世界。「大きな壁があるからあきらめるのは性に合わない」と意気込む野原の野望を新井は「勝負」ととらえ、歓迎した。

 自身も広島時代、無名のドラフト6位からはい上がり、定位置を実力でつかみ取った。新人時代は三塁に本塁打王を2度獲得した江藤智の存在があり、その後も野村謙二郎やラロッカら外国人選手に行く手を阻まれた。だからこそ野原の精神を当時の自身と重ね、自らは「大きな壁」となるつもりでいる。

 真弓監督の言葉はチームの活性化を促すものだが、裏を返せば新井に課せられた使命は代役の追随を許さない絶対的な存在。城島の加入で来季はクリーンアップを外れる可能性が出てきた。「打順はどこでもいい」と言うが、新井にもタイトルホルダーの意地がある。

 この日は午前10時半から甲子園のクラブハウスにこもり約2時間、上半身の筋力強化に取り組んだ新井。若手には「ぶつかってくればいい」を胸を貸すが、やすやすと下克上を許すわけにもいかない。




赤星は城島と「自然体で」

 阪神・赤星憲広外野手(33)が17日、新加入する城島健司捕手(33)に対し過剰な配慮は行わない考えを示した。「もちろん同級生ですからね」と友好な関係は築きつつ、「あれだけの選手ですから、こちらから特別な気を使うことはないと思う。自然にチームにとけ込むと思う」というスタンス。城島にも周囲にも気を使わせないつもりだ。

 「打つこと、捕手としての技術、性格、メンタルについても戦力だと思う」と、野球人として実力を認めている。だからこそ、自然体で付き合うことがベストだと考えたわけだ。

 この日は兵庫県内でオフを過ごした赤星。「野球という部分では、体の状態は20~30%。今は(持病の頸椎ヘルニアの治療など)自分の体のことを考えないと」と足もとを見据えていた。





琴光喜に猛虎パワー!久保田&江草ら観戦

 「大相撲九州場所3日目」(17日、福岡国際センター)

 プロ野球・阪神の久保田智之、江草仁貴ら4投手が、大相撲観戦に訪れた。久保田らは琴光喜と親交があり「応援に来ました」と声援を送ったが、豪栄道の下手投げに敗れ「負けて残念です」と肩を落とした。取組後は支度部屋を訪れ、「頑張って下さい」と激励。大関は満面の笑みで喜び、4人を連れて博多の街へと繰り出した。“猛虎パワー”をもらい、敗戦ショックを払しょくできたようだ。

>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.