SEO対策:プロ野球SEO対策:野球選手SEO対策:セリーグSEO対策:タイガースSEO対策:阪神
FC2ブログ
ブログ更新者⇒ドカント
-阪神タイガース最高 ただの野球好き[専ら観戦]です。
基本タイガースファンですが全体的に好きなんでどんな話&ネタでもドンドンコメントetcよろしくです。
mixitwitter

トーマス・オマリー

トーマス・オマリー(Thomas Patrick O'Malley, 1960年12月25日 - )
アメリカニュージャージー州出身の元プロ野球選手(内野手)。
現阪神タイガース駐米スカウト。独身(バツイチ)。


来歴・人物
1982年にサンフランシスコ・ジャイアンツでメジャーリーグの試合に初出場し、以後9年間プレーするもののメジャーには定着できず、以後シカゴ・ホワイトソックス - ボルチモア・オリオールズ - テキサス・レンジャーズ - モントリオール・エクスポズ(現:ワシントン・ナショナルズ) - ニューヨーク・メッツと複数の球団を渡り歩くも、1983年のシーズンを除いてレギュラー選手としての成績は残せなかった。

1991年、阪神の選手として来日。初の春季キャンプでは川上哲治から「今年の外国人選手では一番すばらしい」と評価される。1992年、前年オフに大洋を解雇されたジム・パチョレックを阪神に紹介し、入団させる。このパチョレックとのコンビで、新庄剛志、亀山努ら若手選手とともに低迷していた阪神の2位躍進に貢献。1993年、首位打者のタイトルを獲得。ヒーローインタビューのときの「ハンシンファンワ、イチバンヤァー!(阪神ファンは一番やー!)」の決まり文句もあってファンからの人気も高かった。しかし、中村勝広監督と次第に対立するようになり、1994年オフに自由契約となった。

1995年、野村克也監督率いるヤクルトへ移籍。打率.307、打点87を記録、両翼91m(当時)と狭い神宮球場を本拠地にした事で自己最多の31本の本塁打を放ち、チームのリーグ優勝に大きく貢献。日本シリーズでもMVPに輝き、チームの日本一にも大きく貢献した(参考:小林-オマリーの14球)。その年のシーズンMVPを獲得。1996年、外国人選手初の6年連続3割を達成。しかし、契約上の問題からヤクルトを退団。テキサス・レンジャーズに招待選手としてキャンプ参加するが解雇され、そのまま現役を引退した。

現役引退後
1998年、アメリカ独立リーグ、ニューアーク・ベアーズの監督などを務めた。

2001年、阪神春季キャンプに野村監督を表敬訪問し、その際に外国人選手へのアドバイスが高く評価されて翌年の阪神コーチ就任が濃厚となるが、野村監督の退団に伴い白紙に。しかし、その際の口約束のためにベアーズ監督を辞任していたことから、翌2002年の春季キャンプの臨時打撃コーチとして阪神に復帰。そのキャンプ中の熱心な指導が星野仙一監督にも評価され、そのまま特命コーチとしてシーズン中もチームに帯同した。2002〜2003年の特命コーチ時代はジョージ・アリアス、トレイ・ムーア、ジェフ・ウィリアムス、ジェロッド・リガンらを指導するなど外国人選手の支えとなり、阪神の2003年のリーグ優勝に貢献した。岡田彰布の監督就任によりコーチを退任。

2004年から、阪神の駐米スカウトに就任。同年10月、ライブドアベースボールの監督就任を要請され受諾したが、同球団の日本プロフェッショナル野球組織への参入が無くなったため白紙に。その後も阪神の駐米スカウトとして活動したが、シェーン・スペンサー、ルー・フォード、ケビン・メンチと獲得に携わった外国人選手が結果を残せなかった。そのため、2009年11月、阪神との契約を解除された。

プレースタイル
非常に選球眼が優れ、また投手の配球を読むことに長けた選手で、外国人選手初の6年連続3割を達成するなど、打撃面では安定した好成績を残した。しかし、守備中にバントシフトをとらないなど怠慢な姿勢も見られた。また、常に打率ランキングで上位にいたものの、山本昌などの一流左腕投手が登板する試合では、ゲーム直前に突然膝の痛みなどを訴えてスタメン回避を取るなどの行動も見られた。

エピソード
1993年にはオールスターゲーム第2戦でMVPを獲得しており、外国人選手としては唯一、ペナントレース・日本シリーズ・オールスターの3つでMVPを獲得している選手である。
ベンチで野球帽を前後逆にかぶる、大リーグにある「逆転のおまじない」を阪神ベンチに持ち込んだ。92年のシーズンから、亀山努らナインがオマリーに倣って、揃って帽子を逆にする姿が恒例となった。
長嶋茂雄に憧れており、小さなヘルメットを浅く被っていた。また、よくガムを噛みながらオープンスタンスで打席に立っていた。
ヤクルトに移籍する前年のオールスターゲームにて、長嶋茂雄に対し「ライネンキョジン(来年、巨人)」と移籍アピールをするが、それとなく断られている。このシーンは『プロ野球珍プレー・好プレー大賞』などでよく流される。
来日当初、悩殺コスチュームで歌手活動を行っていた杉本彩にメロメロになり、杉本を好みの女性に挙げていた時期があった。
阪神時代、ビジターの試合で球団カラーの黒ではなくグレーのアンダーシャツを着ていたのは、メジャーリーグミネソタ・ツインズ在籍時代のシャツをそのまま愛用していたから。
1992年はパチョレックの入団に伴い三塁にコンバートされたが、終盤の10月7日の対ヤクルト戦で飯田哲也の三塁線の当たりを横っ飛びで好捕するなどのプレーが認められ、ゴールデングラブ賞を獲得した。
1993・1994年にはMBSラジオ『毎日放送ダイナミックナイター』のCM明けのジングル音声を担当(デーゲーム中継や阪神戦以外の試合も含む)。
1994年にはCD「オマリーのダイナミック・イングリッシュ」を発売、6万枚を売り上げた。このCDに収録されている六甲颪(CDでの曲名は「オマリーの六甲おろし」)のあまりの音痴っぷりは一部で注目を集め、「コサキンDEワァオ!」でも大いに取り上げられた。また、引退後には『LOVE LOVEあいしてる』にもゲストとして招かれ、生歌で六甲颪を披露したが、歌は相変わらずであった。
このオマリーが歌った六甲おろしは、1番の歌詞は日本語、2番の歌詞は英語である。1番は日本語のために下手なのはまだ分かるが、2番の英語の歌詞も下手であった。
同じく1994年に野茂英雄らとともに公共広告機構(現:ACジャパン)の関西限定の新聞広告にイラストで出演、これはこの年開港した関西国際空港とタイアップしたマナー啓発の広告だった。
同時期に在籍した外国人選手のパチョレックと郭李が好調の時、外国人選手が2人までしか出場できないことがPKO問題と呼ばれた。
因みにオマリーの名字であるO'MALLEYはアイルランド人に見られる名字である。したがってオマリーはアイルランドからの移民でアイルランド系アメリカ人と言うことになる。

メジャー通算打撃成績
466試合 打率.256(1213打数 310安打) 13本塁打 131打点

背番号
1(1991年 - 1994年)
3(1995年 - 1996年)

タイトル・表彰
最優秀選手:1回(1995年)
首位打者:1回(1993年)
ゴールデングラブ賞:1回(1992年・三塁手)
ベストナイン:1回(1995年)
最高出塁率:4回(1992 - 1995年)
最多勝利打点:2回(1995 - 1996年)


>>もっと面白い球界裏情報や面白ブログはここでチェック



ランキング参加中ですクリックのご協力お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ野球愛ランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.