SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

本日のトラ記事

☆現役に光!今岡をロッテが来春C招待☆

 今季限りで阪神から自由契約となった今岡誠内野手(35)に、ロッテから獲得を前提にしたオファーが届いたことが18日、分かった。来春キャンプにテスト生として招待するもようだ。来季以降も現役続行を強く希望し、11日に合同トライアウトを受験。しかし即座に他球団の反応がなく、引退危機にあったが、土壇場で起死回生のチャンスをつかんだ。

  ◇  ◇

 これが数々の伝説を作ってきた今岡誠の勝負運なのだろうか。試合に例えるなら、まさに敗戦決定的の九回2死。2ストライクに追い込まれたところから、起死回生の一発が飛び出した。

 阪神球団幹部によると、この日、ロッテ球団が今岡獲得に興味を示し、本人にオファーを入れたという。オファーは条件付きで、今後の今岡の回答次第で、ロッテが来年2月のキャンプにテスト生として招待するというものだという。

 今岡は他球団での現役続行を強く希望しており、状況的にオファーを受けるのは確実とみられる。

 今岡を巡っては、阪神を退団して自由契約となった後も、現役選手の練習に配慮しながら、球団施設での練習を続け、汗を流してきた。

 今月11日には、甲子園で行われた合同トライアウトを受験した。国内外の球団の編成担当者が集まる中、鋭い打球を放った今岡は「やることはやったし、あとは見ている人の評価なんで」と全力を出し切り、後は他球団からのオファーを待ち続ける姿勢を示していた。

 トライアウト当日は、ロッテを含めた、複数球団の関係者が今岡に興味を示すコメントを残した。だが、最も強く関心を示していたとされる広島が、翌日の会議でチーム事情などと照らし合わせた結果、獲得を見送ることを決めた。

 以降も、今岡はひたすらに他球団からのオファーを待ち続けていたが、反応は鈍く、最悪、このまま現役引退の決断を迫られる一歩手前まできていた。

 だが、ここにきて、野球の神様は、ユニホームにこだわり続ける今岡に、チャンスを与えた。ロッテも獲得を前提にはしているが、あくまでテスト生としての招待。全ては、そこで今岡が何を見せられるかにかかってくる。だが、崖っぷちに追い込まれた天才打者が、勝負強さをそのままに、絶好機を得た。試合はまだ終わっていない。




☆野原祐“アニキに弟子入り”合同トレ☆

 阪神・野原祐也外野手(24)が今オフ、金本知憲外野手(41)と合同自主トレを行うことが18日、分かった。昨年の育成ドラフト1位で入団し、7月に支配下登録された次世代の大砲候補が、金本がプロ1年目から自主トレ拠点にする広島市内のジム「アスリート」に入門し、文字通り後継者を目指す。この日は都内で開催されたコンベンションに蕭一傑投手(23)、柴田講平外野手(23)とともに出席し、ウエスタン部門の表彰を受けた。

  ◇  ◇

 年俸600万の24歳と球界最高年俸の41歳が今オフ、広島で合体する。1軍実績のない新人と名球会打者の格差コラボ。野原祐にとって金本はBCリーグ時代から「ああなりたい」とあこがれる目標だった。既に今季最終戦の試合後、親しい関係者に金本への弟子入り志願を漏らしていたが、肝心の本人には「恐れ多くて」言い出せず、意を決したのは先月半ば。甲子園でウエートに励む金本に近づき、何度もかみながら切り出した。

 「金本さん。このオフ、一緒にやらせていただけないでしょうか」

 ガチガチに緊張した野原の目を見ながら、金本は笑顔で承諾した。

 「ええよ。来いや」

 育成枠1位で阪神入りした昨オフは、西武G・G・佐藤との合同トレで筋力強化のイロハを学んだ。「ケガもしなくなって、足も速くなった」と成果を実感し、ウエスタン79試合の出場で打率・309を残した。7月に支配下登録され、9月には1軍昇格。即スタメン出場も果たした。

 金本から素朴なキャラを買われ何度か食事にも誘われた。間近で金本と接することで、あこがれはさらに強くなり「こんな人と一緒に練習できたら」という思いは日に日に高まった。「金本さんはオフもがんがんウエートをされると聞いていたし、チャンスがあれば一緒にやらせていただきたいと思っていた」と念願をかなえた。

 この日は都内でのコンベンションに出席。「支配下になって1軍の試合に出られたことでスタートラインに立てた。来年は上に定着して優勝に貢献できるように頑張る。パワーを上げたいのでウエートもしっかりやりたい」。都内の会場をあとにした野原は東京駅から広島のジム「アスリート」の平岡代表に電話で入門の意思を伝え、正式に金本との合同トレが決まった。

 昨年10月のドラフト指名会見で「金本さんはそろそろ上がられる(引退される)」と失言し、直後に「後釜を目指してというつもりでした」と弁解していた富山のおかわり君が今、夢の実現へ最高のお手本を得た。





南球団社長 モリーヨ獲り失敗に『怒』

 阪神・南信男球団社長(56)が18日、西宮市内の球団事務所で取材に応じ、来季の新外国人候補として獲得交渉を進めていた米ツインズのフアン・モリーヨ投手(26)について「最終的にはそういうこと」と怒りの表情で、楽天入りの事実を認めた。今後は担当者に経緯を説明させた上で、二度と失敗のないように、新たな候補を探していくことになる。

  ◇  ◇

 冷静さを失うことはなかった。表情も穏やかにみえた。だが、内面でははらわたが煮えくり返っていたに違いない。南社長は甲子園周辺で昼食を終え、球団事務所に戻ったところで、堂々と背筋を伸ばし取材に対応。「最終的に楽天さんと契約されたということですね」と淡々とした口調で話したが、メガネの奥の両目には怒りがにじんでいた。

 ウィリアムスとアッチソンが今季限りで退団。その穴を埋めてくれると心待ちにしていた160キロ超右腕の獲得を、信じて疑わなかった。「(獲得失敗は)昨日(17日に)分かった」と話すと、競合球団の存在を把握していたかとの問いには「最初は知らなかった」と苦渋の表情をみせた。

 さらに、南社長の気持ちを逆なでした事実がある。同社長はモリーヨ獲得失敗の第一報を、あろうことか担当者からではなく第三者から聞かされた。坂井オーナーから獲得ルートの見直し指示を受けて臨んだ今オフ外国人補強。「(獲得失敗の)経過説明を(担当者に)聞いてからです」。交渉過程で抜かりがなかったのかなど、きっちりと調査するつもりだ。

 真弓監督が「クルーンの(球速)記録も抜くかも」と、獲得を想定しての談話を残したほど交渉は進展しているはずだったが、まさかの暗転劇。今後は新たな外国人投手獲得に動くことになるが、もう失敗は許されない。




オーナーも怒?「多々あることやない」

 阪神・坂井信也オーナー(61)は18日、獲得に乗り出していた米ツインズ・モリーヨの楽天入りについて、東京でのオーナー会議に同行した沼沢球団本部長から説明を受けた。「これまでも(獲得交渉を進めるとの)報告、状況を聞いていましたので」と、事態急変の経緯を聞いたようだ。獲得を逃したことには「多々あることやないかもしれへん」としたが「見てもおらへん選手やし」と“逃した魚”はあきらめ、入念な調査で次なる候補獲得に臨むよう求めた。




藤井獲得の意思なし 虎はFA補強否定的

 阪神の沼沢正二球団本部長は18日、NPBからフリーエージェント宣言選手が公示されたのを受け、現時点では獲得に否定的な見解を示した。先発投手の補強を模索していたが、FA宣言した日本ハムの藤井について「現時点で(獲得は)ない」と明言した。また他球団での現役続行を希望していた今岡については「まだ何の連絡もない」と話していた。




ドラ6原口“ポスト城島”は古田タイプ

 阪神からドラフト6位指名を受けた原口文仁捕手(17)=帝京高=が18日、埼玉県大里郡の割烹旅館「京亭」で入団交渉を行い、契約金3000万円、年俸480万円で仮契約。来季から加入する城島のプレーを観察しながら“捕手の心得”を学ぶことを誓った。

 「すごく幸せなこと。運があったと思います」。ジャパンの司令塔と同じユニホームを着られる幸せに、原口は何度も目を輝かせた。

 投手との接し方、捕手としての心構えなど、城島に聞きたいことは山ほどある。それでも「当分は遠い存在。試合を見て学びたい」と着実に正妻への下地を築く考えだ。

 この日の入団交渉には菊地東日本統括スカウトと担当の中尾スカウトが出席。中尾スカウトは「攻守にヒジから先の使い方がうまくて頭がいい古田タイプ。7~8年鍛えて、城島の後の後でもいい」と今後の成長に期待を寄せた。

 「自分のリードをしていかないといけない。バッテリーで勝負できるような捕手になりたい」。謙虚さと芯の強さを併せ持つ17歳。無限の伸びしろを開花させ、ポスト城島に名乗りを上げる。




藤本すっきり ファンの声が「癒やし」

 国内FA権を行使した阪神・藤本敦士内野手(32)が18日、NPBから09年度のフリーエージェント選手として公示された。トレーニング器具を持ち帰るため、西宮市内のクラブハウスに姿を見せた藤本は「悩み抜いて最後にたどり着いたのがここ」とすっきりした表情。国内12球団との交渉が可能となる19日を前に、素直な心境を語った。

 兵庫・育英高の出身で人生のほとんどを関西で過ごしてきた藤本。阪神への愛着がないわけはない。FA宣言を決断するときも「父に伝えるのがつらかった。阪神に入るのを喜んでくれたから」と心中を吐露。しかし、家族からの理解も得て全く後悔はしていない。

 「自分のブログなどで温かいコメントをいただいて癒やしになっている」。やはり、支えになるのはファンの声。早ければ19日にもヤクルトと交渉の場を持つことになる。




蕭一傑が宣言「台湾には帰りません」

 「コンベンション」(18日、赤坂サカス)

 ウエスタン最多勝に輝いた阪神の蕭一傑投手(23)は、故郷の台湾へ帰省せず、関西で自主トレを続けていく考えを明かした。

 「故郷には帰りません」とハッキリとした口調で言った蕭。今オフは母校の奈良産大や大阪市内のグラウンドでトレーニングを続けていく予定だ。母国へ帰らないのも「来年は上で投げられるように。目標はもちろん1軍です」という強い決意の表れ。友人のサポートを受けながら、秋季キャンプでやってきた課題を継続していくつもりだ。

 山口投手コーチからはオフの宿題として、かつて藤川が2軍時代に使っていた軸足を固定する矯正ギプスも手渡された。「足の使い方が課題なので。これからは自主練習でも使っていきたい」と意気込んだ蕭。ファームの最多勝右腕は1軍で結果を残し、故郷へ錦を飾る。


>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.