SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

鈴木桂治

鈴木 桂治(すずき けいじ、1980年6月3日 - )
茨城県常総市(旧結城郡石下町)出身の柔道家。講道館柔道五段。
血液型はAB型。身長184cm。体重100kg。
国士舘高校から国士舘大学、現在は国士舘大体育学部の専任講師。


柔道スタイル
本来右利きであるが左組手である(親が試合で有利となるように矯正させた)。柔道以外は右利きである。小外刈、小内刈、内股、大外刈りなどの足技を得意技としている。通常小外刈り、小内刈りなどの足技は崩しや第2の技として使われることが多い中、鈴木は一本を取れる決め技として使えるほど足技が冴えている。柔道選手の多くは足先を「逆ハの字」に向けて構えるが、鈴木はほぼ平行に構える。小外刈りなどの足技をかける際は、足先を「かま」のような形状にして相手の足を刈るのが基本であるが、鈴木はこの基本に忠実であり、足の長さも相俟って足技のキレを生む一因となっている。

鈴木は奥襟を取らず、相手を前に引き出して崩し内股をかける。担ぎ技はやらない、とのこと。国外選手にもめっぽう強い選手である。

2004年8月、アテネオリンピックに出場。100kg超級で金メダルを獲得。世界柔道選手権大会は100kg級と無差別級で優勝しており、前人未到の3階級制覇となった。

全日本柔道選手権大会3回優勝。2006年、モンゴルで第1回チンギス・ハーン賞を受賞。

2008年8月、北京オリンピックでは日本選手団(全スポーツ)の主将を務めた。オリンピック2階級制覇を目指し100kg級に出場。ナイダン・ツブシンバヤル( モンゴル)の繰り出した双手刈りに1分26秒で一本負け(ナイダンは金メダルを獲得)。敗者復活戦でも、1回戦でベンヤミン・ベールラ( ドイツ)に34秒で一本負けと、北京オリンピックでは二試合続けて短時間で一本負けで終わった。

その後、100kg超級に階級を上げて現役続行を表明。所属する平成(旧平成管財)の柔道部の廃部にともない、2009年4月から母校の国士舘大体育学部の専任講師に就任。ロンドンオリンピック出場を目指している。

人物
柔道家としてはトークも上手な選手で、ノリがよく、仲間意識の強い選手である。柔道界のみならず友人が多く、クラブイベントなどに顔を出すこともある。サーフィンなど趣味も多彩。自らの仲間を「絆」と呼んでいる。
小学校時代はサッカーもやっていた。地元鹿島アントラーズのファンで特にジーコが好きだったという。
女性タレントとプロ野球選手の不倫疑惑報道に際して、タレントが発した釈明に「バカタレか!」と激怒したコメントをアメーバブログに掲載し、物議を醸した。後に発言を撤回。


主な戦績
1998年:インターハイ(100 kg級)・団体 優勝
1998年:全日本ジュニア体重別選手権大会(100 kg級) 優勝
1998年9月:世界ジュニア柔道選手権大会(100 kg級) 優勝
1998年11月:講道館杯全日本柔道体重別選手権大会(100 kg級) 優勝 ※史上初の高校生王者
1999年:嘉納治五郎杯国際柔道選手権大会(100 kg級) 3位
1999年:オーストリア国際柔道大会(100 kg級) 優勝
1999年:全日本選抜体重別選手権(100 kg級) 準優勝
1999年10月:全日本学生柔道体重別選手権大会(100 kg級) 優勝
1999年11月:講道館杯日本柔道体重別選手権大会(100 kg級) 優勝
2000年:全日本選抜体重別選手権大会(100 kg級) 準優勝
2000年10月:全日本学生柔道体重別選手権大会(100 kg級) 優勝
2000年11月:講道館杯日本柔道体重別選手権大会(100 kg級) 優勝
2001年11月:講道館杯日本柔道体重別選手権大会(100 kg級) 優勝(4連覇)
2002年1月:日本国際柔道大会(100 kg級) 優勝
2002年1月:ロシア国際柔道大会(100 kg級) 優勝
2002年2月:フランス国際柔道大会(100 kg級) 優勝
2002年4月:全日本選抜体重別選手権大会(100 kg級)優勝
2002年9月:ワールドカップ国別団体選手権 優勝
2002年9月:釜山アジア大会柔道競技(100 kg級)優勝
2003年1月:嘉納治五郎杯国際柔道大会(100 kg級) 優勝
2003年2月:フランス国際柔道大会(100 kg級) 優勝
2003年4月:全日本選抜体重別選手権大会(100 kg級) 優勝 ※決勝で井上康生に初めて勝利
2003年4月:全日本選手権 準優勝
2003年9月:世界柔道選手権大会(無差別級)優勝
2004年2月:フランス国際柔道大会(100 kg級) 優勝
2004年4月:全日本選抜体重別選手権大会(100 kg級) 3位
2004年4月:全日本柔道選手権大会 優勝(初) ※決勝で井上に2度目の勝利
2004年:アテネオリンピック柔道競技(100 kg超級)金メダル
2005年4月:全日本柔道選手権大会 優勝(2連覇)
2005年9月:世界柔道選手権大会(100 kg級)優勝
2006年4月:全日本柔道選手権大会 準優勝
2007年4月:全日本選抜体重別選手権大会(100 kg級) 優勝
2007年4月:全日本柔道選手権大会 優勝(3回目)
2007年9月:世界柔道選手権大会(100 kg級) 2回戦敗退
2008年4月:全日本選抜体重別選手権大会(100 kg級) 優勝
2008年4月:北京オリンピック男子100kg超級代表の最終選考会 決勝で敗れる、準優勝
2008年8月:北京オリンピック男子100kg級で初戦敗退。その後、敗者復活戦に出場するが1回戦で敗退
2009年4月:全日本柔道選手権大会 準々決勝敗退
2009年11月:講道館杯全日本柔道体重別選手権大会 2回戦敗退




>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.