SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

本日のトラ記事

☆坂井オーナー来季トラ年V厳命!☆

 阪神・坂井信也オーナー(61)が19日、大阪市内のホテルで行われた球団納会のあいさつで、来季の覇権奪回を厳命した。「来年はトラの年(寅年)だけにリーグ優勝、日本一の期待も高まる」と選手を鼓舞。さらに今季はタイトル獲得者、ベストナイン選出者がゼロに終わったことにも言及し「来年は“コンベンションジャック”して欲しい」とゲキを飛ばした。

  ◇  ◇

 この悔しさを忘れてはならない。静寂の会場内に、総帥の声が響き渡った。あいさつの冒頭で選手、関係者をねぎらった坂井オーナーが、ひと呼吸置いてからこう切り出した。

 「今年は悔しいシーズンに終わりました」

 と、ここまでは優勝を逃した球団ならどこにでもある言葉。しかしここからのスピーチに、総帥の覇権奪回にかける尋常ならざる思いが込められていた。

 「来季はこのマグマを爆発させるように頑張っていただきたい」

 多忙なスケジュールの中、時間の許す限り球場に足を運び続けた同オーナー。5年ぶりのBクラスという屈辱を味わった選手たちとともに、その悔しさを共有している。例年は選手、関係者の労をねぎらうことを主目的とする球団納会。しかし総帥の言葉を契機に、会は来季の覇権奪回に向けた“決起集会”の様相を呈した。

 スピーチの随所に今季ペナント、秋季キャンプにおける収穫を織り交ぜながらも、オーナーのゲキは続く。

 「来年はトラの年(寅年)だけに、リーグ優勝、日本一という声も高まります」

 来る2010年の干支(えと)を引き合いに、覇権奪回をさらに厳命。62年以来となる“寅年V”に熱い期待を寄せた。

 さらに同オーナーは、前日に東京都内で行われ、自らも来賓として出席したプロ野球コンベンションの話題にも言及。阪神から個人タイトル獲得者、ベストナイン受賞者が1人もいなかったことに触れ「来季は阪神が“コンベンションジャック”して欲しい。『これやったら(表彰を)大阪でやった方がええやないか』と言われるぐらいになって欲しいと思います」と、全選手に奮起を促した。

 今季は巨人の影さえ踏めぬままのV逸。直接対決こそ互角に渡り合ったが、投打に圧倒的な差を見せつけられ、宿敵の軍門に下った。しかし、城島の獲得に加え、自ら視察した秋季キャンプでは若手の成長を目の当たりにし、巻き返しへの手応えを感じ取った。だからこそ、その語り口はどこまでも熱くなった。

 会場に万雷の拍手が響いた。2010年をトラ一色に-。決してむちゃな注文ではない。来季はいける。総帥は、そう確信している。




☆城島「海の守り神」だ!ボランティア継続☆

 社団法人・日本水難救済会による「青い羽根募金」のアドバイザーを務める阪神・城島健司捕手(33)に、同会が同役職の継続オファーを出していることが19日、分かった。磯釣りの名手として知られ、海を愛する城島ならではのボランティア活動。阪神の球団幹部も継続を奨励しており、虎でも引き続き“海の守り神”を務めることになりそうだ。

  ◇  ◇

 磯釣りの名手は、海の守り神だった。城島がマリナーズ時代の今春から日本水難救済会による「青い羽根募金」のアドバイザーに就任していたことはあまり知られていない。阪神に入団の決まった城島だが、同会は来年も引き続きオファーを出している。

 ホークス時代から磯釣りをこよなく愛し、海を慈しむ城島ならではのボランティア活動だが、阪神移籍に伴う案件は、ポスターなどを作成する際に必要な肖像権の問題。メジャーでは本人が権利を管理するが、日本では球団サイドに帰属することが通例だ。

 水難救済会は現在、城島サイドの代理人を通して継続の可否を阪神球団へ打診。今後、確認作業を踏むことになるが、球団幹部は「案件を聞いて判断することになるが、社会貢献の活動はどんどんやって欲しい」と奨励する意向を示しており、城島のアドバイザー継続に現段階で障害はない。

 同会は1889年大日本帝国水難救済会として発足し、現在は憲仁親王妃久子さまが名誉総裁を務める日本の社団法人。阪神では金本や赤星、桧山らがボランティア活動を通して、オフに社会貢献している。日本に電撃復帰を果たした城島の活動には注目が集まるだけに、世間の水難事故に対する問題意識も高まることは間違いない。

 ボランティア活動に説得力を持たせるためにも、本業での活躍は不可欠になる。17日、WBCの表彰式に世界一メンバーとして参加した城島は「ここが最後の公の場。これからトレーニングします。今は体を大きくすることが先」と視線は既に来季へ向いている。守り神となるのは、もちろん海上にとどまらない。




真弓監督が納会あいさつで来季V公言

 壇上あいさつは相変わらず苦手のようだが、熱い気持ちは伝わってきた。阪神・真弓明信監督(56)が19日、球団納会でのあいさつで、今オフの補強状況、秋季キャンプの成果から「来季V」に手応えがあることを公言した。

 「今年は4位と非常に悔しい思いをしました…」。だが今季終了後、自らが福岡に駆けつけて城島を獲得。秋季キャンプで若手を鍛え上げた自信はある。

 「今は来シーズンが非常に待ち遠しく、楽しみでなりません」

 実際、納会前に取材に応じた際も「今は補強面でも優勝にかなり近いチームになったんじゃないかな」と話していた。優勝を目指す戦力にメドが立った手応えがあることが、苦手のスピーチをスムーズにさせたようだ。

 「選手も来年が、春が早く来てほしいと思えるシーズンオフを過ごしてほしい」

 あいさつの最後はこう締めた。「来年はリーグ優勝、日本一となることを祈っております」。祈るより誓うべきところではあるが…細かいことは言うまい。熱い決意表明に拍手がわき起こった。




モリーヨ断念は金銭面が理由…南社長

 阪神・南信男球団社長(56)が19日、西宮市内の球団事務所で新外国人候補として獲得へ動いていたフアン・モリーヨ投手が楽天と契約した件について、説明を行った。あくまでモリーヨは最有力候補ではなく「(交渉中にツインズの40人ロースター枠に入り移籍金が必要となり)想定外のトレードマネーが発生し、その金額ならということで手を引いたという形」と弁明。ただ、「どうして安い、想定していた値段でいけんかったのかというのはある。交渉の進め方とか、テクニックの部分で反省する点はある」と担当者に苦言を呈した。




上本&高浜 1軍へ視界良好だ!

 阪神の上本博紀内野手(23)と高浜卓也内野手(20)が、今オフに「レーシック」と呼ばれる視力矯正手術を受けることが19日、分かった。チーム内では過去に江草や坂、清水が手術を受けている。

 「1年間やって、ボールが見えにくいことがあったんで」。上本が手術決断に至った経緯を明かした。視力は左右とも0・6で日常生活に支障はない程度だが、勝負の2年目を前に万全の態勢を整えておきたい考えだ。また、高浜も手術を決断した。「来年は僕も3年目。1軍定着は難しくても上がらないと。その意味でも視力の回復が必要だと思いました」。現在は両目とも視力0・3で、内野手再転向を直訴して臨む来季に向け、悲壮な覚悟を吐露した。

 次世代の二遊間として期待される2人が視力回復から、来季への飛躍のキッカケをつかむつもりだ。



>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.